【#心霊体験】 おもちゃを探す幽霊 【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】 おもちゃを探す幽霊 【#恐怖体験】【#怖い話】

以前、毎日新聞の記者さんが知人から聞き、掲載した話です。
ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが田んぼのあぜ道で何かを探している人に気付きました。

「どうしました?」Aさんが問い掛けるとその男性は消え入りそうな声でこう言いました。

「長男に買ってきたオモチャが見つからないんです」
「そうですか・・・一緒に探してあげましょう」

とAさんも泥がつくのもイヤがらず一緒に探しました。
でも、どんなに探しても全然見つかりません。
二人で泥だらけになりながら、雨の中必死で探しました。
「無いですねぇ・・・」
と何気なく男性の横顔を見たAさんはおかしな感覚を覚えました。

「・・・あれ?この人どっかで見たような・・・」

でも、そんな気にも留めませんでした。

「無いなぁ・・・困ったなぁ・・・」

そう言う男性を慰め、ほんのちょっと下を向いた時に、男性の気配が無くなりました。

「あれ?」

周りをいくら見渡しても男性の姿は見えません。

「おっかしいなぁ・・・」不思議と怖さも無く、泥だらけの姿で家に帰りました。
その泥だらけの姿を見た母親から「どうしたの?」

と尋ねられたAさんは今あった事を母親に話ました。

みるみる内に母親の顔色が変わって行きます。

「どうしたん?」

そう言うAさんの前に母親は古いアルバムを持って来ました。

「その男の人って・・・この人かい?」

Aさんがアルバムを見ると、そこには幼いAさんを抱いたさっきの男性が写っていました。

「あ・・・」

Aさんは言葉を失いました。

母親はAさんが小さかった頃に他界した父親の話をしてくれました。
おもちゃを買って帰る途中で車にはねられる事故で他界した事も・・・。

「あんたが一緒に探してくれて良かった」

と母親は号泣したそうです。
以上がそのお話です。
これは全てウソの話です。

毎日新聞の記者もウソだと知って掲載したそうです。
その記者はこの文章を、こうくくっています。

「これはウソの話ですが、僕はこのおもちゃを探す幽霊が大好きです」

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#高知の心霊スポット】 荒倉霊園 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#高知の心霊スポット】 荒倉霊園 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

高校卒業以来、約半年ぶりに友人と会ったときの話です。
お互い県外の大学に通っていたので、地元の友人宅で遊ぶことになりました。

友人宅は母校の近く、高知県高知市朝倉の土佐道路近辺です。
しばらくはお菓子などを食べながら近況を報告したり、懐古話をしていました。

しかし夜も更けてすることもなくなり、懐古話にも出てきた荒倉霊園にでも行ってみるかという流れになりました。
友人宅からは自転車で向かいました。

まず土佐道路を西(南?)に向かい、荒倉トンネルを抜け少し登ると荒倉霊園があります。
地理的には霊園はちょうど荒倉トンネルの上に位置しています。
母校に通っていた時から、荒倉トンネル付近の怪談話は多少有名でした。

トンネルを自転車で抜けようとすると後ろから自転車のベルで煽られる。
道を譲っても抜かさないので振り返ると誰もいない。
しかしトンネルを抜けるとベルの音は止む。

または、車の走行音はするが姿はないだとか、昔死亡事故があってその霊が出るだとか。
いくつかあったように思います。
怪談話は好きですが直接自分が体験したことはないので、これらの話は眉唾だと思っていました。

実際この時も、二人自転車で夜中の荒倉トンネルを抜けたわけですが何も見ませんでした。
湿気はすごかったですが。

自転車で十分ほど走り、トンネルを抜けると自転車を脇に停めました。
歩いて坂を登り、霊園に入ります。

しかし初めて訪れた霊園は意外に広く、霊園内のどの場所を目指せばいいのかはわかりませんでした。
とりあえず月明かりを頼りに眺めの良さそうな場所に座り、雑談を始めました。

とにかく気分を出そうと、お互いに知っている怪談話や、怖い話なんかをしていたと思います。
しばらく座って話していた時、遠く物音が聞こえました。
会話が止まります。
ドキッとしました。

