【怨念・呪術話】願い事が叶うおまじない【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

個人的に洒落にならなかった体験。

幼稚園から小学校2年まで同じだったA。
彼女は甘やかされて育ってきたせいか、わがままで乱暴な子だった。
みんなAを避けていたけれど、Aが中国人と日本人のハーフというのもあり、先生が「仲良くしなきゃダメ!」と一緒に遊ばせようとしてきたり。
ハーフ云々じゃなくて、性格が問題なんですけどね。
そんなAと小学校2年、同じクラスだった時の話。
当時、私は髪をポニーテールにし、髪を束ねたゴムの上に小さい飾りをつけていた。
中でも赤地に白い花模様のリボンがお気に入りでした。

ある日、そのリボンを結んで登校した日、休み時間にAにリボンをもってかれた。
返して!と追っていったらAは校庭の池の中にそのリボンを投げ入れました。
池に着いたときはリボンは沈んだのか見当たらず、慌てて上履きと靴下を脱いで沼に入ろうとしました。
が、通りかかった先生に止められました。
池は藻や水草がたくさん生えてて足を滑らすと危険だし・・・と。
まあ正論なので、近くにあった虫取り網ですくってみましたが、藻がひっかかるばかり。
放課後にも先生や友達と、もう一度探しましたが結局見つからず。
見つけてももうつけられないだろうし、と結局諦めて帰りました。

その次の日からから私はAを無視して口をきかないでいました。
当時の私は本気で怒っていると態度で示したつもりだったけれど、Aは伝わるどころか、逆に苛立ったようでした。
無視しだして数日後、Aに話しかけられてやはり無視を決めて席を立ったとき。
「無視しないでよ!!」ともみ合いになり、解放された時に髪が一つかみ抜かれました。
腹立たしいやら痛いやらで泣いてしまい、教室もちょっと騒ぎになっていたのは覚えてます。
私の両親もブチ切れてAの家に抗議しにいきましたが、Aは不貞腐れた顔で誤りもせずに黙ってました。

さて、当時学校では怖い話やらおまじないやらが女子の間で流行していました。
その中で「緑の紙に赤いペンで願い事を書いて、夕方に校舎裏の木の根元に埋めると願い事が叶う」という噂が流れていました。
~ちゃんのお姉さんもやったら本当に叶ってどうのこうのとかも言われてたなあ。(詳細はもう覚えてません。すみません。)

お察しの方もいるかもしれませんが、リボンのことや髪のことでAにムカついていた私はそれを実行しようと思ったんです。
今から考えたら根暗で陰湿な子供ですが、気が弱い私にとって最大限の仕返しでした。
家で緑の折り紙に「Aの髪が無くなりますように」と書いてそれを放課後に校舎裏に埋めました。
確か「誰かに見られたらダメ」とも言われていたので、こっそり人目を避けていたような。

翌日からAの頭皮をチェックしていましたが薄くなっているように見えず、「やっぱり嘘か」とガッカリしていた。
しかし、三日後の夜、寝ていたら夜の2時半にふと目が覚めました。
普段そんな時刻に起きるわけがなく、ぼーっとしていると、なんかいるような気配がしました。
眼には何も見えないのですが、「何か」がこちらをじっと見下ろしているような・・・。
想像したとたん怖くなって布団をかぶって震えているうちに朝になりました。

それから一か月たったある日、Aが入院することになりました。
「あのAが」とみんなで驚いていたら数日後、Aの病状について先生から説明を受けました。

白血病という病気になったということ。
お見舞いにいったら
治療のための薬剤で髪の毛が抜けおちてしまっている

ということ。
先生は「だからお見舞いに行ったときにそのことは言わないであげて」とか言ってましたが、私はただあのおまじないのせいでないよう願っていました。

その日、家に帰宅すると机の引出の中に何やら汚れた紙のようなものが。

・・・校舎裏に埋めてきたあの緑の紙でした。

その引き出しは鍵がかかるタイプで、鍵も筆箱に入れていたので家族が開けられると思えない。
それにその机のある部屋は姉と共同で使っていたので、友達を入れてはいないし。

