【#鹿児島の心霊スポット】 鹿児島の某ラブホテル(ココ○ッツリゾート) - 一晩中物音が・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

平川動物園近くのココ○ッツリゾート、ラブホね。
あそこは凄い・・・出るわ出るわ。
実際体験してしまった。

あそこは部屋に入るとまたドアがあって二重になってるんだわ。
ま、ラブホの典型的なタイプなのか?

夜中、自分だけ起きてて眠りかけた頃、ドアの開く音がしたんだわ。
そのドアなんだけど、外側のドアが開いたみたいなの。

「なんだよ、他の客が部屋間違えてるのとか?」

そう思ったんだが・・・一回開いた音がしたっきり何も聞こえなくない・・・。
前々からココナッツは噂になってたんで、やっぱ怖くなったわけよ。

んで朝起きたら、彼女も朝方聞いたんだと。
風呂場で明らかに物音がしてて、ずっと寝たふりをして耐えたらしい。

んでココ○ッツの噂なんだけども、いわゆる女の飛び降り自殺。
建物の構造が、ビルの真中に中庭があって、屋上まで吹き抜けになってるの。
んで中庭を囲むように部屋が各階にあるのね。

自分が泊まった部屋が8階だったかな。
一度行ってみるべきだよ。
なるだけ高い階の部屋に泊まるといいかも。
何回も行ってるけど、3階とかはあまりそんな現象起きなかったなぁ。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#鹿児島の心霊スポット】 花牟礼(はなむれ)池 - 奇声をあげながら、何かがこちらに泳いでくる・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは私が20歳くらいの頃にコンビニの店員をしていた時の話なのですが、バイト仲間3人と一緒に夏の夜中に肝試しをしようと言う話になり、夜0時に2人のバイトが終わるのを待って残りの2人も合流し1人が車を出して地元で有名なトンネルや池、墓場などを巡って回りました。

まずは水死体が上がったことで有名な池→火葬場に墓などを巡ったのですが、夏場で湿気も多く君が悪い雰囲気こそありましたが、特に何もなく有名所を回り終えこれではつまらないと言う話になり、仲間の1人の地元で河童で有名な池である花牟礼(はなむれ)池があると言う事で、そちらに向かう事となりました。

夜中の2時くらいにそちらに着き、乗用車が2台ほど止められそうな小さな砂利の駐車場に車を止め、4人全員車から降り周りを見回したところ、そこまで大きくも無い池が目の前にあり、田舎の為大変静かで虫が鳴いている音が響いていました。

駐車場の正面に大きな木は生えていて、その前に何かの石碑は建っており、その石碑の前で写真を撮ることになり、タイマーにして全員で並び撮った瞬間、フラッシュが光ったのですが、その瞬間背後の池から凄まじい音がし、全員飛び上がり車の所まで駆け出しました。

何事かと池の様子を窺がうと沢山の水鳥が池で寝ていたらしく、それがフラッシュの光に驚いて一斉に飛び立った様で、みんな今にも飛び出しそうな心臓を落ち着かせ

「鳥かよ~」

と笑っていたのですが、1人が水辺の木の下に何か見つけ、

「あそこ何か居ない?」

と言うので全員でジーと覗いたのですが、暗くてよく見えず懐中電灯を車から取ってきてそちらを照らした瞬間、猿の様な動物?に見えたそれが水の中に飛び込み、叫び声の様な奇声を上げてこちらに目掛けて泳いできはじめました。

私達4人は慌てて車に飛び乗り急いでその場を逃げ出しました。
結局なんだったのか分かりませんでしたが、その日はみんな帰るのが怖くなり全員でカラオケで騒ぎながら一晩越しました。

後で猿かなんかだったのではと調べたところ、あの辺りには猿は生息していないと言う事でした。
結局なんだったのか分かりませんが、それ以来あの池には近づいていません。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#鹿児島の心霊スポット】 喜界島の廃病院 - 不可思議な写真が撮れると有名だったので、試しに撮ってみたら・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

鹿児島県の奄美大島の横にある『喜界島』出身の先輩から聞いた話です。

先輩の実家の近くに廃病院があるらしんです。
建物はそこまで大きいわけでもない普通の個人病院・・・。
何故廃業になったかは先輩もあやふやだったんだけど(殺された、と思われる・・・)、地元では、ちょっとした『心霊スポット』とになってたらしい。