風ではないようです。
もっと質量のある物音でした。
何か生き物、例えば猫とかが草むらにでもいるのかと思いました。

しばらく二人で黙って耳を澄ましました。
やはり物音が聞こえます。
近づいている気がします。

辺りを見回しましたが暗闇で何も見えません。
かなり怖かったです。

たぶん、人の足音でした。
少なくとも自分には誰かが歩いてきてるように聞こえます。

時間は夜中の二時を過ぎています。
僕は友人に「もう行こう」と促しました。

しかし彼は見極めようとしているようでした。
この友人は高校の時から、よく無茶をするタイプでした。

いつもなら多少の無茶には付き合って一緒に楽しむのですが、今はそうはいきません。
僕は完全にビビっています。

何とか強引に友人を引っ張り、音から離れるように坂を下りました。
霊園を出て、自転車に乗り、トンネルを抜けて友人宅に戻りました。

コンビニの明りを見て凄くほっとしたことを今もよく覚えています。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その3 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その3 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

夜9時頃、愛媛県にある大谷池という山の上のほうにある池まで彼氏とデートドライブに行った時のことです。
もともと大谷池では自殺者が多いことで心霊スポットになっていることは知っていましたが、昼間にちょくちょく行っていたので夜に行くということも躊躇することなくドライブしに行くことになりました。

車を駐車場に止めた頃から、なんだか空気が重たく嫌な気配を感じていたものの、彼氏とのせっかくのデートでドライブしていたので、変な話をして気味悪がられるのも嫌なので気のせいだと思いこみ気にしないようにしていました。
ところが、彼氏が

「せっかく来たのだから外に出て休憩しよう」

と言い出しました。
特に断る理由が思い付かないので、本心では怖かったけれど、少しくらいならと思い外に出ました。
2人で池の策に腰をかけてたわいもない話をしていました。

池の奥の方から嫌な気配や視線を感じながらも、早く車に戻りたいと内心思いつつ話をしていました。
外に出て5分位経った頃、嫌な気配がだんだん大きくなり視線も近づいてくる感覚を覚えました。
私もさすがにこれ以上はやばいと思い、彼氏に

「気のせいだと思うけどなんとなく池の奥の方から怪しい気配がする。それがだんだん近づいていて怖いから車にもう戻ろう」

と声をかけました。
すると、2人の真後ろから「ウォー」という女の人の声が聞こえてきました。

あたりには2人以外人はいませんでしたし、まして2人が座っている策の後ろは池なので人がいるのは考えられません。
彼氏もその声が聞こえたのか、2人は会話することもなく同時に柵から腰を上げ車に走っていました。

その後、不可解なことは起きなかったので、連れて帰らなかったことだけは幸いでした。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#心霊体験】 階段を上がってくる 【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】 階段を上がってくる 【#恐怖体験】【#怖い話】

3年前くらいの話です。
その日は体調が悪く学校を休んで家で寝てたんです。
うちは親父もお袋も働いていて兄弟もみんな学校に行ってしまって一人きりでした。

ふと目が覚めてしばらくぼ~っとして喉が乾いたので冷蔵庫にジュースを取りに行ったら(うちは二階建て)階段を上がってくる音がしたんです。

誰か帰ってきたのかなと思って普通に気にしてませんでした。
でもちょっとおかしいんです。
うちの階段は10段あるんですが、明らかにその数を上るより多く音が聞こえるんです。
カタン、カタン・・・何度も登り降りしているみたいで確実におかしい。
ビビってとりあえずドアの鍵をカチッと閉めたんです。
そうしたらその音に気付いたのか登り降りする音がフッて止まったんです。

ほんの一瞬の静寂っていうかシーンとしたんです。
で僕がここで少し気抜いちゃったのがいけなかったんです。
今度はほんとに上がって来たんです。

やばいと思ったんですけど何を思ったのかずっとドアをにらんでました。
ドアの前まで来て止まったんです。
板一枚隔てた向こうに何かいるんです。
僕はずっとドアをにらみ続けました。
するといきなりドアノブがガチャガチャいい始めたんです。

