【心霊・幽霊話】霊界行きのバス【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

ある男が夜遅くバスで家に戻ろうとした。
が、駅に着いたときはもはや深夜中なので彼もまだバスがくるかどうかが知らない。

けど家は遠いのでとてもじゃないが歩ける距離ではなかった。

彼は来ないかと諦めかけたとき突然バスが現れた、彼は嬉しくてそそくさに乗りました。
が、ふと違和感を感じてしまった。

こんな夜中に何故か混んでいた、座れる席は一つしかなかった。
それと人が大勢いるのに、誰も口を閉ざし、バス内は静まり返っていた。
不審だと思いつつ彼は唯一空いてた席に座り、隣に一人の女性がいた。
彼女は声を押さえ彼の耳元にこう囁いた「あなたこのバスに乗るべきではないよ。」
彼は黙って続きを聞くことにした。
彼女は続いた「このバスは霊界に行くものよ、あなたのような生きてる人がどうしてここにいるの?このバスに居る人は誰も霊界に行きたくないよ、あなたはすぐ彼らに捕まって誰かの替わりとして死んでしまうわよ」

彼は怖さのあまりで言葉もでなかった。
身を震えながらどうすればいいかでさえわからず途方に暮れてる時。
彼女は「大丈夫、私が助けてあげる」と言い出した。

そして突然、彼女は窓を開けて彼を連れて飛び降りた。
バスの乗客が「ああ!!逃げられちまった」と大声で叫んだ。

彼が落ち着いたとき、彼女と二人で荒れた丘に立っていた。
彼は急いで「助けてありがとう」と伝えた。

彼女の口元が歪み、筋肉が痙攣しながら笑いました。
そして咄嗟にこう言った「これであの人たちと奪い合わなくてもいいわね。」

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+