【#三重の心霊スポット】 青山峠 - ある発言を心霊スポットで言ったら、走る車の速度が遅くなっていった・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

三重県の国道165号線沿いに日生学園があります。
この周辺は青山峠という場所で、昔から自殺の名所だったりします。

特に津方面から伊賀名張へ抜けていく際に欄干が赤い橋を通って峠へと向かう形になるのですが、ある夜のことです。

私はその日は津の親元に帰省していて、伊賀の自宅へと戻る帰り道でした。
日曜日で明日から仕事だったこともあり早く帰るつもりだったのですが、親に引き止められたり実家の安楽さもあってついつい家を出るのが遅く、青山峠を通ったのはちょうど午前0時くらいでした。

一人で深夜でのドライブ、なんだか少し眠くなってきてまずいと思っていました。
車内の音楽に合わせて歌ったり、独り言を言ったりしていました。
ちょうどあの赤い橋を通る際、私は何故かこう独り言をいってしまっていました。

「まるで黄泉の国へ行くみたいだな」

と。
独り言を言った直後はしまったと思いましたが、気にするほうが怖いと思い、何事もなかったように運転を続けました。
まっすぐに走り、坂道を登ってトンネルを抜ければ峠が終わる、という地点に来たときです。

ヒュルルル。

クルマから不思議な、力の抜けるような音がします。
いや実際、クルマのスピードメーターの表示がどんどん下がっていきます。

40km,30km,20km/h・・・。
「おいおいマジかよ。」という気分でした。
アクセルは踏みっぱなしです。

一瞬でもアクセルから足を放したら車が止まって、二度と動かなくなるのではないかという恐怖がありました。
ハザードランプを使いながら歩くほどの速度での超低速運転でした。
外は深夜の暗闇。
動物の鳴き声やガサガサという物音が聞こえます。

ルームミラーは怖くて見れません。
もし後部座席に何かが座っていたら、もしリアガラスの向こう、クルマの外側に何かがしがみついていたら。
そう思うととても見れたものじゃないです。

クルマは相変わらず頼りない音を出し続けていました。
1時間ほどで、いつもなら10分かからない坂道を越えました。

トンネルに入り、峠を過ぎたときにふっとクルマに力が戻りました。
スピードも40km/hは出ています。

でも怖くて、いつ止まってしまってもおかしくないと思いながら、ブレーキを極力使わないように走って自宅へと帰りました。
修理を依頼し、見てもらったところ、なんとブレーキが壊れているとのことでした。

ブレーキが壊れて効かないのではなく、常にブレーキがかかっているためにスピードが出なかったのではないか。

とのことでした。
ですが、そんな壊れ方って普通するものでしょうか??

やはり心霊スポットで不用意な発言はするべきではないと思った次第でした。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#長崎の心霊スポット】 箒山 - ロードバイクを追いかけてくる老婆。振り切ったと思って振り返ったら・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

長崎県新上五島町にある、通称「箒山」。
私自身が赴いたわけではありませんが、友人の兄がここで何度も心霊体験に遭遇したとの話を聞きましたので、投稿させていただきます。

ある日、友人の兄(今後はAとします)は深夜帯に自転車にて友人の家に向かっていました。
理由はいつものごとく、男友達と数人で集まり、ばか騒ぎをしようといったものでした。

逸る気持ちに胸踊ら、ペダルを踏む力もいっそう強くなったといいます。
今ではあらかた整備されたアスファルトの斜面を下りながら、ふとガードレールの外の夜景に目を向けたA。

その視線の先には真っ白い髪の老婆が浮いていました。
これはまずい。

元から霊感はあったAですが、あんなにもはっきりと見えたのは初めてのことだったとのことで、かなり慌てて斜面を下ったといいます。

話は変わりますが、ロードレースで使われるロードバイクは斜面だと50km程度の速度が出るとか。
恐怖のあまり、この時の速度は体感的には80kmはいっていたのではないかと思ったとAは語ったそうです。
それでもブレーキを握らないA。
それは何故か。

後ろから先程の老婆が走って追いかけてくるからに他なりません。
老婆はものすごいスピードでAに向かって走ってきます。
捕まるまいとさらにペダルを踏むA。

その途中、ふと老婆の駆ける音が聞こえなくなりました。
安心して後ろを振り向くと、なんと。

老婆は自分の背中に寄り添うようにして自転車の後ろに乗っていたのです。
それからAは無我夢中で友人の家に逃げ込み、翌日も友人の家からは出ることが出来なかった、とのことでした。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#長崎の心霊スポット】 眼鏡橋 - 極端に少ない修学旅行の写真・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

長崎の観光名所として名高い眼鏡橋。
旅行などで目にされた方も多いのではないでしょうか?

