【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】鏡を見てはいけない

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】鏡を見てはいけない

家の近所の山に粗末な山小屋があって、そこにオナガさんって人が住んでいた。
めったに山から降りてこなくて、なんの仕事をしていたのか分からない。
オナガっていうのもどんな字か知らないし、もしかしたらオオナガだったかもしれない。

俺と友だちで、オナガさんの山小屋に遊びに行ったことがある。
その時、俺は「どうしてこんなところに住んでいるのか?」って意味のことを聞いた。
その時の話がスゲエ怖くて、しばらくは夜一人で寝れなかった。

オナガさんは、ちょっと前まで普通の家に住んでた。
家はちょっとした山持ちで、代々受け継いだ山がいくつかある。
そのうちの一つに、妙な言い伝えがあった。
「その山で鏡を見てはいけない」
いかにも曰くありげな口伝だったが、
オナガさんは、親父さんや山守をしている飯橋のじいさんに聞いたらしい。

ある時、その山の奥で木を切ることになって、
飯橋じいさんの孫でトシカズって人が、そこまで道を通すことになった。
土建屋で借りて来たパワーショベルで、山を切り開いて道にしていく。
その日、オナガさんは作業の様子を見に行った。
ちょうど例の山に差し掛かっていたらしい。
パワーショベルに乗っていたトシカズさんが、急に作業の手を止めた。
怪訝な顔でバックミラーを覗いている。

「…どないした?」

オナガさんが近付くと、トシカズさんはミラーを指差して言った。

「や、ここにね、何か変なモンが映っとるんですよ」
オナガさんがミラーを見ると、自分とトシカズさんの背後にポツンと白い点があった。
ジッと見つめいていると、僅かに動いている。
振り向いたが、近くにそんなモノは見当たらない。
「さっきから、ちょっとずつ近付いとるみたいなんですわ…」
気味が悪かったので、その日はそこで作業を切り上げ、二人で飲みに行った。
その日から、トシカズさんの様子がおかしくなった。
あきらかに何かに怯えている。
オナガさんも気付いていた。
家でも外でも、鏡を覗くたびに背後に見える白い点。
「あいつどんどん近付いてくるんですわ」
近付くにつれ、オナガさんにもソイツの姿がハッキリと見えてきた。
胎児のように白い皮膚、短い手足。
丸い頭には、切り裂いたかのように大きな口だけがついている。
見ためは人の口。まったく血の気のない白い唇が、しっかりと閉じられている。
トシカズさんは、もう作業ができないくらい精神的に参っていた。
「もう、すぐ後ろにおる…」

Continue reading “【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】鏡を見てはいけない”

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】ユキオ

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】ユキオ

小学校のころ、俺のクラスにユキオ(どんな漢字かは忘れた)っていう奴が転校してきた。

小柄でハーフっぽい顔で、どことなくオドオドした感じの奴だった。

ユキオには両親がいなくて、爺ちゃん婆ちゃんと一緒に暮らしていた。

その辺の事情を、先生は教えてくれなかったが、ユキオ本人から聞いた。

俺たちは、最初のうち、ユキオをイジメた。

と言っても、金脅し取ったりとかじゃなくて、すれ違いざま背中にエルボーしたり、
筆箱をカッターで切ったり、集会の時にオナラをしたと騒ぎ立ててみたり、
まぁ他愛もないものだったと思う。それでも、本人には辛かったかもしれんけど。

