【心霊・幽霊話】屋上の女の子【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

いつも屋上で一緒に昼飯を食ってる友達が、
授業の延長か何かでいつもより遅れた。
屋上にはオレと、もう一人、携帯で話してる女子だけ。
上履きが緑色ってことは、オレより2つ上だ。
どこと無くノーブルな感じの背の高い子で、
ぶっちゃけ凄い好みだった。
じっと見るのも何なので、こっちも携帯を弄るフリをしながら
チラチラ横目で見ていた。

と、そこに本当に友人からのメールが来てしまった。

「今日、◯◯(俺の名前)ん所で食お」

仕方なく返そうとして、暫くその女子から目線が外れた。

「なあ、見て、◯◯」

・・・へ?オレの名前?
振り向くと、さっきの女子がじっとこちらを見ていた。
金網を登りながら。

「ちょ、な、何してんねん!!」

駆け寄ろうとした瞬間、彼女は金網の一番上から、つるん、と身を投げ出した。
前回りの様に。

何がなんだか分からなくなって、足が動かないまま、
開きっぱなしの口を閉じることもできなかった。
一拍の後「人、とにかく人を呼ばんと!!」

そう思って入り口の方に向き直った時。

「なあ、見て」

はっきり聞こえる、女の声。

「なあ、◯◯、なあ」
「なあ、◯◯、見て」
「なあ、◯◯、なあ、見て」
「なあ、なあ、見て、なあ、な」

ガチャ。
目の前のドアが開き、向こうから女子の4人組が現れた。
立ち尽くしているオレを見て、微妙な顔をしていたが、
オレの横をすれ違うと、そのまま皆で座って喋り始めた。

足がガクガクしてるのを必死で隠して、教室に戻ると友達はもう前で待っていた。
震えを我慢した腕で弁当を無言で渡すと、窓からそっと下を見てみた。

何もない。
そのまま正面を向いた。

目は合わなかった。

しかし、足は見えてしまった。
緑色の上履き。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+