結局Aはそのまま夏休みまで退院せず、そのまま他の場所へ転校していってしまい、音信不通のままです。

ちなみに紙は家の庭でこっそり燃やしました。
私はその後何もありませんが、Aはどうしているやら・・・。

あ、でも今考えたらそれ以来霊感が皆無だったのが少しある程度になったかも。
仏壇の前で亡くなった祖父や祖母を見かけるようになりましたので。

いったいなぜあの紙が戻ってきたのか、夜に部屋にいたのは何だったのか。
何もわからないままです。

オチもなにもなくてすみません。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【心霊・幽霊話】雨宿りでの若い女【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

山はこりごりだ。
随分昔の話になるが、ある山に登った。
実名出すと色々記録が残ってるんでよろしくない為、すべて伏せさせてもらう。

下山途中雨に降られ適当な雨具を持たなかった俺は山腹の土手がえぐられているような場所を見つけ、そこで雨をやりすごそうと腰を下ろした。

多少降り込んではくるが一時の雨宿りには十分な場所だった。
予想に反し雨は降り続き、霧さえ出てきた。
「こんなとこで野宿かよ・・・」もうすっかり日も落ちて、あたりは暗くなり始めていた。

目の前の景色は山肌と木のみ。
気色悪い。

カロリーメイトかじりながらシートに寝転がってラジオを聞いていると、誰かが前を通りかかった。
時間は22時を回ったところ。
「道ぐちゃぐちゃで危ないですよ!」声をかけてみた。

軽く会釈をしてこっちに入ってきた風貌は年の頃なら二十歳ぐらいか。
でもなぜ若い女が夜の山をふらふら歩いてるんだ?

以下会話

俺「懐中電灯とかないんですか?」

女「・・・・。」

俺「今降りるのは危ないですよ!」

女「・・・・。」

俺「明るくなるまで待った方がいいですよ。」

女「・・・・。」(一応うなずく)

ヒールにスカートとかだったら何だか変だとも思っただろうが、一応俺なんかより重装備の登山ルックなんでそれ以上の不信は持たない事にした。

何を話すでもなく、下を見つづけている彼女に聞いてみた。
俺「一人で?」

女「・・・・。」(首を横に振る)

俺「他の人は?」

女「上で落石がありました。」(おー、やっとしゃべった!)

俺「ケガ人でたんですか?」

女「・・・・。」その一言を最後にまた沈黙が続いた。

朝になっていた。
彼女は知らないうちに出発したらしい。

チェッ。(いろんな意味を込めて。)

下山途中レスキューだか警察だかとすれちがった。
ヘリも飛んでた。

麓の食堂が開いてたんで飯でも食おうと入った。
客同志の会話は昨夜、彼女の言っていた落石の話題でもちきり。
「全員ダメだってよ。」外から入ってきた客が言った。
テレビのニュースがタイミング良くこの話題を流していた。
大学のパーティー全員死亡とか。

公開されたパーティーの顔写真の中に昨夜の彼女の顔があった。
俺はそれ以来、山には行けない。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【心霊・幽霊話】安置場所での怖い話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

知人に聞いた話。
何年か前に北海道で大きな地震があって、その時発生した高波によりある島が大きな被害にあった。
その当時知人が乗ってた輸送艦が函館に停泊していたため急遽災害派遣に行ったそうです。
最初は陸上の救援活動をしていたそうですが、「波にさらわれたらしい行方不明者が多数いるので探して欲しい」と命令を受け探しに行ったそうです。

捜索の結果十数名の遺体が発見され港に戻ったところ、「救助活動で混雑しているため1晩遺体を預かっていて欲しい」と言われたそうです。
その艦は輸送艦なんで安置場所は艦底にある車両格納庫に決まり、そこへビニールシートをしいて遺体を毛布で包んで1晩安置したそうです。

被害者の冥福を祈るため線香をあげるのですが、火を絶やしてはいけないという事で2時間交代で見張り番を立てる事に。
その時知人は下っ端だったため2~4時の見張りに立つ事になった。

そして夜中の2時。

艦内は灯火管制により赤灯だけが点灯しているため周囲が薄暗く赤い・・・。
ちょうどお化け屋敷のような雰囲気で、そんな中がらんとした格納庫に生臭くなった遺体と2時間・・・。
本人曰く「怖くて遺体に背を向けっぱなしだった。」4時になり次直と交代しようと格納庫を出た。

格納庫から次直が寝ている居住区に行く為には階段(ラッタル)を上らないといけなかった。
その時知人はある事を思い出した。
それはラッタルを上がった先に大きな鏡(全身が写るサイズ)がある事でした。