だけど、ユキオは普段オドオドしてるくせに、そんな時は妙に根性を見せて、
泣いたりムキになったりすることが無かった。先生に告げ口もしなかった。

だから、あまり面白くなくて、そのうち俺らもイジメたりしなくなった。

ただ、ユキオは良く学校を休んだ。

月にどれくらい休んだのかは忘れたけど、
しょっちゅう休んでたっていう印象は残ってる。

その頃、うちの学校では、給食のパンを休んだ奴のところへ、
同じクラスで近所の奴が届けるっていうルールがあった。

ユキオの家にパンを届けるのは俺の役目だった。

家はけっこう離れていたけど、同級では一番近かったし、
良く通る帰り道の途中だったし。

ユキオの家は木造の文化住宅で、
いかにも爺ちゃん婆ちゃんが住んでそうな家だった。

中に入ったことは無かった。

何となく暗い感じで、俺的に嫌な雰囲気の家だった。

パンを届ける時は、いつも婆ちゃんにパンを渡してそそくさと帰った。

ある日、またユキオが休んだので、俺はパンを届けに行った。

玄関で呼ぶと、珍しくユキオ本人が出てきた。
風邪でもひいているのか、顔色が悪い。

ユキオは俺に、家の中に入るように誘った。

「××××があるから、やろうよ。」とか言って。

そのオモチャは俺の欲しかったヤツだったんで、
嫌な感じを振り払って、家の中に入った。

ユキオの部屋に入って、ちょっと驚いた。

そこら中にシールやステッカーがベタベタと貼ってあって、

その中には神社のお札みたいなのも混ざっていた。

俺らが入ってきた襖にも隙間がないくらい貼ってある。

「・・・なんだ、これ。」

「おじいちゃんとおばあちゃんがお札を貼るんだけど、
それだけだと何となく怖いからシールも貼るんだ。」

ユキオが自分で書いたようなお札もあった。

「お札破ったらいいじゃん。」

「そんなことしたら、おじいちゃんに怒られるし・・・」

ユキオは口籠もってしまった。

その日は、ユキオの部屋で1時間ぐらい遊んで帰った。

次の日も、ユキオは学校を休んだ。

先生が俺にユキオの様子を聞いてきた。

なんか調子悪そうだった、と言うと

「そうか・・・休むっていう電話も掛かってこないから、どんな様子なのかと思ってな。」

「電話したら?」

「いや、したんだけど誰も出ないんだ。おじいさんかおばあさんは、居たか?」

「昨日は見なかった。」
「うーん、休むんだったら電話してくれって、ユキオにでもいいから言っといてくれ。」

その日もユキオの部屋で遊んだ。ユキオはオモチャを沢山持っていた。

少しうらやましくなって聞くと、お父さんとお母さんが買ってくれた、と答えた。

「お前のお父さんとお母さんってドコにいるんだよ?」

「死んだ。」

ユキオはあっさりとそう言った。

「なんで?」

「交通事故。」

オモチャをいじりながら俯いて答えるユキオを見て、
さすがに、これ以上は悪い気がして、話を変えた。

「明日は学校行く?」

「わかんない。」

「お前、大丈夫かよ。」

「・・・・・」

「休む時は電話しろって先生言ってたぞ。」

「・・・ゴメン。」

「俺に言ってもしょーがないよ。おじいちゃんとおばあちゃんは?」

「奥の部屋にいるよ。」

「じゃあ、そう言っとけよな。」

「・・・眠れないんだ。」

「はぁ?」

「お父さんとお母さんが夢に出てきて、僕のことを呼ぶんだ。」

「・・・・」

「ユキオ、ユキオって僕のことを何度も呼ぶんだ。それが怖くて、だから眠れないんだ。」

「・・・・」

「昨日は、腕をつかまれた、僕を連れて行くつもりなんだ。」

俺はだんだん怖くなってきて、もう帰る、と言うと、ユキオはやけにしつこく引き留めた。

「お前が怖いのはわかるけど、俺がここに泊まるわけにいかねーだろ?」

「なんで?」

「俺ん家はお母さんが心配するから・・」

そこまで言って、「ヤバ!」って思った。

ユキオは俯いて何も言わなくなってしまった。

俺は、居たたまれなくなって、ユキオの家を半ば飛び出すように出ていった。

次の日もユキオは学校を休んだ。

Continue reading “【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】ユキオ”

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/28)

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/28)

続きを読む

【#ホラー映画】新感覚SF・タイムトリップ・ホラー映画『ディアボリカル』公開

【#ホラー映画】新感覚SF・タイムトリップ・ホラー映画『ディアボリカル』公開

勝手に点灯する明かり

揺れる部屋

次々と起こる心霊現象

そして
姿を現す血塗れの怪人

誰も見たことのない新たなホラーの結末を
どうか貴方の目で

【#閲覧注意】【#動画】【#怖い話】【#心霊】【松本人志の◯◯な話】#ゾッとする話 その3

【#閲覧注意】【#動画】【#怖い話】【#心霊】【松本人志の◯◯な話】#ゾッとする話 その3

約束してください。
見たことを後悔しないことを・・・・

田中直樹:松本に謝罪
小沢:逆ナン
関根:
松本:オヤジ
千原Jr:タクシー(閲覧注意)
中山:吉田くん

<気になる動画はこちらから>

続きを読む

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】隙間

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】隙間

幽霊とかUFOとかを全く信じない友人Eが、
この間、凄い慌てた様子で私に電話してきました。
「お願いだからとにかく早く来て!!」
パニック状態のEに「どうした!?待ってて!!」
と告げると私は電話を切りました。

