【#京都の心霊スポット】 宇治川ライン - バイク音が聞こえてきたが、姿はなかった・・・ 【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

大学生の時のことです。その当時の彼氏と宇治川ラインにドライブに行ったんです。
ちょうど今くらいの時期で、桜見に行ったんだけどまだ咲いてなくて。

仕方なく車を止めてしばらく話してたんだけど、真っ暗だし、なんかいやらしい雰囲気に…
でも、当時ウブだった私は恥ずかしくて、「外出てみよう」と彼氏を交わして、車の外にでました。

ちょうどダムかなんかの近くで、川も見えるんじゃないかな、なんて思ったんで。
そしたら、山の上の方からバイクの音がしたんです。

走り屋さんかな?

彼氏がバイクが好きなので、よくバイクの音だけ聞いて「マフラーが…」とかいろいろ言ってたから、私、

「バイクが来るよ」

と彼に声をかけました。
彼も

「珍しい音してるな、しかも速い。もうすぐここらへん通るかもしれんな」

と興味津々で車からでてきました。
彼曰く、バイクの音の主は、相当運転がうまいライダーのようです。

彼ははしゃいで、道路まで見に行きました。
私も仕方なくついていきます。
道路のガードレールに寄りかかって、バイクが来るのを待ちました。

バイクの音はすぐ近くまで来ていて、そろそろ通るかな、と音の方向を見たときです。
一陣の風とともに私と彼の目の前をバイクの音が、左から右へ通り過ぎました。
真っ暗な道だけど、街灯がいくつかついてたから、見えたら何のバイクかわかったかもしれません。

でも、目の前を通り過ぎたのは、音だけだったのです。
しばらく呆然としていました。
姿がないのに、音だけがハッキリ、リアルに通り過ぎていったのです。

あと、バイクの匂いというか、オイルやタイヤの匂いも少ししたような気がします。
でも、バイク自体が、ない。

気がつくと彼が黙って、冷たい私の手を握っていました。
彼の手も冷たく、お互い震えていました。

黙って車に乗って、恐怖を忘れるためか、しばらく抱き合って、黙ってエンジンをかけました。
エンジンをかけて音楽がなると、気持ちも落ち着いて、帰り道はなにごともなかったようにおしゃべりしました。

そんな帰り道、工事中の道があって、一方通行になっていて、カウント式の信号がついている場所があったんです。
たまたま青だったので、そのまま通ると、正面からバイクの音が聞こえてきて、あっと言うまにぶつかりそうになって、彼はとっさに左側に車を寄せましたが、間に合わず、そのバイクにぶつかりました。

でも、それも音だけでした。

耳をつんざくような破裂音がして、彼氏は悲鳴をあげました。
バイクの音は後方に去っていきます。

彼氏は嘔吐しながら、痛い痛いと言って外にでて、しばらく転げ回っていました。
私は救急車を呼びました。

彼氏いわく、バイクにぶつかったんだそうです。
正面から思いっきり。
でも実際は車から出た時、ぶつけて青あざができた以外は怪我はありませんでした。

いまだに、後ろからバイクの音がすると振り返るのに勇気がいります。
もし、姿がなかったら…と思ってしまいます。

【#YouTube】

■心霊スポットマップ

心霊スポットマップはこちらから。

■心霊スポットの怖い話 まとめ [YouTube]

■【心霊体験】【恐怖体験】【オカルト】動画まとめリスト

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー
チャンネル登録お願いします。
YouTube-logo-full_color

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+