薄暗い中ゆっくりと音を立てず上がりながら「鏡を見ないようにしよう」と考えた。
そして遂に上り切り、鏡を通り過ぎようとした瞬間なぜかその知人は鏡を横目で一瞬見てしまった。
そこには薄暗く赤い明かりに照らし出された自分の姿。
そして、たった今上がってきたラッタルの最上部だけだったそうです。
そして次直と交代し明日に備えて眠ろうと思い着ていた作業服を脱いでなにげに背中の部分を見るとうっすら手形が付いていたそうです。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【心霊・幽霊話】霊に執り憑かれてる人と車【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは、私が19歳のゴールデンウィークに体験した話です。
私は二人の友人とともに、車で海水浴に行く途中でした。
車が渋滞に阻まれ、なかなか進めずにいた時です。

運転をしていた友人が、ニヤニヤしながらこんな事を言い出しました。

「こんだけ沢山の車があるんだから、霊に執り憑かれてる人とか車があるかもしれないな」
「もしかして、すぐ前の車とか後ろの車がそうだったりして」

すると、助手席に座っていた友人が、すぐにこう言うのです。
「だったら暇だし、こっちに幽霊、来てくんないかな」
私はその言葉を聞いた時、友人が言ってはいけない事を口にしてしまったような気がしました。

だから私は「おいおい、ホントに幽霊こっち来たらどうすんだ」と思わず言ってしまったのです。
しかし、私の言った事が彼を刺激してしまったのでしょう。
彼は「そしたら幽霊ちゃん、たっぷり可愛がってやるよ」と言って、笑い出しました。

それにつられたのか、もう一人の友人も「めんこくねぇ幽霊が来たら、どつく」と言って、一緒に笑い出します。
そんな二人に私は呆れてしまい、もう何も言えませんでした。
でも、二人はすぐに黙り込んでしまったのです。

私は不思議に思い、「おい、どうしたんだよ急に」と尋ねてみました。
すると二人は、代わる代わるこう言うのです。

「バックミラーに、何人かの人影が映っている」

「サイドミラーにも、写ってるぜ」

私は彼等の言う人影を確認し、ゾッとしました。

するとその時、突然に車が振動し、すぐに動かなくなったのです。
後ろの車はクラクションを鳴らし前進を促しますが、私達の乗っている車は動き出す気配すらありません。
運転をしていた友人が、堪らず声を荒げて叫びました。
「ちくしょう、動きやがれ!」

すると突然に車が動き出し、その瞬間に女性の声が聞こえたのです。

「私は連れて行ってちょうだい」

「顔には自信があるから」

その後の記憶はよく覚えていませんが、全員泣きながら車を運転して、ファミレスへ逃げ込みました。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【心霊・幽霊話】微動だにしない女【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

後輩は、某コンビニの深夜バイトをしていた。
そのコンビニは、深夜になるとかなり暇になるらしい。
後輩はいっしょにバイトしている先輩と、いつもバックルームでのんびり漫画など読んで過ごしていた。

ある日のこと。

いつもと同じようにバックルームでお菓子を食べながら、後輩は先輩と駄弁っていた。
仕事と言えばたまにモニターをチェックするくらいである。
モニターは画面が4分割されていて、レジ2箇所、食料品棚、本棚を映している。
ふと見ると、本棚のところに女の人が立っているのを後輩は見つけた。
腰まである異様に長い髪をした女の人だ。
「おかしいな、チャイム鳴らなかったぞ」と先輩はいぶかしむが、たまに鳴らない事もあるので、さして深く考えず二人はまたしゃべり始めた。

しかし、である。

いつまで経っても女の人は動く気配を見せない。
本を読んでいるのかと思えば、何も手にしていない。
ひたすらじっと本棚を見つめているだけである。

「おい、こいつ万引きするつもりなんじゃないか」先輩が言った。

どことなくおかしな雰囲気のする女の人である。
後輩もその考えが浮かんだところだったので、頷いた。

二人で挟み撃ちすることにして、バックルームを出る。
先輩はレジ側から、後輩はバックルームへの出入り口から本棚へ向かう。
いざ本棚へ到着してみて、二人は首をかしげた。