僕は必死にノブを押さえました。
力いっぱい押さえてもガチャガチャいってるんです。

何時間そうしてたかはわかりませんが、気がつくと普通にドアの前で寝ちゃってたみたいで夢かと思ったんです。
それにしてもリアルな夢だったなと思いました。

しかし次の瞬間事実だったのだと確信しました。
ドアには鍵が掛っていたのです。
冷や汗がでました。

でも鍵が掛っていたので諦めたんだと思いちょっと安心しました。
だけど内側からしかノブは回らないんだ。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その2 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その2 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

こんばんは、今回は同じく愛媛県松山市内で体験したお話をしようと思います。
恐怖体験をした場所は、松山市の南位置する伊予市と呼ばれる地区にある「大谷池」と呼ばれるスポットです。

僕が10歳の時に家族でドライブに行った時の話です。
この場所は池というよりは大きな湖で昼間は森林浴効果がありそうな場所なのですが、夜になると外灯もなく真っ暗な場所です。
僕が行った時は昼間なのですが、着いてからなんか嫌な感じがするなとは思いました。

湖の近くにはアスレチック施設もあり子供はすごく楽しい場所なので僕も楽しみました。
遊んでいる最中にトイレに行きたくなり近くのトイレを利用しにいき、その時に僕より少し年上くらいの女の子がトイレに入っていきました。

服装は白い着物で、この辺でイベントでもあるのかなと思いました。
トイレからでて家族の所へ戻りその話をみんなに話しました。

そろそろ帰ろうと車の中に入ろうとした時湖の方をチラッと眺めた時、湖の真ん中付近にさっきの女の子がいました。
いたというより湖の上にスーっと浮いていました。

そして隣にいた妹に、「あそこみて!」と叫び妹は僕が指さした方を見ましたが何もいないと言います。
僕は怖くなりはじめました。

そして勇気をだしてもう一度湖の方を見ると、その子の体は半分ほど水の中に浸かっていて最後はそのまま消えていきました。

その後聞いた話ですが、あの大谷池には伝説があり昔雨を降らず人々苦しんでいた時に何十人もの方が人柱になったと言われています。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#心霊体験】 画面焼けが気になるテレビ 【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】 画面焼けが気になるテレビ 【#恐怖体験】【#怖い話】

2ヶ月前ぐらいに近所の中古屋でテレビを2000円で購入。
画面焼けが気になるテレビだったけど、金がなくて急にテレビが壊れたこともあり即買い。
ちゃんとテレビは映るしね。

家に帰って使おうと画面を見ると。
画面に焼きついてるのは4分割された防犯カメラかなんかの映像が焼き付いてるみたい。
建物の部屋内みたいなのが4つとも焼きついてる。
けど、テレビ見てる時とか分割枠みたいのが気になる程度なんで良い買い物したかな~?と。
そのテレビ、いざ使ってると電源が調子悪いのか突然電源が入ったり切れたりする。
映画とか見てて、いきなり砂嵐になったりとか、夜に突然電源が入ったりとかするんで寝る時はコンセントを抜くようにしてた。

なんだか気味悪いなー、とか程度に思ってたんだけど、つい先日、画面焼けの4分割された一つの部屋みたいな風景が妙な事に気が付いた。
人が映ってたんだよね。

画面焼けするのって、動かない風景だけだよね?
なのに何で画面焼けに人が映ってる?って思って急に怖くなってそのテレビを捨てたよ。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#心霊体験】 水晶のブレスレット 【#怪談】【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#心霊体験】 水晶のブレスレット 【#怪談】【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私が大学生だった頃、毎日友達とつるんで遊びまわっていた。
グループの中に非常に霊感の強いYという男がいました。
みんなで飲み会をしているときなどでも「オイあそこに女の霊がいるぜ」とか車で走っているときに「このトンネルの先に墓地があるぜ。かなり霊がよってきてる」など言うやつでした。