でも、心霊スポットって言うだけで、大した現象が起こるわけじゃないみたい・・・。
ただ不可解な写真が撮れるっていう噂があったそうです。

先輩も友達何人かで行ってみたけども、結局なにも起こらず。
せっかくだから写真でも撮るかって事で、記念に何枚か撮りあいっこで写真を撮って、その日は終わったらしい・・・。

後日、そのフィルムを現像に出してはみたものの、写真は全て白い写真で失敗ばかり。
でも、おかしいのは廃病院に行った写真だけが『白い写真』になっていて、前後の写真はうまく撮れていたと言います。

おかしいなと思ってその写真をよ~く見たそうなんです。
その白い写真なんだけど、よく見ると真っ白じゃない・・・ボヤけて何かが写ってる・・・。

「字・・・じゃないかこれ・・・??」

よく見ると、確かに字っぽいけど・・・ピントが合ってないのかボヤけて見えてる。
ただ写真の全体を占めるくらい大きな文字。
すると一人が

「あの病院って、○○病院だよね??」

「うん・・・」

「この字・・・○○って書いてない??」

「あ・・・そうかも!!ってことは・・・・・・え!!??」

「・・・。」

写真に写り込んだ物・・・。
それは死んだ院長先生のネームプレートだったんです。

白いのは白衣・・・。
つまり写真を撮ってる時、実は院長先生がピントが合わないくらい、超至近距離に立っていたって事になるんです。

考えたらゾッ・・・っとする話でした。

この話とは全く関係ないけど、故・宜保愛子さんが亡くなる半年くらい前に、ロケで喜界島を訪れたが「この島には怨念が渦巻いてきて危険」とか言って船から降りずに引き返した。
っていうエピソードがあるそうです。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#鹿児島の心霊スポット】 中之島 西区温泉 - 男性が長風呂だった理由・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

屋久島と奄美大島の間に点在し、トカラ列島と呼ばれ、北から口之島、中之島、平島、諏訪瀬島、悪石島、小宝島、宝島の有人7島と、臥蛇島、小臥蛇島、小島、上ノ根島、横当島の無人5島の合わせて12の島々で構成されている内の一つ、鹿児島県中之島での心霊体験です。
ダイビングの仕事でこの島に宿泊した際、大喜旅館を営んでおられる大将から聞いたお話です。

中之島は戦時中、遺体を運び込み埋めた島で、遺体を隠すためにバナナの木が多く植えられていました。
西区、東区と部落に分かれており、東区の方はよそ者を受け付けないらしく、我々は西区の温泉を使うように言われました。

西区温泉は島の人が優先で島の人が全員入った後でなければ使えないとのことでした。
大将からオッケーの連絡があり、男性1人、女性4人で西区温泉に向かいました。

西区温泉は、女性の幽霊が出るらしく、必ず話し声が聞こえるよ、と大将から言われました。
「まさか」と思いつつ、風情のある温泉を利用しました。
大将の話が気になりながら、「本当に幽霊いるのかな?」と女性4人で話しつつ、怖いのでさっさと入り風呂から出ました。
外で男性一人を待っておりましたが、なかなか上がってきません。

「男のくせに長風呂やねぇ」

と話しながら10分以上待っていましたら、男性があれ?という表情で風呂から出てきました。

「ずっとここに4人でいた?ここに何分くらいいた?4人以外、誰か入ってる?」

と聞かれました。

「わたしたちだけだし、もぉ10分以上待ってるし、遅いな〜って話してたんよ。」

男性は

「僕が風呂から出るまで、ずっと女風呂の方からワイワイと話し声が聞こえてたから、ゆっくり入ってたんやけど・・・」

大将の言う通り、西区温泉には女の幽霊がおります。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#鹿児島の心霊スポット】 鹿児島県の出水での出来事 - 引っ越してしばらくしてから、周りで奇妙な事が起こり始めた・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

鹿児島県の出水。
10年以上前の話なんだけど・・。

当時、職場への通勤も便利で遊ぶところも多い出水市へ引越ししようと思い、貸し家を探して出水市の某不動産会社へ行った。
平屋で安い物件という条件で、激安家賃の6千円で2LDKの平屋を紹介された。
即効で不動産屋と現地の貸家を見に行くことに。

