【怨念・呪術話】生卵で呪う【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

小学生のころの話なんだけど、ある日学校に行ったらクラスの女子全員から無視された。

すごく仲良しの子(以下B)にまで無視されてけっこうショックだった。
無視の原因は、クラスのリーダー格の女子(以下A)に言われたかららしい。
理由はAが最近Bと友達になったのはいいんだけど、Bが私ばかりと話すのや、遊ぶのが気に入らなかったみたいで皆で私をハブろう、ということになったとのこと。
しばらくして、クラス会やら何やらでイジメはやめようってことで無視は終わった。

ちょっとしたイジメ騒ぎのほとぼりが冷めたころ、Bの家に遊びに行った。
友達を独占したい気持ちはわかるなあーって今では思うけど、当時はやっぱりムカついてたのね。
だから、呪いの真似ごとをやってみよう、と思いたったわけ。
Continue reading “【怨念・呪術話】生卵で呪う【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【怨念・呪術話】誰も信じるはずが無い【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

友人(A)が変死した。

Aは就職浪人中でコンビニでバイトしていたが深夜仕事中にそのコンビニの駐車場脇(周りから死角になっている)で死亡した
原因は心臓発作だったが、生前に心臓の病気も一切無かったため解剖したらしい。
その結果、殴られた等の外傷は一切無く脳に障害も無く死に至るような薬物等も検出されなかった。
過労や急激な温度変化も疑われたがそういう状況でもなかった、また自殺する理由も無い。
だけど俺は、俺だけはAが死亡した原因を知っている。

Aが死亡していた駐車場脇では半月ほど前の深夜に17歳の女子高生(B)が数人の少年にレイプされる事件があった。(Bと犯行グループの少年達は高校は別だが顔見知りだったらしい)
Bが暴行されている時にそのコンビニでレジを売っていたのがAだった。
Continue reading “【怨念・呪術話】誰も信じるはずが無い【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】雑誌『ムー』での特集【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

昔、小学生の時『ムー』についていた小冊子を見ていたら、『君にもできる!オバケの声を録音!』という阿呆な記事があって、阿呆な自分はその方法を実践したんだ。

当時はCDもなくラジカセの付属のマイクで、「霊界の皆様、現世で言い残した事がありましたらこちらでお話下さい・・・」と言ってカセットを空録音するという簡単な方法だったしね。
部屋を暗くして部屋から退室してオートリバースで60分。
隣の部屋にはアニキが勉強していたけど邪魔をしてはいけないと思い内緒でやっていた。

60分経ってA面を真面目に再生したが、ザーという音しかしない・・・そりゃそうか。
しびれれを切らして頭出しボタンを押した。
何かが入っていれば、チュルル~て音するしね。
Continue reading “【心霊・幽霊話】雑誌『ムー』での特集【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】彼氏の除霊方法【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

6年前の実体験。

私には見ようと思えば霊が見える程度の力と、弱い霊を浄霊する程度の力があります。
そして、それを知っている友人Aからこんな話をされた。

「最近引越ししたBの部屋がやばいらしいから、見てやって欲しい」

やばいらしいってのは何だ?と思いながらも、私はAに連れられBの家へ。
Bと面識の無かった私は、知らない相手に霊がどうのと言っても信じてもらえないだろうし、馬鹿にされるだけだろうと思っていた。
けれど、そうはならなかった。
Continue reading “【心霊・幽霊話】彼氏の除霊方法【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】女はこええよなー【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

携帯にまつわる体験をひとつ。

10年ほど前に大阪に住んでいた時の話です。
当時名古屋に仲の良い友達が住んでいて良く電話をしていたんですが、その時の話題が別の友達の彼女の話。

なんでも結婚を一週間後に控えたある日に、彼女が今で言う出会い系みたいなので、オトコを漁っていた事が発覚したというんです。
しかもとっかえひっかえカナリ激しく。

そんな話をネタに「女はこええよなー」とか言ってたんです。
そしたら急に通話が途切れた。
でも電話自体は切れてない。
Continue reading “【心霊・幽霊話】女はこええよなー【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【怨念・呪術話】動物霊に関する話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

動物霊をご存知だろうか。
その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。
これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や碑も多く存在する。
これは、その動物霊に関する話である。