特に霊感も無い私は、興味半分でよくそいつに「体験談」や「今見えている霊」を聞いていました。
そんなある日のことです。

長い大学の夏休みも終わり、久しぶりに顔を合わせたYが少し怪訝な顔をしながら私にこう聞くのです。
「N(私)お前、夏の間に水辺に行ってないか?・・・」と。
当時ブラックバス釣りにはまっていた私はキャンプをかねてS県のB湖に何度か行っており、その事を告げると、
「やっぱりな、お前持って帰ってきてるよ。溺死した女の霊。白いワンピース着てて、長い髪が濡れてべったり張り付いてるから多分水辺で亡くなった方だと思ったんだけどな・・・」と私に事もなげに言うのです。
驚きあわてた私は「マジで?うそ?どうにかしろよ!」と怖さもあって、やや切れ気味にYに言いました。

Yは落ち着いた様子で「大丈夫。そんなにきつい霊じゃないから。ただ他のを呼んだりするとやばいからなー」と言い、私に「これ着けとけ」と水晶のブレスレットを渡しました。
私は素直につけ、「これで大丈夫なんだろうな?」と聞くと「まあ、2~3日だろうな」と答えました。

その日から大学へ行くたびに「どうだ?まだいるか?」とYに聞くこと5日目「ああ、いなくなってるわ」とこともなげに答えるYに対して大喜びの私。

「お祝い、お祝い」と私のおごりで飲みに行きました。

その席でYは私に「一度霊が憑くと癖になることがあるんだぜ」などと私を脅すので、私はYにお願いして水晶のブレスをお守りとして譲り受けました。
そのことがあってから4年後、Yは投身自殺をして亡くなりました。

現場、自宅ともに遺書のたぐいは何も無く家族、同僚ともにYが思いつめていた様子も無く、理由は全くわからないそうでした。
「お守りが形見になったな」と思いながら大学時代のことを考えながら家路につきました。

そして6年後。
すっかりYのことや、霊が取り付いたことも忘れていた私は・・・。
同僚、後輩の強い誘いもあって、10年ぶりにブラックバス釣りに行く事になりました。
行き先はS県B湖・・・。

久々とはいえ結構、大物が釣れ後輩が「Nさん、記念写真!!」と大物を自慢げに持つ私を、使い捨てカメラで撮影しました。
久しぶりの釣りで大物を手にした私は、ご機嫌で家に帰り妻にあれこれ話した後、激しい疲労感からか落ちるように眠りに就きました。

次の朝、目を覚ました私は「何か変な夢をみたなあ。」という記憶と抜けきらない疲労感を覚えたまま職場へと向かいました。
するとB湖で私の写真を撮った後輩が血相を変え近づいてくるのです。

「Nさん、昨日の写真を現像したんですけど、やばいんですよ!」

「何がやばいんだよ?見せてみろよ」と私が手を出すと後輩は震える手で写真の束を渡したのです。

やや陽射しがきつかったので、逆光でうまく撮れていない写真が結構ありました。
ですが問題の一枚を見た瞬間、私はあまりの恐ろしさに震えていたと思います。

ボートの上で座って魚を右手で持ち、ボートのふちを握っている私の左手、その手首が湖から伸びた青白い手に握られているのです。
更に2枚目には、青白い手と濡れた髪が張り付く頭が写っていたのです。

私はその瞬間、大学時代の事件を思い出して「水晶のブレスを・・・」と考えたときに今朝の変な夢を思い出しました。
夢の中で男が「また近づいただろう。また近づいただろう」と繰り返していて、だんだん遠ざかっていく夢だったのです。

その男はYだったのです。
なんともいえない寒気を感じた私は早退し、家で机の引き出しから水晶のブレスを取り出し腕につけたのです。
恐怖を感じながら過ごすうちに妻が仕事から戻ってきました。
どうやら体調が悪いらしく、「頭が重いし、寒気がする」と言い、早々に床に就きました。
何とか寝ようと思い強めの酒をガブガブ飲んで酔っ払い、ベッドでうとうとして、また夢を見ていました。
「お前じゃない。お前じゃない。」Yが言っているのです。