しかし中々知られていないのが心霊スポットとしての一面です。
この眼鏡橋付近は原爆が落ちた時、被爆した人たちががそこの川に水を飲みに行き、多くの人が亡くなっています。

長崎市内に住んでいる祖母に話を聞く機会がありましたが、水を求めて力尽きた人が顔を水面に着けたまま亡くなっていたり、川の水が赤く染まっていたと教えてくれました。

こんな背景もある場所で、学生の頃修学旅行で長崎市内に行くことがありました。
もちろん眼鏡橋も見学のコースに入っています。

平和公園、眼鏡橋、原爆資料館とお決まりのコースを回り、同行のカメラマンさんもたくさん写真を撮っていました。
旅行から帰り、写真購入の為の展示(今もあるのでしょうか?)を見ていると明らかに眼鏡橋、平和公園の写真が少ない…

展示してあるものにも僅かですがオーブのような丸い光が映っていました。
もしかしたら、展示されていなかった物にはもっとたくさんのオーブや、何かが写っていたんじゃないでしょうか。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#福岡の心霊スポット】 犬鳴峠 - 電話ボックスへいたずら電話をした結果・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

犬鳴き峠という所に電話ボックスがおいてある。
昔から、そこで車の運転をしていると誰もいないはずの後部座席に人がいたり、そこを車で通ると手の後がついていたりだとかのいわく付きの場所だった。

そして、この公衆電話にかかる電話番号がある、
俺達はここに遊び半分でよく電話をかけて遊んでいた。

そんなある日の事だった、友達がいつものように電話をかけると
普段なら「トゥルルルートゥルルルー」となるはずなのに、その時に限って「ザァーザァー」とテレビの砂嵐のような音がなったと言い出した、しかも、かすかに女の声が聞こえたと。
怖がっているふりで、冗談を言ってるのだと思い軽く流していた。

それから、一週間後 その子は事故にあって指をなくした、電話をかける時に使った指を。
これは、全部友達から聞いた話しです。
福岡県でホントにあった話しで 実際に指がなくなってます。

その地域の小学校では、そこに電話をかけてはいけないっていう禁止もされたので 知っている人もいると思います。
友達が電話番号も知ってます。

「絶対にやめた方がいい」

って言われて、俺はかけられませんでした。
最後にほんとにやめた方がいいです。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#怖い話】 白い影 【#恐怖体験】【#夏のホラー冬のホラー】

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。
その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。

そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、
どうなってもいいや、という部分があったので..危険だと知りながら、それなりの
スピードが出ていました。

そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、対向車線からファミレス
に右折する車に右側から当てられたのです。車も急いで右折してスピードがあった
為、かなりの衝撃でした

今にして思えば、一瞬のことでしたが..妙なスローモーションを見ている様な感じで、
バイクに乗ったまま、私は電柱が正面に迫ってくるのが見えました。

その時、何か白いものが横から飛びかかってきて、私はそれに抱きつかれる様な
感じでバイクから落ちて、道の脇にある歩道に転がりました。
転がるのが止まって、歩道に仰向けになっていると、その白いものは私の体から
離れました..それは、白い服を着た女の子でした。

その女の子は、ふぅ、とため息を一つつくと、
「あぶなかったね」
と微笑みました。そしてスッと消えました。そして、私があまりの事に呆然としていると、肩
を軽く叩かれ、耳元で「あまり無茶をしちゃダメよ」という声がしました。でも、振り返って
も姿はなく..
そうしているうちに、ぶつかった車の人が降りてきて、救急車が来て..病院に運ばれて..と。