一体どうしたのだろう?
と言う疑問よりも心配が先立って、食べかけの夕飯もそのままに急いで
Eのマンションに掛けつけました。
Eのマンションに着くと全身濡れたままのEが
タオルを一つ纏っただけで出てきました。

「お願い!!今晩一緒に居て!!」
と懇願するEにまさか変な男に強姦された!?
と逆にパニックになった私。

とりあえず部屋に入ってEに服を着せ、
冷蔵庫から適当な飲み物取り出し飲ませると。
落ち着きを取り戻したのかEは順を追って話を始めました。

その日、実は大学でEと他の友人とで怪談話をしていたんです。
その時もEは
「ワケないじゃん!!」と
全ての怪談話を否定。場をシラケさせておりました。
「アンタねぇ・・・そんな事言ってるといつか怖い思いするよ~」と
友人達とEに言うと
「絶対居ない!!だって見た事ないもん!!見てたらそんな事言わないよ!!」
ともっと漏らしい事を言われ「水周りは出やすいから気を付けなよ!!」
と悔し紛れに吠えると
「ハイハイ、水周りね~」とEはせせら笑ってました。

そしてその日の夜、彼女が風呂場でシャワーを浴びている時に、
ふと「水周り」と言う言葉を思い出したのです。

身体も髪も洗い終わったEが最後に顔を洗いながら、
「もし、本当に幽霊が居るなら顔を洗い終わった途端に目の前に現れなよ・・・
なら認めてやるし・・・」
と心の中で囁き、顔を洗い終えて目を開きました。
「・・・やっぱり居る訳ないっての・・・w」

目を開いても現れない幽霊にEは得意げに、
そして自分のバカさ加減にクスクスと笑い出す。
と後ろを振り返り、風呂場のドアを開けようと手を伸ばしました。

しかし、ドアが開きません。
グイグイ引っ張ってもドアが軋むだけでウンともスンとも言わないのです。

「あれ?鍵が掛かっちゃったのかな?」
そう思いながらドアの下についている捻って掛ける鍵に手を掛けようとしたその時、
Eは異変に気付きました。

ドアの下の換気窓から誰かが覗いている・・・
その窓は風呂場でのシャワーや掛け湯で
脱衣所が濡れないよう複雑な造りに成っている。
だから風呂場からも脱衣所からも覗く事なんて出来ません。
しかし縦3cm、横20cm、奥行き1cm程の
そのとんでもない隙間に人が居るんです。

どう考えたってオカシイ。
どうしてこんな所で人が覗いてるのか・・・
それ以前に床から顔が生えていないと
絶対無理な体勢でその人は覗いていました。
目だけ見えるその異物にEは声も上げる事が出来ず、
凝視されるその目と見つめ合ってしまいました。
そしてEは意を決した様にドアを思いっきり開きました。

脱衣所には誰も居ません。
もう一度その換気窓を覗いてみましたが、
あの目はありませんでした。
そして我に返ったEは、あまりの恐怖心でパニくりながら
急いで携帯を手に私に電話を掛けてきたと言う事でした。

それから5日経ちますが、その風呂場にはもうあの目は出てきて無いらしいです。
そしてEはそれから怪談話を煽ったりしなくりました。
と言うか嫌うようになりました。
あの目は一体何だったのか今でも意味不明です。

【転載元】

拾い物

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/27)

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/27)

「ニコニコホラー百物語2015」の
本日の上映予定は以下の通りですよ。

■ 20:00~ 封印映像1.2.3/ホラー百物語


■ 20:30~ 「携帯彼氏」川島海荷、朝倉あき/ホラー百物語

続きを読む

【#ゾッとする話】【#怖い話】こっくりさん

【#ゾッとする話】【#怖い話】こっくりさん

こっくりさんの外国版(名前忘れたけど)
外国では10円玉を使わず、
透明なガラスのコップみたいなものを逆さにして使うそうです。
それである2人の男が交霊実験と称して、そのこっくりさんをやってみたところ、
霊が降りてきて二人に色々とお告げをしてきたそうです。
それで一人の男が
「あなたは霊ですか?名前はなんというのですか?」と聞いたところ
コップは動き「私は霊ではない」と答えが返ってきました。
「悪魔だ」
と答えが返ってきたのです。

さすがに2人の男もギョッとしたのですが質問を続けました。

「それでは今、あなたはどこにいるのでしょうか?」
すると、「机の下にいる」

ということは今悪魔はこの机の下に「いる」っていうことなのか?