ふと目を覚まして「お前じゃないってどういうことだ」と考えていると、妻が恐ろしい声でうなり始めたのです。
明らかに何かにおびえている様子だったので、「オイ起きろよ!オイ起きろってば!!」と必死で妻を起こしました。

目を覚ました妻が言ったことは、私を恐怖で凍らせました。
「全身びしょ濡れの女が私を引っ張るのよ!いくらもがいても放さなくて!」そう言いながら怯えきっているのです。

その女性の霊は私にとり憑いてその後、妻に憑いていたのです。
私はあわてて水晶のブレスを妻の腕につけかえました。

その瞬間、なんと水晶のブレスがはじけ飛んだのです。
妻と二人で怯えつつも水晶を拾い集めました。
水晶のブレスはワイヤーが切れてその場に落ちたとかではなく、約3m四方に飛び散っていたのです。
怯えた妻を抱きかかえながら、二人で震えていたのですがそのうち私はうとうとしていました。
そしてまた夢を見ました。

夢の中でYは「身代わりだよ。身代わりだよ。」と繰り返していました。

水晶のブレスが妻の代わりに霊の怨念?を受けたのでしょうか。
その後水晶を宝石屋に持って行きブレスにしてもらいました。
今でも私の左手首に常についています。
私は2度と水辺に近づかないことを誓いました。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その1 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#愛媛の心霊スポット】 大谷池 その1 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは5年前にコンビニで深夜のバイトをしていた頃のお話です。
働いていたコンビニの近くに愛媛ではとても有名な『大谷池』という心霊スポットがあります。

そこは昔、女性が何百人と生き埋めにされたという説を聞いた事があります。
池の近くには100人地蔵が奉られています。

過去に2度、足を運びましたが1度目はハンドルが急に崖の方にきられ危なかったのですが、単なるちょっとした車の誤作動だろうと解釈しました。

2度目は白い車で行くと危ないという事で実際に白い車で行きましたが、100人地蔵手前という所で走らせている車の前方を真っ白い服を来た女性が横切りました。
友達の1人がこれは危ない辞めようと言い出し、その意見に皆賛同しその日は引き返しました。

私達の他にも、そこへ行き失明してしまったという人もいました。
若い頃は心霊スポットは欠かせない感じでしたが私はそれ以来行く事を辞めました。

そんな過去をお話した所で話はコンビニへ。
そのコンビニの深夜勤務は私を含め5人いました。

その中に1人、心霊スポットに行くのが大好きな男性がいまして、その方をKとします。
のちに登場するこの話の被害者をRとします。
シフトは大体KかRと入る事が多かったのですが、Kと一緒に入った時の事、

K『大谷池行ったんですよね』

私『うんうん…で、何かあったの?』

K『何もなかったんで車に乗って帰ってたんですけど途中で同じ速さで黒いものがついてきてたんですよね、流石に少し怖くてちゃんとは見れなかったんですけど視覚広いから真っ直ぐ向いていても分かったんです』

私『えぇ…それ、ついてきてたって事でしょ?』

K『その日、金縛りにあって男の人が下から足を掴んで睨んでたんです。それで次の日僕のじぃちゃんが死んでしまったんです』

私『え…』

関係ないかもしれないけどとは言っていたKですが流石にもう心霊スポットには、行くものじゃないねと話をしてその日は終わりました。

しかしそれからなんです、色々と怪奇現象が始まりました。
深夜組、全員が

『誰もいないのに鈴の音がする』

『赤ん坊の泣き声がする』

『女の人の声ですみませんと聞こえた』

『防犯カメラに黒い物体が浮遊していた』

『本が3冊落ちてきた』

『ラップ音がする』

流石にやばいねと話し合った結果、店長に報告。
馬鹿馬鹿しいと防犯カメラを巻き戻してみるが何も写ってなく…

そういった事が続いたある日、それは起こりました。
その日私は休みで深夜はKとRでした。
深夜に本の納品があるので本棚をKが整理していて、Rは事務所でそれを防犯カメラ越に見ていたそうです。