私が幼少時代に育った村では当時から米や果物の生産が盛んだった。
今でこそ極力殺傷は控えるものの、その農作物を荒らす猿や猪を駆除することがあった。
そして、小高い山の上には猿の墓と碑があった。
我々は、その山を『山西の山』と呼んだ。
Continue reading “【怨念・呪術話】動物霊に関する話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】番組の収録での事【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

某バラエティー番組の収録での事。

電話ボックスくらいで中が見えない箱にゲストが入り、解答者がゲストに質問しゲストが誰かを当てるコーナーがあった。

ボイスチェンジャーで声だけでは男か女かもわからない。

最初に司会者だけが小窓から覗いて「あ~、この人ね」を毎回やるんだが、その収録の時だけは覗いた後に首を傾げて、台本を何回も見返す様子がカメラに捉えられていた。
Continue reading “【心霊・幽霊話】番組の収録での事【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【怨念・呪術話】『ある特徴』を持つ子が産まれる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

キツネつき、天狗、河童など、日本全国には沢山の伝説がございます。
どれも、おどろおどろしいお話が付き物でございます。
私の故郷にも「鬼子」という言い伝えがございます。

鬼子と申しますのは、生まれたばかりの赤ちゃんのうち、『ある特徴』を持つ子のことをいうのですが、詳しいことは伏せさせていただきます。

私の村では、昔から鬼子は恐れられ、不吉の前兆だとされておりました。
鬼子が生まれた家は、呪われ、ひどいときは村を追い出される者もおりました。
Continue reading “【怨念・呪術話】『ある特徴』を持つ子が産まれる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【怨念・呪術話】しつけが悪い子供【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

元隣家の話。
婆ちゃん(姑)と嫁さんが看護師、旦那が大手企業勤め。
先代からの資産もあるらしい、かなりのお金持ちだった。

そこの息子はあまり躾(しつけ)がなっていない感じだが・・・まあ、その年の小学2年生にしては割と普通の部類。

季節は大体今頃で、ツバメが巣をかけてそろそろ雛が巣立つ時期。

ある日、帰宅すると両親と弟が不機嫌そうにしていたので何があったのか尋ねてみた。
うちの地域の小学校は、『通学班』という集団登校制度があり、弟とその隣家の子Yが同じ班だった。
Continue reading “【怨念・呪術話】しつけが悪い子供【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】見つめるだけの霊【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

ある夏の日、俺は友人四人と旅行に来ていた。
一日目はホテルに泊まることになり、部屋割りは2対2に分かれることになった。

そして夕食を済ませ、皆で大浴場に行きました。
大きな部屋番号の飾りの付いた鍵は、脱衣所の籠に自分の服で隠すように置いていた。
その後、風呂から上がり、着替えていると鍵がなくなっている事に気付いた。

アクセサリーなど他の物が盗られなかったのは良かったが内心、「鍵だけ盗まれるのは気持ち悪いなぁ」と感じつつ、ロビーの受け付けまでその旨を報告した。
Continue reading “【心霊・幽霊話】見つめるだけの霊【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】他にもう一人いた【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

心霊スポット巡りした帰りに実際に体験した話。

友人と、車で山梨県の心霊スポット巡りをした帰り、夜も遅くなったので、少し食事をして帰ろう、ということになった。
しかし丁度良い店が見付からない。
仕方ないので、近くにあったカラオケボックスに入って食事を取ることにした。
カラオケボックスというのは、案外、食事のメニューが充実している。
歌いながら酒も頼み、食事を取るとすぐに体が温まる。

途中で友人は、トイレに行くと言って席を外した。
その間自分は、一人で歌うのもなんだし、体が温まって開放感もあったために、ポラロイドカメラで撮影した写真を1枚1枚、何かそれらしきモノは写ってないか調べてみることにした。
Continue reading “【心霊・幽霊話】他にもう一人いた【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】こんな事が世の中にはあるのね・・・【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

母から前住んでいた家の話を聞いた。

私たち家族は、住んでいたマンションが建て直されるので、父の知人に借家を紹介してもらった。
築3年程で、白い壁に青い屋根の袋小路に位置するその家は、庭も広く当時私が通っていた幼稚園にも近かったので、すぐにみんなが気に入った。

その家に住み始めて一ヶ月が過ぎた頃、母が深夜におかしな音を聞き始めた。
夫は仕事、子供たちは自分の隣で寝ている・・・それなのに、深夜2時を過ぎると何処からか、『シャララ・・・シャララ』と乾いた音が聞こえる。
Continue reading “【心霊・幽霊話】こんな事が世の中にはあるのね・・・【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”