その貸家は上村という地区で集会場の道を挟んだ蓮向かいに位置していた。
古い家だったが、一人暮らしには十分なので大家さんと会って即契約。
引越しの前日に大掃除をしようと思い、貸家へと行き大掃除を始めたが、寝室の奥に襖があるのを見つけて開けてみた。

襖の中には古い仏壇が置かれており扉は閉じてあった。
自分一人ということもあり、ちょっと怖かったけど気になるので扉を開けてみる。
中には改名された遺影が入っていて、カビのはえたお供え物も置かれていた・・・。
やばい気がしたので大家さんに連絡、撤去してもらった・・・。

それから、住み始めて1週間しないうちに大家さんが増水した用水路で亡くなった。
一応、お通夜には顔を出したが、引っ越したばかりだし当時は複雑な心境だったな。

大家さんが亡くなって数日後ぐらいから、奇妙な現象が起き始める。
集会場向かいに住んでいた家族の一人が湯船の中で溺死。
それから1ヶ月も経たないうちに、溺死された方の家の裏に住む家族の一人が川で水死。
またまた1ヶ月も経たないうちに、俺の住む家の右となりの方が夜釣りに出かけて水死。
引っ越してから立て続けに近隣で人が亡くなっていた。

そして我が家にも奇妙な現象が起き始めた・・・。
家がやたらと軋む(きしむ)、雨も降っていないのに寝室の天井から水が滴り落ちてくる。
押入れの襖が『ガタン』といって樋から外れ。
ビンとビンの底をぶつけるような音もして、床下から『バリバリバリ』と雷のような音がしたり、酷い時には家中が『カーン』と共鳴して揺れたり・・・。

単なるポルターガイスト現象なのかも知れないが、さすがに我慢できなくなって引っ越したよ。
あの家は今でもあるんだろうか・・・。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 嘉数高台公園 - 夜景が綺麗だったので、深夜2時頃行ってみたら・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

6月の深夜2時、眠れない夜を過ごしていた私は、一人で沖縄県宜野湾市にある「嘉数高台公園」というところへ行きました。

そこは、昔沖縄戦(沖縄で起こった米軍と日本軍との地上戦)の激戦地の1つで、実際に日本軍が使っていたトーチカ(身を隠して敵を射撃するための横穴)や豪(空からの爆撃から身を守るための洞穴)や、弾痕で傷ついた壁などの戦争の傷あとが残っています。
他にも、慰霊の塔(戦争でなくなった人を供養するための塔)もいくつか建っています。

なぜ私がそのようなところにわざわざ深夜の2時にひとりで行ったのかというと、そこは夜景スポットでもあり、公園内にある高台から見下ろす米軍基地は、なかなかに絶景だからです。

さて、そこに深夜の2時27分に到着したのですが、やはり辺りに人の気配はない。
ですが、案外公園内に街頭がたくさんあったので、正直怖くはなかったです。

さて、入り口から高台まできつい階段を上って徒歩5分。
道中で先にあげたトーチカや塔などを見ておこうと思い、少し寄り道をしました。

トーチカは、中が真っ暗で誰かの顔が覗いてくるのではと思わんばかりでしたし、塔もなかなかに怖い雰囲気を出してました。
二つともを写真に収め、結局その日は何も起こらないまま夜景を見てのんびりしてから帰宅しました。

後日、友人にこの話しをしているとき、

「夜中にあんなところに行くなんて信じられない」

といわれたので、

「そういえば写真も取ってきたんだよー」

と言い、そのときに撮った写真を見せました。

そこで、1つ変なことに気付いたのです。
私のカメラは、人物画像と風景画像を、人の顔があるかなしかで認識して、各フォルダに自動的に選別するのですが、なんと塔を撮った写真が、勝手に人物画像に選別されていたのです。

あのとき、塔の近くにはもちろん、あの公園内にはわたし一人しかいなかったのに。
しかし、くっきり映っていたのです。
人の形と顔をしたなにかが。

それ以来、夜にいわくつきの場所に行く事はやめました。
今度は、カメラに収めるだけじゃすまないかもしれませんからね。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 ユタの修行場 - 少年たちが面白半分で、ユタの修行を除いた結果・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私の家の近くにユタの修行場がある。
(ユタは沖縄の占い師みたいな。「医者半分、ユタ半分」と言われるぐらい一般市民には浸透している。)

そこは昔からあって、子供がよく遊びに行きたくなるようなそんな立地。
冒険みたいな。
でも小さい頃私達は「絶対に中へ入ってはいけない」という両親の戒めを守っていた。