そこには誰もいなかったのだ。

おかしい。

絶対挟み撃ちにしたのに・・・。

すると、トイレのほうから水を流す音が聞こえてきた。
何だ、トイレに入っていたのか。
おかしな人だな、と思いつつ二人はすぐバックルームへと戻った。

しかしモニターを見て、二人は初めてぞっとした。
さっきと全く変わらない立ち位置で、女の人が本棚を見つめていたのだ。

早い。

早すぎる。

トイレからそこへ向かうのと、バックルームへ戻るのとでは明らかにこっちの方が早いはずなのだ。しかも、なんで同じ格好で本棚に向かってるんだ?
もしかして、モニターの故障では。

顔を見合わせ、頷きあって二人はもう一度、バックルームから挟み撃ちの隊形で本棚へと向かった。すると、また女の人はいない。
冷や汗がにじむのを感じながら、今度は何も言わずに二人はバックルームへと戻った。

無言で、しかし真っ先にモニターを確認する。

「あ、いなくなってるぞ・・・」

先輩が呟いた通り、モニターからは女の人の姿は消えていた。
後輩の心中にほっとしたものが広がる。
よく確認しようと、先輩の横に顔を乗り出した。

その時。

「待て、動くな」

先輩が突如、押し殺した声を出した。

は?と思ったが反射的に従う。

二人、モニターを覗き込んだ格好のまま固まっている。
「いいか、絶対に今振り向くなよ」やはり先輩が押し殺した声で言った。

何でだろう、と思った後輩だが、モニターをじっと見てそれを理解した。
本棚を映すモニターには確かに何もいない。

しかし右上に設置されているモニター、つまりレジを映しているモニター。

そのレジの後ろのバックルームの中を覗き込んでいる女性が映し出されていた・・・。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+

【心霊・幽霊話】おかしくなった息子【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私の妻は、二週間前に病死しました。
妻の死は、私の一人息子にとってあまりにも悲しい出来事だったのでしょう。
いつも素直で、明るく元気だった息子は、妻が死んだ時、泣きながら妻の亡骸から離れようとしませんでした。
それ以来、私の息子は口数が少なくなり、いつも一人でブロック遊びばかりをするようになったのです。

また、妻が死んでからの息子は、毎日おねしょをするようにもなりました。

それでも私は、「時間が経てば息子も心の傷が癒え昔の元気を取り戻すだろう」と、楽観的に考えるよう努めていたのです。
そして、私は毎日、息子に明るく接するようにしていました。
でも、私には仕事もあり、息子と一緒にいられる時間が限られていたのです。
私はそれが歯がゆくて、会社でも息子を心配するあまり仕事で致命的な失敗をすることもありました。
そんなある日、私が会社から帰宅すると、何と息子が灯油を手ですくい舐めていたのです。
私は慌てて、息子を叱り付けてしまいました。
でも、それからも息子の奇行は修まらなかったのです。
治まるどころか、息子の奇行はどんどんとエスカレートしていきました。
砂や粘土を食べたり、クレヨンを食べたりと、とにかく息子は何を食べるか分からない状態だったのです。
私はやむを得ず、息子が変な物を口に入れないよう部屋に閉じこめ、会社に行きました。
「仕事が終わったら、すぐに病院へ連れて行こう」私は、そう考えていたのです。

でも、それが間違いでした。

私が息子の所に来た時、すでに息子は死んでいたのです。
息子は部屋中に「おとうさん、だして」と書いていました。
息子は飲み込んでいたクレヨンを吐き出し、そのクレヨンを使って書いていたのです。
息子は、さぞかし寂しく不安な気持ちだった事でしょう。
私はすぐに、息子の亡骸を部屋から出して上げました。
そして私は、「ごめんなごめんな」と泣きながら、何度も息子に呟き続けたのです。

息子の葬式中も私は、息子に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
だから私は、息子が安らかに成仏できるよう懸命に祈ったのです。

でも、無駄でした。

息子は、まだ成仏できずにいます。
その後も、息子を閉じこめた部屋から声が聞こえました。

「おとうさん、だして」
「おとうさん、だして」

と、息子の声が・・・。

息子は、部屋中に「おとうさん、だして」と書いていました。
椅子に登り、高い所にまで・・・。

そして息子は、椅子から滑り落ち、恐怖のあまり目を堅く瞑ったまま死んでしまったのです。
私は息子の声に耐えられず家を売りました。
そして、今でも私は息子を閉じこめた部屋に近付く事がありません。
きっと息子は、今でも目を閉じたまま出口も分からずに叫び続けているでしょう。

「おとうさん、だして」と・・・。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+