するとKの背後を緑色の物体が浮遊し始めたらしくRはKを呼ぼうとしたと同時にKが事務所に走ってきたそうです。
Kいわく物凄い寒気がしたからやばいと思い事務所に逃げてきたと、RはKの後ろを緑色の物体が浮遊していたと告げ、2人は防犯カメラを見るとその緑色の物体がガラスを擦り抜けたのを見たそうです。

それと同時にコンビニ前の道路からガシャーンと物凄い音がしたと思い見てみると、一台の車が単独事故を起こしていたそうです。
直ぐさま救急車を呼び、さっきまでの恐怖に加えパニックになっていたそうです。

救急車が到着し、その方を乗せ走り出した時、その救急車の横をあの緑色の物体が一緒のスピードでついていってたそうです。
翌日の新聞で、その方は亡くなられたと書いてありました。
お酒も飲んでなく見通しの良い一直線の道路なのにと、とても不可解な事故でした。

その日の深夜は私とRだったんですがRの顔の右半分が歪んで見え、目の下が右目だけ窪んでいて明日すぐお祓いしに行きなよと夕方からの引継メンバーと勧め、Rは翌日お祓いに行きそれからは何も起こらなくなりました。
恨みを持った霊は赤色だと聞きますが、緑色の物体あれは一体、何だったのでしょうか。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#愛媛の心霊スポット】 河南病院 その3 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#愛媛の心霊スポット】 河南病院 その3 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

メスを持ち帰ったヤツが、数日後、刃物でメッタ刺しにされ死んだり等の噂がよくある場所です。
ここから先は、私自身が体験したお話です。

一昨年前の夏に、男3人(霊感の強いヤツ含む)、女2人で肝試しツアーで四国4県をまわった時のお話です。
最初に、病院に行こうということになり、現地におもむきました。
その病院の周りには、数件の民家がありますが、その民家全ての玄関にお札が貼ってあります。

「スゲーな」

なんて言いながら・・・ツアー開始。
肝試しツアーということで、病院入口付近等、霊感の強いヤツの支持どおりカメラでパシャパシャと撮影しました。
一通り怪しい所を撮り終わったので、中に侵入。

中にはカルテや手術着などが散乱し、床もボロボロ。
壁には肝試しに来た人の落書きがたくさん。
病室、手術室、霊安室等一通り中の見学も終わり、ツアーも終わりました。

2~3日して、一緒に行った男の1人が見るからに、怪しげな行動をとるようになりました。

「大丈夫か?」

と話しかけると

「俺、あの病院にいかなくちゃ」

と言い出し、みんなが制止するにもかかわらず、その男は1人で病院へいきました。
数時間後、その男は病院内にあった白衣をもって帰ってきました。
それからです。
みんなが信じられない経験をしたのは・・・!!

無言電話や、「河南病院です。」「白衣返せ」といった電話がみんなにかかってきました。
最初は誰かのイタズラと思っていたのですが、参加者全員が同じ経験をしました。

なかには、部屋に帰ると老人が立っていた等の経験をした者もいました。
白衣を取ってきたヤツは、さらに行動がおかしくなりました。
その男は

「最近足がイタイ。筋肉痛みたい」

と嘆いていました。

数日後の深夜。
たまたま夜遊び帰りの同僚が、墓地の近くを通りかかったときに、白衣を盗んできたヤツを見かけました。
そいつの格好は、パジャマに健康サンダル。
夜遊びしていたヤツが、不審に思い、その男に話かけました。

「お前、ここで何してるの?」

と言った瞬間。
ヤツは一目散に逃げ出しました。
次の日、真意を確かめようと話かけると、

「記憶にないよ。俺は11時頃には寝てた」

と言います。

さらに数日後、その男の部屋に行くとテレビの前で四つん這いになり、顔を赤らめて獣にでもとりつかれたかのように、すごい鼻息でウーウー言っています。
こちらの気配に気が付いた途端、猛スピードで襲いかかってきので怖くなり一目散に逃げ出しました。(追いかけてくることはなかったです)