しかし、ある日、隣の隣の家に北部の方から引越ししてきた人がいた。
その家族には私達と同年代の子、いかにもわんぱくそうな男の子がむすっとして立っていたのを覚えている。

その日を境に、私達、近所のガキ共は集まり、公園や部落の公民館の遊具で遊んだり、歩いて20分のスーパーへ試食を求めて競争したりしてた。

ある日の夕暮れのこと、その引越ししてきた子が「ユタの修行場に入ってみようぜ」と言い出した。
最近はなぜだかユタの修行している人の声がやけに酷く恐ろしく唸っていた。

両親も祟りだ祟りだと言っていた。
その時は知らなかったが、ユタの修行というのは悪い霊を呼び出し、それをユタが追い払うというもの。

もしユタの卵に才能が無ければ無いほど、その霊はそいつを蝕み続け、挙句には周辺地域にまでその霊の塊みたいなものが一気に押し寄せてくることもあるそうだ。
そのせいであったのだろう。
女のユタの修行人は酷く唸り叫んでいた。

そのわんぱく坊主が考えたことに次々ガキ共は賛成していった。
もしかしたらやばいかもしれない、俺達が助けないとって。

私達はそのユタの修行場に通ずる裏道に入った。
木はごうごうと。
まるで森のようだった。
すこしコンクリの道を進むと砂利道に変化した。
私は心臓をバクンバクンとさせながら進んだ。
ユタの唸り声が近づいてゆくごとに少しずつ足が震えていった。

わんぱく坊主先頭に進んでいくと、やはり女はいた。
ユタだ。
正確にはユタの修行人。

うぉーうぉーと唸り、その声からかは分からないが彼女の周りに黒いとぐろが巻いているのが薄っすらと見えた気がした。
私達は木の茂に隠れ、その様子を見ていた。

わんぱく坊主はノープランだったらしく、俺が行くと言い残し、彼は女に近づいた。
その女は坊主が話しかける前に気がついたらしく、彼に向かって目をギロリと向けた。
彼女の目は何かに取り憑かれたような黒い目で充血しているかのように見えた。
おまけに顔は真っ青。
まるで幽霊か何かがいる、いやいたんだろう。

彼女は私達に向かって走りだした。
うおーーーうおーーーー
傍から見たら面白いのかもしれない。

でも私達は何か得体のしれない何かを感じ取っていた。
必死で私達は安全といえる公民館に自動的に集まっていた。

すると幼馴染のAが坊主がいないことに気付く。
どこだ!と探し始めたら彼は来た。
足を擦り剥いていた。
逃げている途中に転けたのだろう。

いや私達にとってはそんなことどうでもよかった。
このたった10分の間に何があったのかと言える、彼のものすごい目の下のクマ。
目はうつろ、口からは変な生理的なよだれが出ていた。
うぁーーーーと言い彼は倒れた。

救急車で運ばれたはいいが、意識が戻らなかったらしい。

「医者半分、ユタ半分」

もうこの考えを信じるしかなかった。
私の両親は腕利きのいいユタを頼み、彼を治した。

なんと彼には59体の様々な種類の霊や魂がこびりついていたという。
これで助かったのは奇跡と。

しかし、彼も彼でその10分間の間に何があったのか思い出せないと言う。
彼にも私達にも何が起こったのかは分からない。
が、その後は女のユタの唸り声はその小丘からもう聞こえなくなった。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 森川公園 - 遊んでいたら、女の子の様子がおかしくなった・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

沖縄県宜野湾市の森川(もりのかわ)公園は、広くて昼間ふつうに小さい子どもも遊ぶ公園なんですが、夕方から夜にかけては人もあまり近付かない公園です。
羽衣伝説のある松の木が奥にあるとか言うんですが、薄暗く気味も悪いです。

前々から、この公園は夕方から行っては行けない場所と親から言われてました。
なんでも、戦時中沢山の人が死んで、心霊スポットになっているのだとか。

だからなのか、夜に森川公園の近くを車で通ると、公園が火事になってるように見えて消防署に連絡して公園へ見に行くと火事はなく、暗い公園がそのままあるだけだったとか。

私自身も当時高校生だった時の話ですが、友人と3人で森川公園に肝試しに行きました。
昼間とは違い重い空気で、かなり息苦しかったことを覚えています。

最初は友人達も花火をしたり、さわいでましたが、急に友人の1人の女の子が凄い形相でう~う~唸ってこちらを睨んでたので、どうした?って近付いたら、やったーくるすんどー!と、方言で叫んで口から緑の液を垂れ流しながら倒れました。
方言の意味は、お前ら殺すぞ!友人は確かに低い男みたいな声で叫んでました。

