【心霊・幽霊話】真っ黒に見えたもの【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

高校3年生の夏のこと。
自分の部屋にクーラーが無いため、その日は居間で受験勉強していた。
目標のとこまで済ませた時にはもう夜中の3時を過ぎていたと思う。

さすがにこれ以上やると明日に響くと思って、勉強はそこで切り上げ。
両親はすでに寝入っており、私のほかに起きているものはいない。
居間の電気を消すと家は本当の真っ暗闇になる。

真っ暗な中、ふらふら壁を探りながら自分の部屋へ向かった。
入り口の引き戸を開けて、すぐ左にある蛍光灯のスイッチを押す。

蛍光灯特有の、点灯前の点滅がチカッ、チカチカッとしたその瞬間、何か黒いものが振り子的な動きでぶわっと目の前に迫った。(浅間山荘の事件で使われた鉄球を正面から見たみたいな感じ)

それにビックリしてそのまま後ろに倒れて、天井のほうに視線がいった。
そしたら、手足をものすごい勢いでばたつかせた赤ん坊が上から落ちてきた。
逆光のせいか、顔は真っ黒に見えた。

その後俺はまぶたくっつくかと思うくらい目を閉じて、そのままの姿勢で硬直していたよ。
金縛りとかそんなんじゃなく、ただ動くのさえ怖かったんよ。

そしてその姿勢のまま朝を迎え。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+