また数日後、その男は

「あいつが襲ってくる?」

と叫び、暴れ出しました。
さすがに、みんな異変に気づき、お払いに行くことになりました。
地元では、有名な霊媒師に頼みお払いをうけることになりました。
が、

「この霊は、強力すぎて(お払い)出来ない」

と言われました。
その後、各地転々としましたが、お払いしてもらえず断念しました。

数ヶ月後、その男は何故か正気に戻り、今は普通に生活しています。
そうそう、写真ですが現像から帰ってきたので、確認すると1枚だけ背景を移した写真の中に違和感のあるものがありました。
よく見ると首ナシの白衣を着た霊の写真が。

ちなみにその病院は、結核患者の隔離病院だったそうです。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ
心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#心霊体験】 死んだ筈のTから誘われた 【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】 死んだ筈のTから誘われた 【#恐怖体験】【#怖い話】

久し振りに同窓会の誘いが来た。
そもそも、それがおかしかった。
死んだ筈のTから誘われたからだ。
びびった俺はIに相談した所、Iにも来たという。
仲の良かった十数人に来たらしい。
キッカケは不気味だけど、皆で会おうという事で、お参りも兼ねて簡易同窓会になった。
参拝も済み丘の中腹の母校の上にある集会所で飲んで食べて歌ってた。
そんな時、Tが入って来たのだ。
驚いた俺だが、Iが肩を叩いて「解かってる」というような目で見てきた。
皆も同じ感じだった。
女子に至っては「T君こっちきなよ~」なんて言ってる。
「そうか、みんな解かってるのか。だよな、Tも会いたかったんだよな~」そう思った俺はその後も楽しく遊んだ。

そろそろどうしようとゆう時、2次会の話になった。
皆は行くようだが、俺は仕事があったので断った。
でも皆しつこく誘って来る。
もちろんTも。
あんまりしつこいので強引に帰ろうとしてIに「ホントご免、帰るよ」と言ってふすまに向かった。
ガシ!っとIに腕を掴まれた。

「ホント駄目なんだよ~」と言って振り返えると、Iも他の皆も白目の薄ら笑いで「いいからお前も来いよ」とっさにIの腕を振り払い、集会所を飛び出した。

2~3日経ってからIに電話をかけてみた所、連絡がつかない。
別の奴にかけても誰一人電話に出ないのだ!
あれから何年経ったんだろう・・・俺はあの時、皆と一緒に行くべきだったんだろうか・・・。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#愛媛の心霊スポット】 河南病院 その2 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

【#愛媛の心霊スポット】 河南病院 その2 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

愛媛県にあった有名な心霊スポットが河南病院です。
此処での心霊話は数多くあり、私の高校でも夏になるとその話で持ち切りでした。

夏休みも終わりに近づいたころ友人に誘われ河南病院に行くことになりました。
最初は怖かったのですが、他にも10人くらいいた為これだけいれば安心だろうと簡単に考えていました。

いざ着いてみると周りには民家があり、別に山奥でもなかったため特に恐怖は感じませんでした。
中に入っても同じで拍子抜けでしたが30分程度散策したところで不思議なことに気付いたのです。

私は友人と二人で最後尾を歩いていたのですが、前を歩いている人数が最初よりも多い気がしたのです。
暗かったこともあり気のせいと思うようにしました。

病室が並んだ廊下を歩いていたとき、前を歩いていた一人が

「下に降りる階段がある」

と言ったのです。
なんか嫌な気配がするとみんな言い出しましたが、階段を見つけた友人は一人降りていきました。

5分経った頃でしょうか、階段下から

「ぎゃあああああああ」

という悲鳴が・・・
私たちはパニックになり走って外に出ました。
ぜえぜえ言いながら外に出た私たちは

「やばい」「どうしよう」「置いてきちまった」

と口々に言い警察に電話しようかと携帯を取り出した時でした。
友人の一人が

「なあ、全員いるんだけど」「えっ」

と思い周りを見ると確かに全員います。
では階段を下りて行ったのは誰だったのでしょうか?
すると私の携帯に固定電話からの電話が・・・
出たらやばいと直感で感じ携帯の電源を切りました。

その後は急いで車に乗り帰りました。
結局階段を下りたのが誰だったのか不明ですが、携帯に掛かってきた電話番号を調べると河南病院の番号でした。

いまでは取り壊しされておりなにもありませんが、マンションを建てるという噂が・・・だれがすむのだろう?

