【#長崎の心霊スポット】 雲仙ニューグランドホテル - あかずの間に入ったら・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

長崎県雲仙市にその昔雲仙ニューグランドホテルという廃墟のホテルがあり、現在はさら地となっていますが、そこでの心霊体験談です。

遊び半分で10人で夏休みの深夜、雲仙ニューグランドホテルの廃墟へと侵入。
0時に到着。
2人は怖いからといって門の外で待機。
その他はホテルを左から右へまんべんなく散策していった。

目標の場所は屋上。部屋のドアは全て開いており、何も起きない。
ただの暗闇と汚く散らかった廊下と個室ばかり。
騒ぎながら屋上まで到達した。

「なにも起こらなかったね~。」

と言いながら、下の待機している2人へ手を振ると、何が2人がこちらに向かって叫んでいる。
良く聞くと

「霧が掛りだしたから、もう降りて来い!」

と言ってました。
屋上の皆はどの言葉で濃い霧に気付きました。

あっと言う間に霧が立ち込め、下の車のライトしか見えなくなりました。
この時の時刻は2時。
2時間も旅館内を歩いていたの!??と驚きました。

皆、2時間歩いた感覚が無かったんです。
だって、皆駆け足で、早く屋上を目指していたから。。。

なんかおかしいと気づいて皆で急いで来た通りに下を目指した。
すると、前方を歩いていた男子の一人が、

「ここ、通ったよね?」

と言い出すんです。

「なぜ?」

と怖くなって聞くと、男子はドアがしまっている部屋を指さしたのです。
皆は驚きました。
なぜかって?

それは、私たちは急ぎ足ながらも隅から部屋のドアがあかっている事を確認しながら屋上までいったのです。
女子達は危険な感じがして

「いいから、そのドア無視して玄関に行こう」

と言ったのですが、男子の一人が、

「ここ開かずの扉じゃね??」

と笑いながらドアを開けようと言い出したのです。
その男子以外は皆開けることに拒否し、その男子に外に一刻も早くでようと説得したのですが、

「大丈夫だって~」

と言いながらドアノブを回しました。
しかし、開きません。

「もういいから!!」

と言うと、今度は足で勢いよく蹴りました。

すると大きな音を立ててドアが開けられました。
皆は動きを止めて静まり返りました。

ドアを開けた男子はおもしろ半分で部屋に入って行き、私たちを呼びました。
入るのは嫌だったけれど廊下に残されるのも怖かったので入ると、中は窓も閉まっており、家具もない部屋でした。

とりあえず写真を撮って部屋をでました。
部屋の横には階段があり、そこから下にくだろうと全員で階段を下っていたその時、いきなりあの部屋のドアが勢いよく閉まった音がしたんです!
皆はパニックになり、

「後ろ全体に振り向くな!!」

と最後方の男子が叫んだので、皆は必死になって玄関まで走り、二人の待つ車に到着したのです。
皆は

「早く車出して!!」

とパニックになっており、待機していた二人はわけがわからず車をだしました。
車は2台できており、「怖かった」といいながら山を下っていると、突然前の友達の車が止まったのです。

「なんで?」と思って私たちの車も止まりました。
ただならぬ嫌な予感がして、皆が混乱しているなか、後ろがとても気になったのでおそるおそる後方をみると、赤いハイヒールとスカートを履いた上半身がない人間らしきものが立っていたのです。

そこから私たちはどうやって山を下ったのか不明。
しかし、もう山ではない。
もう二度と雲仙ニューグランドホテルには行かないと決めて解散。

後日談、私たちはおもしろ半分でいった事で呪い?なのか偶然なのか、親友の女子が車であわや転落事故になりかねなかった事故に遭遇。

そして、私ともう一人の女友達は車衝突事故未遂、ドアを蹴破った男子は何者から押されて階段から転落して負傷、その他メンバーも原因不明の体調不良がおこった。

いったいこれは、やはり雲仙ニューグランドホテルの祟りだったのか。
最後に、あの部屋で撮った写真にはあの霊の上半身が映っていました。

下半身だけ私たちを追ってきていたのか。。。。
とても恐ろしい体験でした。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+