【怨念・呪術話】机の下にいる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

こっくりさんの外国版(名前忘れたけど)
外国では10円玉を使わず、
透明なガラスのコップみたいなものを逆さにして使うそうです。
それである2人の男が交霊実験と称して、そのこっくりさんをやってみたところ、
霊が降りてきて二人に色々とお告げをしてきたそうです。
それで一人の男が
「あなたは霊ですか?名前はなんというのですか?」と聞いたところ
コップは動き「私は霊ではない」と答えが返ってきました。
「悪魔だ」
と答えが返ってきたのです。

さすがに2人の男もギョッとしたのですが質問を続けました。

「それでは今、あなたはどこにいるのでしょうか?」
すると、「机の下にいる」

ということは今悪魔はこの机の下に「いる」っていうことなのか?

もう完全にブルってしまった一人の男を尻目に、
もう一人の男が興味本位で確かめてみることにしました。
男は座ったまま机の下を覗きこむという体勢をとっていたのですが、
しばらく経ってもなかなか顔を上げません。
心配になったもう一人が「大丈夫か?」とその男の肩に手をかけて起こしてみたところ、
なんとその男の首というか「頭」がなくなっていたそうです。

後日談もあったのですが迷宮入りの事件の方に発展してしまったようですね。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+