でも倒れてから10分たって友人が気がついてその事を話すと、全く覚えてなく、普通に服が汚れたことを気にしてましたから。
やはり、何かにとり憑かれたんだと思います。

夜に騒いだからそこで眠る霊が私達のことを怒って、友人にとり憑いて公園から出ていくように仕向けたのだと思います。

それからは友人達と森川公園に行く話は出なくなりました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 森川公園 - バイクのカギを無くしたので、探していたら、友人に声をかけられた。そちらを見てみると・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

高校生の頃、車やバイクの免許を取った友達が増えるとなぜか心霊スポット巡りって流行りますよね。
私は元々幽霊なんて見た事無いし、後先も変な体験はこの時だけです。

ちなみに沖縄県の心霊スポット「森川公園」は結構有名なスポットで、学校からも遠くなかったのでバイクの免許を取ったという友達に連れられて行く事になりました。
あらかじめ場所も知っていましたし、公園なので駐車場もあります。

駐車場からどんどん進んでいくと細い路地の様なものがあるんです。
その友達が言うには

「昼にいった時は石碑があったよ。」

というのでとりあえずそこを目指す事になりました。
始めは2人とも雑談していたのですが、空気が重いというか秋口なのに肌寒い感じがしたからなのか黙って歩いていました。

突き当たりの様なところまで来ても何もなかったので、私から怖いから帰りたいと提案し友達もうなずきました。
帰り道はお互い早足だったのですぐにもとの駐車場についたのですが、そこで友達が

「バイクの鍵がない!」

と言い出しました。
今考えると怖がらせるための演出かな?と思いますが、その時はそう思わず嫌々ながら探すことになりました。

先程言った細い路地を探していたのですが、ふと友達が私の名前を呼び顔を上げると、友達が立っている向こう側に白い?青いものが見えました。
ドキッと心臓がはねる様な感覚がしました。

形は例えにくいですが人が着物を着て両手を水平にしている様な形と言うとしっくりきます。
驚きすぎて2度見するとそれが大きくなっている様に感じました。

私は何も言わず友達を置いて、バイクがあるところまで走りました。
友達も驚いたのかすぐに走って来てバイクを走らせコンビニへ向かいました。

なんだか気分が悪くなったので何も話さず帰宅したのですが、霊障などはありませんでした。
その友達とか敬遠になったので話す機会はありませんが私が唯一体験した心霊体験でした。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 海中道路(与勝半島) - 深夜に海中道路にいてはいけない。行ってみた結果・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

沖縄県には、心霊スポットがいくつかあります。
その1つに「海中道路」があります。
観光客や地元の人も交通で使っていますが、地元ではちょっとした不気味な目でみられます。

「深夜に海中道路にいてはいけない、あっちはあまり良くないものがいたりする」

と教えられてきましたが、免許をとり興味本意で肝試しも兼ねて深夜に行きました。
深夜2時あたりだったような感じです。
車からでて橋に背を預けていました。
まわりが静かで波の音しか耳にはいってきません。

「観光客もいないんだなぁ」

と思いながらスマホをみると、電波圏外マーク。
急に時間表示がおかしくなっていたのです。

文字化け表示。
「やばい」と思った瞬間には遅かったです。

後ろから表現し辛い声が聞こえた。
海しかないのに聞こえてくるのは、ありえないので「でた!」とびっくりし何故か遠くの電灯に、目がいきました。

見えている距離なのですが電灯が消えてゆくのです。
一番、二番目、三番目、とだんだんはやく電灯が消えていくのが見えました。

寒気と恐怖が混じったような感覚で怖くなり、車へ戻ろうと、走りました。
後ろからずっと声がきこえていましたが、振り向いても誰もいないのはわかっていました。

電灯が消えていくのが確認できるくらいだったのですが、私は気づいてしまったのです。
霊感がない私が見えるという事は危険サインとわかりました。
消えてゆく電灯とともに、人がすごい勢いで走ってくるのが見えるのです。
なにか叫びながらすごい形相で。