続きを読む

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】一緒にタクシーに乗ったのは?

【#ゾッとする話】【#怖い話】【#怪談】【#心霊】一緒にタクシーに乗ったのは?

残業のため終電で帰ってきた私は、バスがもう終わっていたため、
タクシーに乗って帰ろうとしました。
タクシー乗り場にてしばし待つこと数分。

すぐに自分の乗る番が来て、私はタクシーに乗り込むと
家の近くのコンビニを指示しました。
残業でかなりイライラしていたので、私は相当に不機嫌でした。
なので仏頂面で窓の外の景色をひたすら眺めていました。

ここまではなんと言うことのない普通の話です。
しかし、普段からタクシーに頻繁に乗る私は、
今日に限って何故か運転手の真後ろに座りました。
普通一人でタクシーに乗るならば、
乗ってすぐの助手席の後ろに座りますよね?

でも、自分でも解らないのですが、
今日に限ってわざわざ運転手の真後ろまで移動したんです。
そしてその時はその不思議な行動を疑問にも思いませんでした。

数分ほどタクシーに揺られていると、タクシーは何故か目的地までの
道を外れて見当違いの方へ曲がります。
私は慌てて運転手に言いました。

「ちょっとちょっと。何でそこで曲がるんです?そっちじゃないでしょう」

しかし運転手は不思議そうに聞き返してきます。

「え?だってお連れさんの家のほうが近いですし、
先にそっちに行かれるでしょう?」

一瞬運転手が何を言っているのか理解できませんでした。

「お連れさんて、何のことです?」

するとタクシーは止まり、運転手が後ろを振り向きました。

「お客・・・」
そう言うと運転手の顔が明らかに強張りました。

薄暗い車内の中で明らかに表情が動揺しています。

「あ、あれ?もう一人女性の方と一緒でしたよね?」

もちろん車内には私と運転手の二人しかいません。
女性など乗っているわけがないのです。

「何言っているんですか。
私は初めから一人でしたよ!ちょっとふざけないでくださいよ!」

残業でイライラしていた私はかなりきつく運転手に言いました。

「だってお客さんと一緒に女の人が一緒に乗って。
それでお客さんは◯◯までで、女の人は××までと確かに・・・」

運転手はおろおろしながら私に弁解します。
そして突然こう言いました。

「お客さん料金要らないからここで降りてください!」

いきなりの事で呆気に取られましたが、
私はその言葉にひどく腹を立てました。

「何を言い出すんですか。
訳の分からないことを言ったり、途中で降りろだの。何なんですか!?」

「いいから!お願いですから降りてください!お金は要りませんから・・・」

運転手の懇願に立腹しながらも、こんなおかしな運転手のタクシーになんて
これ以上乗っていられないと私はそこで降りました。
そしてそこから歩いて帰ることにしました。

歩きながら私は、ふとあることに気づきました。
運転手が言っていた××という場所。
確か昔に帰宅途中のOLがストーカーに襲われて
亡くなったという事件が起こった場所でした。
それを思い出した私は、とたんに怖くなって家まで走って帰りました。

こんな怖い思いをしたのは生まれて初めてです。
今日も残業で仕事が遅くなるだろう事がわかっていたので、
仮病を使って会社を休みました。
今日ばかりはタクシーには乗りたくなかったですから・・・

【転載元】

拾い物

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/26)

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/26)

「ニコニコホラー百物語2015」の
本日の上映予定は以下の通りですよ。

■ 23:00~ 逢沢りな主演「携帯彼女+(プラス)」 /ホラー百物語

続きを読む

【#ゾッとする話】【#怖い話】ピントのずれた写真

【#ゾッとする話】【#怖い話】ピントのずれた写真

「もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい」
というのが臨終の言葉だったうちのじいちゃん。
今だに親類の語り草になってる。
俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。
じいちゃんが死んだのは俺が中学2年のときで、
その遺品の整理をばあちゃんがしてるのを俺は手伝いに行った。
古い写真がいっぱい出てきて、最初は面白がって見てたんだけど
気持ちの悪い写真が出てきてだんだん怖くなってきた。

続きを読む

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/25)

【#イベント】【#ホラー映画】【#ニコニコ動画】今日の「ニコニコホラー百物語2015」(7/25)

続きを読む