私は、足に軽い打撲があっただけで、ほとんど無傷でした。事故の大きさと比べると奇跡的と
いっていいぐらいに。私のバイクは電信柱にぶつかり、グチャグチャに壊れていました。

後に警察に事情聴取に行った時..警官が..「よく、バイクから飛び降りられたな、そのま
ま突っ込んで悲惨なことが多いんだが..」と。

私は、飛びついてきた、白い服の女の子を知っていました。その事故の三年ぐらい前に
交通事故で亡くなった、私の婚約者だったのです。病院で息を引き取る時の最後の言葉..
「愛している、ずっと見守ってる」
その事が鮮明に思い出されました。

実際のところ、私が見たのは幻覚なのかもしれません。でも、事故の時に来ていた皮のジャケ
ットが警察から戻ってきた時、歩道と擦れて毛羽立ってしまった傷だらけになった背中の部分
に、細い腕と小さい手の形で無傷の部分がくっきりと残っていました。

彼女を失って、自暴自棄になっていたのが続いていたのですが..その事故があってから、ちゃ
んと前向きに生きなければ、と。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#熊本の心霊スポット】 花岡山 - 山頂を目指しているのに、なぜか鳥居の方に着いてしまう・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

熊本県の花岡山といえば山頂や朱い塚ですね。
キリシタンが殺されて……のような話なのですが、今回私が体験したのは少し別の話。

特に霊を見たということではなかったのですが、連れ二人や私自身も「もう花岡山には行きたくない」という結果に。
詳細を話すと、夜景が綺麗だとしても有名な花岡山に行こうと思ってドライブしていました。

三人皆花岡山には何度か行ったことがあったので道に迷わず真っ直ぐ山頂まで進んでいたのですが、ほんの少しだけ霊感がある(と言っても存在を感じる程度ですが)私と運転手が違和感を覚えて来始めました。

運転手の方は頭痛、私は運転手の後ろの座席に座っていましたが右後ろから引っ張られる感覚。
皆が違和感を覚えながら進んでたどり着いた場所は山頂ではなく、鳥居がある場所でした。
皆山頂までの道順を知っているはずなのに違う場所にたどり着いたということです。

流石におかしいと思った私達はもう一度山から下り、道順を間違えたのかともう一度確認しながら登りました。
途中何度か分かれ道がありましたが、とりあえず一度は自分たちの記憶通りに進んでみた所、また鳥居に着いてしまったので、何度も挑戦し、ついには道順を変えてまで山頂を目指しました。

ですが、道順を変えた所でたどり着くのは必ず同じ鳥居の場所。
そしてドンドンはっきりしてくる右側の違和感。

流石に怖くなり花岡山から離れたのですが、何かに導かれるように着いたあの鳥居はいったい何だったのか今でも不思議です。

何度も道を変え、入り口も変えましたが絶対的にたどり着くのがあの鳥居。
そして右側の違和感は何だったのでしょうか。

付け加えのようですが、運転手の方の頭痛も右側でした。
その後運転手の方とは会っていませんが、助手席に乗っていたもう一人の方とは二度と行きたくないと語っています。

と言いつつも別の日にちに助手席の方ともう一度行ってみたんです。
やはり鳥居に着いた後、二回目は山頂に着きました!

ですが、やはり右側の違和感と車を降りる危機感には勝てず、そのまま下山しました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#怖い話】 預かりもの 【#恐怖体験】【#夏のホラー冬のホラー】

これは大学の先輩が体験した実話
その先輩は沖縄の人で東京の大学の受験のため上京していた時のこと
特に東京近郊に知り合いもいなかったので
都内のホテルに一人で宿泊していた
何校か受験するため2週間くらいの長期滞在だ
そんな中のある日、試験を終えて試験会場からホテルに戻ると
フロントの人に呼び止められた
フロント「A様でらっしゃいますよね」
先輩「はい。そうですが・・」
フロント「実はA様宛に他のお客様よりお預かりものがあります」
先輩「えっ?誰ですか、それ?」
フロント「さあ・・他の従業員が対応しましたのでわかりかねます」
先輩は状況が理解できなかった。なぜなら実家の親以外に彼がこのホテルに宿泊していることは
誰も知らないはずなのだから
先輩「人違いではないですか?」
フロント「いいえ。お客様はA様ですよね?でしたら間違いございません。確かにA様宛にお預かり
したものでございます」
先輩「他のAという名前の人ではないでしょうか?」
フロント「いえ、当ホテルでは現在A様という名前のお客様はあなた様だけですので」
先輩はわけがわからなかったが、とりあえず自分宛だという謎の預かり物であるB5サイズの茶封筒を受け取った

部屋に戻って先輩は中身を開ける前にとりあえず実家に電話してみる
しかし当然実家の親はそんなもの知らないと言う
やっぱり人違いでは・・・先輩はもう一度フロントに言いに行こうとしたが
思いとどまった。
先輩のA(ここでは名前は伏せるが)という名字は大変珍しい名前であり
その名前で確かに届いていたのだから、他の誰かと間違うはずもない
ついに恐る恐るその封筒を開いてみる
すると中からは一枚のレポート用紙が出てきた
そこにはサインペンで手書きの地図のようなものが描かれいた
現在いるホテルから3つ先の駅から道が伸びており簡略に描かれた
道を順にたどって行くとある道の傍らに斜線で記された場所があり
そこに矢印がしてあってその横に「ココ」と小さく書いてある
封筒をもう一度のぞくと中には、何やら家の鍵らしきものが一緒に同封されている
先輩はもう完全にわけがわからない
同時にものすごく恐くなり、その封筒に中身を戻すと
無理矢理フロントに押し返した
もちろん、その地図の場所に行ってみようなんて気にはとてもなれない
幸いにも受験校は翌々日の1校を残すのみであったが、そのことが頭から
離れず試験にまったく集中できなかったそうだ
先輩はその試験を終えると、当初は受験を全て終えた後の骨休めとして
東京見物をするためもう何泊かする予定であったが
それらをキャンセルして逃げるように沖縄に帰った

以上です
実話だけにこれ以上のオチはありません
でもその先輩はいまだにそのことは、まったくの謎であり
思い出しただけでも恐くなると言っています

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#広島の心霊スポット】 秋月トンネル 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

秋月トンネルは広島県江田島の海沿いに走る国道から島の奥に入り込む全長1Kmほどのトンネルです。

当時小学4年生だったAは、夏休みのある日、同級生Bと共に秋月トンネルへ肝試しに行きました。
過疎が進んだ島の日中、車はほとんど通りません。
オレンジ色の明かりの中、大きなミミズ(田舎なので……)上から垂れてくる水滴にきゃーきゃー騒ぎながら秋月トンネルの中程まで歩いた時のことです。
前方から足音が聞こえてきました。

まさか自分たち以外に人がいるとも思わず、Aたちは思わず立ち止まり黙りこみました。
こつん、こつん、と足音はどんどん近づいてます。
ところが、いつまでたっても人の姿は現れません。

かわりに、なんだか妙に暑くなってきました。
さっきまでは肌寒いくらいだったのに。

気が付くと二人は焚き火に当たっているような熱気に包まれていました。
そんななか足音は響き続けます。
異様な自体に恐ろしくなった二人は顔を見合わせ、来た道を早足で戻り始めました。

すると、さっきまで一定だった足音が突然早くなりました。
まるでAたちを追いかけているように、です。

いよいよ恐怖に耐えられなくなった二人は全速力で走り、なんとか秋月トンネルを抜けることができました。
恐る恐る後ろを振り向いてもそこには誰もおらず、足音も聞こえませんでした。

「あとから親に聞いたんだけど、秋月トンネルが出来る前、あのあたりにあった旧海軍の火薬庫の爆発事故で死者が出たんだって。秋月トンネルは住民が事故に巻き込まれないために作られたものらしいよ。」

爆発事故で死んだ人の霊が、火の手から逃れようと今でも走ってるのかも……と、Aは言っていました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#怖い話】 ノートの警告 【#恐怖体験】【#夏のホラー冬のホラー】

『ほんとうにあった怖い話』スレッドからちょっと拾い物。

もう前の話でごめんなさい。10年ぐらい前、お互いが実家のため週末は彼氏と港北のラブホに泊まってました。
色々行ってみたけど、結局お気に入りができていつもそこに泊まってた。
港北のどっかのラブホにオバケでるらしいよって噂は聞いてたけど
二人とも信じてなかった。なんでも殺人があったらしい。
ある日、お気に入りが満室で別のとこに行った。
寝ようとしてベッドのトコにある電気を消そうと彼が振り向いたから
私もなんとなく振り向いてスイッチを見てたら、(回すタイプのやつ)
彼が触る前に勝手にスイッチがくるっと回り電気が消えた。
慌てて彼がスイッチを元に戻して「今の・・・見た??」「見た・・・」
二人でしばらく黙り込んだ。

私は、霊感ってほどじゃないけど「ここなんかイヤな感じ」と
感じる場所がある。それを言うと彼がイヤがるから
言わないようにしてたけど、その部屋も入った途端ヤな感じしてた。
もうエッチ気分じゃなくなって、煙草を吸いにテーブルの方に
二人して移った。気のせい、気のせい、と二人で笑って忘れようとして
テーブルの上の「ラブホ」によくある落書き帳を何気なく
めくったら、「この部屋、やばいぞ」とか
「ここの窓からまっすぐに見える隣のホテルの窓の部屋で
 例の事件があったんだって。俺達、この部屋で金縛りにあった。
 もう帰る。この部屋に泊まるカップルは、気をつけろよ」
っていう書き込みが、かなりマジな口調でたくさんあった。

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#栃木の心霊スポット】 華厳の滝 ー 変化していく心霊写真 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

友人が実際に体験した心霊に関する不思議な話です。

友人が行きつけにしているバーは、ほとんど常連のお客さんしか出入りしないため、その日の来店客もほとんどが顔見知りな状態でした。

その中で女の子の友人たちが、先日、栃木県の日光の観光地に温泉旅行に行ったときの写真を広げて見ていたのです。

変なの、と言って見せられた写真は、3人の女の子が名所である華厳の滝をバックにそこの管理人さんに写真を撮ってもらったものでした。
変だったのは3人の女の子の足の部分に、もう一本知らない足が写り込んでいたことでした。

靴下や靴の感じもどこか時代遅れで、とても違和感を覚えました。
結局その写真はマスターがお祓いに持って行くねと、引き取ったそうです。

数週間して店を訪れた時に、どうなったか聞いたところ、すっかり忘れられていた写真が酒瓶の間から出てきました。

そして、驚いたことに写真には明らかに滝の部分に以前にはなかった陰がうっすら出来ていて、しかもそれが顔のように見えて、とても不気味だったそうです。
マスターは「滝霊王じゃない?」と気にしませんでしたがとても不気味な雰囲気に彼女は気になったそうです。

帰ってから華厳の滝について調べてみるとその滝壺は、全国心霊スポットMAPや関東心霊スポットのサイトなどで頻繁に取り上げられる心霊スポットだったんだそうです。

さすがに3度目に聞いた時に忘れられていたことに呆れてしまいましたが、写真に写っていた女の子の友人も一緒に写真を見返すことになりました。

長い間忘れられていた写真の中には、滝の中一面顔のような模様が浮かび、水はどす黒く濁ってうつっていました。

女の子の友人は霊感があるらしく、この写真は危ないから私が引き取ってすぐ処分すると言って受け取ると、すぐにお祓いに持って行ったそうです。

お祓いした先では、この写真には自殺した方の霊が写っていて、持っていては危なかったと言われたそうです。

三度も心霊写真が変化していく行程を目の当たりにした友人は、さすがに恐怖だったと話していました。
やはり自殺者の霊だったのでしょうか。

関わった全ての人に何事もなくて何よりだと思いました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#怖い話】 雨音 【#恐怖体験】【#夏のホラー冬のホラー】

その晩は雨が強く降っていた。
現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。
その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。
「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。

しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。こういう体験は
始めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。友人達も
いい年して遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で目を輝かせていた。

それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。
なので、スピードをかなり落として進んだ。何かが起こる事を期待しながら。

かし、特に何もおこらずトンネルの終端まで着いてしまった。
トンネルの壁などを観察していた友人たちも、別に妙なモノを見たわけではなさそうだ。
もう1度いってみよう、と提案が出て、皆賛成した。車をトンネルの端でUターンさせた。

今度も、何も起こらなかった。不満なので(と言うか、暇なので)
何度が往復してみよう、という事になった。
雨が強くなってきたのか、雨粒が車を叩く音がうるさくなってきた。
3,4往復ほどしただろうか、友人の1人が、「おい、もう帰ろう」と言い出した。

何も変わった事も起こらず、飽きてきたのだろう、と思った。
だが、何か声の調子がおかしかった。トンネルの出口が見えるあたりで
一旦車を止め、後ろを振り向いた。
帰ろう、と言い出した友人は肩を縮め、寒さに震えるような格好をしている。
もう1人は、その様子を見てキョトンとしている。
「え、どうした?何か見えたのか?」と聞いたが、
「いいから、とにかくここを出よう」と言う。”何か”を見たのか?期待と不安で
動悸が激しくなってきた。雨は一層酷くなり、ボンネットを叩く音が耳ざわりに感じる。

とにかく、一旦ここを出て、どこか落ち着ける場所を探す事にした。

国道沿いのファミレスに寄り、ようやく一息ついた。
夏も近い季節だというのに凍えるように震えていた友人も、ようやく
落ち着いてきたようだ。
「なぁ、もう大丈夫だろ?何を見たんだよ」
「聞こえなかったのか?あれが」友人は怪訝そうな顔で僕達を見た。

妙な怪音の類か?それとも声?しかし、僕には心当たりはなかった。
もう1人の友人も、何が何やら、といった表情をしている。
「別になにも・・・まぁ、運転してたし、雨もうるさかったしなぁ。」

「聞こえてたじゃんか!」いきなり声を張り上げられて、驚いた。
深夜なのでファミレスにはほとんど人はいなかったが、バイトの店員が
目を丸くしてこちらを振り向いた。
しかし、彼がなにを言っているのか理解できない。
「何が聞こえてたって?はっきり言ってよ」
気恥ずかしさと苛立ちもあって、少し強い口調で言ってしまった。

しばらく重い沈黙が続いたあと、彼が口を開いた。

「雨だよ、雨の音。」
「俺達はずっとトンネルの中に居ただろ!なんで雨が車に当たるんだよ!」

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

【#怖い話】 車の上に 【#恐怖体験】【#夏のホラー冬のホラー】

友達から聞いた話で一番怖かった話です。

その友達をA子とします。
A子とA子の彼氏、B子とB子の彼氏の4人でドライブに行きました。そのドライブの帰り道の事です。

夕焼けも終わって、だんだん辺りが薄くなってきたころA子達の走っている車も、その前後の車もライトを付けました。
一日中遊んだ後だったので運転していたA子も含めみんなは眠くなってきています。
そこでA子がみんなで怖い話をしようと提案しました。
一人づつ順番に人から聞いた話や自分の体験等を語って、その場は盛り上がっていました。
辺りはすっかり暗くなりました。

その時、すれ違った車にパッシングされました。
ただのパッシングではなくなぜか、しつこく何度もパッシングされました。
A子は何だろうと思いましたが、みんなは話に夢中で気が付いていないようでした。
半ドアかな?とも思いましたが大丈夫そうです。
ライトもちゃんとついています。

そんなことを考えていると、後ろの車がいきなり
ブーブー!!とクラクションを鳴らしてきました。
そしてまたパッシング。
何事かと今度はA子の友達や彼氏も気が付いたようです。

でも、その時脇に車を寄せるくらいの幅がなかった為車を止める事ができずそのまま走っていました。
すれ違いざまに何かを叫んでいく人までいました。

信号が赤になっているところでようやく車をとめることができたとき、隣の右折斜線に入った車がA子達の車の横につけてきて、窓を開けて何か言ってきます。
A子が窓を開けて、話を聞きました。

信号が青に変わり、隣の車は行ってしまいましたが
A子は青ざめた顔をしてなかなか車を走らせようとしません。
B子がどうしたの?なんだって?
と聞くと、A子は

「・・・私達の車の上に子供が乗っていたんだって。
でも、それを言おうと思って隣に車を止めてみたらいなく
なってたんだって」

【#YouTube】

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■その他の記事はこちらから
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv