【怨念・呪術話】ポスターの裏【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは私が小学校5、6年だった時の話です。
実話かどうかは確認しようがない状態なのでなんとも言えません。

その当時、ビックリマンチョコが流行っていてよくシールの交換をする仲間内の一人が友人のO君だった。

O君はゲーム機をたくさん持っていてPCエンジンからツインファミコンまで物凄い数のソフトがあったので、遊ぶ時は大概O君の家に集まった。
O君の家にはおばあちゃんと父親の3人暮らしで、おばあちゃんは常に家にいたのを覚えています。

その日、いつもの様にO君の家に遊びに行くと、いつもは何人か溜まっているのにその日は誰もいませんでした。 Continue reading “【怨念・呪術話】ポスターの裏【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】めっちゃ混んでるバス【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

うちの母さんと妹が二ヶ月前くらいに体験した話。

急用で実家に行ったその帰り、夜の七時くらいにE県とK県の県境を車で走ってた。

高速道路が苦手だから敢えて山道を選んだらしい。
で、車走らせてて、気がついたら前方にJRバスが走ってたそうな。
まあ別に普通のことだし、時間も時間だからガラス越しに見える後部座席とかもうガラ空きで、母さんは特に気にせず運転していたらしい。

けどそのとき助手席に座ってた妹が前方眺めてぽつりと。
Continue reading “【心霊・幽霊話】めっちゃ混んでるバス【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】閉店が近づいた銭湯にて【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

俺が小学生の頃の話だけど、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。

老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。
俺の爺さんはそこがお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。
何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。

ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。

服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。
いつもは閑古鳥が鳴いているこの銭湯が、どういうわけか満員だった。

浴槽は芋洗いだし、洗い場も一つも席が空いていない。
後からきた親父も驚いていた。
Continue reading “【心霊・幽霊話】閉店が近づいた銭湯にて【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】僕は子供に好かれる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

家内は子供のときから人に見えないものが見えるそうで、そんな家内と一緒の暮らすようになってからの話。

僕は子供に好かれるたちで、仕事も教育関係で働いています。

その日も仕事が終わり、夜の遊歩道を歩いていました。
人は誰もおらず、田舎なので音さえしません。
すると、急に右脚に何かがぶつかる感触を覚えました。
Continue reading “【心霊・幽霊話】僕は子供に好かれる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【怨念・呪術話】ストーカーの延長【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

今の主人と同棲中の頃の話しです。

数日体調が悪く、風邪でもひいたかなと休んでおりました。

ある日、眠っていたら金縛りに遭い、「大丈夫疲れているだけ」と自分に言い聞かせ、金縛りが解けるのを待ちました。

まぶたは閉じているはずなのに、何故かうっすらと周りの環境が見える。

「え?どうして?」と思っていたら私の頭の上から黒い影が上へ上へとあがってきました。

「なに?え?これなに?」とガクブルしていると、それが私の顔の上に覆いかぶさる位まで伸び、手のような物がそれの脇から伸びてきました。

「手だ!」
そう思った瞬間に、 Continue reading “【怨念・呪術話】ストーカーの延長【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】部屋にあげてくれない彼女【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

数年前の夏のこと。

「見ちゃだめぇ!」

その一言からはじまった。

彼女と連絡が2週間も取れなくなり、心配になった俺は彼女のマンションに様子を見に行くことに。

鍵は開いていたから勝手に入った。
だって呼びかけても返事がなかったから・・・。

「ん・・・なんか臭い・・・。」
Continue reading “【心霊・幽霊話】部屋にあげてくれない彼女【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”

【心霊・幽霊話】性欲がない理由【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

大学時代に付き合ってた彼氏の話です。

付き合い始めて一年半ほどたったころ、彼は引っ越したのだが、その頃からあまり夜に求めてこなくなった。

浮気してるか、別れたくなったのか、疑心暗鬼になった私は、ある日酔った彼に問い詰めた。
彼はなんだかんだと理由をつけて、なかなか口を割らなかったのだが、とうとう観念したのか、こんな話を私にした。

引っ越してからすぐ、夜寝ていると物音で目が覚める。
シャンシャンという金属音だが、出所がよくわからない。
一週間ほどたったころ、その物音で目覚めると、奥の部屋からそろりそろりと和服の女が近づいてきた。 Continue reading “【心霊・幽霊話】性欲がない理由【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】”