やっとの思いで車へ乗り込み、エンジンをかけ海中道路から逃げました。
ミラーから後ろを確認した時には、電灯は全部明かりが戻っていました。

家へむかっている最中に後方からドンッと鈍い音がした。
おそるおそるみると、真っ黒い塊がぶつかっていたのです。

私が覚えているのは、ここまでです。
どうやって家へ帰ったのかも覚えてないのです。

目が覚めると家でした。
玄関で倒れていたらしい私は車をみてみると驚きました。
あの黒い塊にぶつかった痕がありました。
手のひらの形で。

車は怖かったので処分いたしました。
お払いもすませました。
ですが霊感ある祖母がいうには、黒い塊は人を誘拐するものだと。

誘拐されずにすんだのは、お守りの塩が守ってくれたのだと。
そのお塩は真っ黒くなっていたので、私を悪いものから守ってくれたんだと感謝しました。

心霊スポットには二度と行きたくないです。
これが私の恐怖体験談です。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 マンション地帯 - 傘をささない女性に、しきりに場所をきかれた・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

沖縄県那覇市のAにあるマンション地帯です。
ここは、かなり栄え、おしゃれな高層マンションが立ち並ぶような、地帯です。

実はここは、恐怖の自殺地域です。
ほぼ飛び降り自殺で三年に一度はおきています。

私が体験したことは、そのマンション地帯の近くの経理系の塾に通っていた帰り道、雨の中人が行き交う午後21時半頃でした。
その付近にはその頃陸橋歩道があり、そこをとおらなければ帰れず、いつものようにその橋を渡っていました。

すると、歩道橋の真中で女性が傘もささず、にボーっと遠くを見つめていました。
その方向は歩いている人々とはまったく逆の方向でした。

私は第一印象ですごくいやだなとおもい知らん振りしてとおりすぎようとしました。
そのちょうどその女性ととおりすぎるときにかさなりすぎて三十cmすぎたくらいに、いきなりクルリと振り替えり、(あのぉ)と声をかけてきました。
あれはいまだに何であったかわかりません。

でもかなり変でした。
話かけられた内容の続きは、沖縄でいう吉原のような女性一人でいくような場所ではないようなところ、(波○上)はいったいどこなのか、としきりに質問されました。

そこの場所からははなれており、しかも雨も降っていてうまく説明もできずに、指だけさして私は教えてあげました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【#沖縄の心霊スポット】 ガラビ濠 - 背中が重く、苦しくなってきた・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

沖縄にはサンゴ礁が隆起してできた自然の洞窟(濠、ガマとも)が各地にあり、太平洋戦争で日本で唯一住民を巻き込んで地上戦が行われた激戦では、避難や野戦病院として使われました。

有名なものは「ひめゆりの塔」の下にある外科濠です。
八重瀬町にあるガラビ濠も野戦病院として、白梅学徒隊という女学生たちが兵士の看護に不眠不休で当たっていました。

この濠には、手術室といって負傷した兵士の手足を切断する場所があり、女学生たちはその手足を砲撃の合間をぬって外に捨てに行ったのです。
現在、この濠が崩落の危険があるということでもう中に入ることはできず、外からの見学になります。
10年ほど前に訪れたときはまだ入れました。

この入り口に続く道は天気が良くても湿って滑り、濠のすぐ左手には何と「人骨」がすぐ手の届く場所に置かれていて、最初に説明を聞かなければ心臓が止まるくらい驚きました。

これは沖縄の「風葬墓」といって昔からあるもので沖縄戦とは関係がありません。
暗闇の洞窟ではもともと土の湿った匂いなのですが、黴臭いような、行って見ればまだ「戦争のにおい」がします。

濠の中は道がありますが、いたるところで行き止まりがあり、ところどころで広くなったスペースがありますがそこが居住空間だったようです。

最初は人の後をついて見学していたのですが、途中から私が一番最後になりました。
懐中電灯だけが頼りなので振り返れば何も見えません。

途中から背中が重くなってきて、苦しくなりました。
なんだったのでしょうか。

ようやく濠を出て外の空気に触れましたが、ここで数か月の間、懸命に看護をしていた白梅学徒隊の少女たちのことを思うと取り残してきてしまったようなそんな気持ちでした。

しかし、その後「白梅の塔」に参拝して彼女たちの冥福を祈ることができ、ようやく背中が軽くなりました。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+