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#心霊体験】 そういうやり方は卑怯だと思う 【#恐怖体験】【#怖い話】

【#心霊体験】 そういうやり方は卑怯だと思う 【#恐怖体験】【#怖い話】

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う。」

薄暗い自分の部屋の中で、自分の部屋の外に向かってそう言った。
最大限冷静に努めたつもりだが、自分でも声が上ずっているのが分かる。

何しろ、これで34回目だ。
必ず、帰宅してドアを閉めた後、すぐに自分の部屋をノックされる。
2、3回目でドアを開けるのをやめた。
それからはドアスコープで見ていたが、それもやめた。
薄い板一枚隔てた虚空からの訪問者を想像して、心底気味が悪くなったからだ。
彼自身、母方の祖母が巫女をしていたため、所謂「そういうもの」の存在・・・。
というのは、頭ごなしに否定しているわけではなかった。
寧ろ、そういった存在を信じていたほうなのだ。

しかし、実際に目の当たりにした今、湧き上がるのは恐怖が先行する嫌悪感だけだった。
同時に、それが、かなりの小心者でもあった彼の心を蝕むのは容易な事だった。

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う」同じ言葉を、ドアの外に向かって繰り返す。

「語りかけて諭す」というやり方を、一度だけ祖母の儀式か何かで見た記憶がある。
自分にそんな能力のかけらもないことを自覚しながら、そうする事しか出来なかった。
言いたい事があるならはっきりと言えばいい。
いや、頼むからそうしてくれ。

その日も返事が来る事はなかった。

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う」

今日で72回目。
数字だけが無造作に書かれたメモが、ごみ箱から溢れている。
傍から見れば、精神錯乱状態であると思われても仕方ないだろう。

だが、正常なのは彼のほうなのだ。
自分は何もしていない。
自分は何もしていない。
半年ほど前だったか、近くのマンションで自殺者が出た、というような噂を聞いた。
が、それだって、このアパートには関係の無い事のはずだ。
仮に「出る」なら、そのマンションだろう。

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う」

92回目。
もとい、92日目。
人間の精神とは実に脆いもので、彼は自分でも驚くほどやつれていた。
もう、ここ数日は、この言葉しか喋った記憶が無い。
というより、何か、今まで普通に喋っていた言葉を、この一行と引き換えにしてしまったような感覚に陥る。
ただ、僅かな体力だけが残っていた。
ここに至って初めて、今までとは違う行動に出た。

「・・・そういうやり方は卑怯だと思う」

彼は、自分の部屋のドアを溶接し始めたのだ。
その次にベランダに面した窓を固定する部分を。
大家の怒鳴る声が聞こえてきたが、そんなものは関係ない。
もはや、誰もこの部屋に入る事は出来ない。

どれだけノックしようともだ。
どれだけノックしようとも、この部屋には誰も入れない。
食料?ああ、・・・いずれ尽きてしまうだろう。
そうすれば、溶接を剥がして、買いに行けばいい。
薄暗い部屋に僅かに光る、部屋の切れかけた蛍光灯が、一筋の涎を照らし出した。

彼は笑っていた。
全てをやり終えてへたり込む、彼の後ろの暗闇から声がした。
それは、明らかなる「声」だった。

「コンコン」

「コンコン」

「コンコン」

擬音を真似るような大会があれば、きっといい所まで行くだろう。
漠然とそう思った。
なるほどな。
言ってみれば、罠だったんだ。
お前は、ずっとそこに居たんだな。
外から音が聞こえているように・・・そんな事まで出来るのか。
大したもんだ。
外界を遮断するために、溶接してしまったこの部屋の中から、外に逃げる事は出来ない。

やがて、薄暗い部屋に、ぼろ雑巾のような足が見えた。
彼は、諭すためではなく、精一杯の皮肉をこめて、最後に言ってやった。

「・・・そういうやり方は卑怯だと思うぜ」

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv