【#ゾッとする話】【#怖い話】ホラー系恐怖漫画【#実話】

【#ゾッとする話】【#怖い話】ホラー系恐怖漫画【#実話】

本にまつわる話。
古本屋をよく利用している私ですが、たまにはホラー系恐怖漫画も読んでみようかなという、軽い気持ちが始まりだったんです。

郊外のある系列の古本屋で本を買って家に帰ってから、上手く言いあらわせないんですが、ちょうど急に両肩がずしりと重く感じるようになったんです。
首と肩あたりがちょうどひどい肩凝りに襲われる感じです。

どうしてなのでしょう?それまでは体調も別に悪くなく元気だったのに。
2日目、肩から背中にかけて痛みは収まらない
あの日買った3冊は
・脳味噌を移植して別人格になった女の子の話を描いた恐怖漫画
・ごく普通の少女向けコミック(とくに変わったところはないけど...)
・読者投稿をまとめた単行本(シリーズの第1巻、100円だったので買った、ただ、手にとった時に、いやな感じがした。)

3日目、息苦しさと肩凝りはさらにひどくなっていて、休むために横にならざるを得ませんでした。
買った本をこれ以上持っているとヤバいと感じ始めました。

次の日、だるい身体にむち打って急いで車を走らせて古本屋に直行、開店直後に速攻で売り祓いました。

本を手にとった時になんだか嫌な気分を感じたら、買うのは控えたほうがいいなと思いました。

ただ、その本の名前を出すとシャレと思われそうなのであえて伏せておききますが、知っている方が多い本と思います。

【転載元】

拾い物