【心霊・幽霊話】おさげ髪の子【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

妹の話。
学校の大掃除の日のこと。
部室の裏でなにげに一人さぼっていた妹は、窓ガラスに指で絵を書いて遊んでいたらしい。

すると誰かが妹の真横に来た。
おさげ髪なのが、正面向いていてもわかったので、友達と思って落書きしつつ話し掛ける妹。
しかし、返事なし。
ふと、横を見ると誰もいない。
腰がぬけて泣きながらみんなのところへ行ったそうだ。
後でよく考えてみると、おさげ髪に冬なのに夏の制服だったらしい。

後日、友達が学校コックリさんをしていて、そんなことがあった後なので妹は見学してただけだったが。
5円玉(十円だっけ?)が意味不明の言葉をさし続けた後、「マイコトモダチマイコトモダチマイコトモダチ」と指し始めて止まらんかったみたい。

妹ガクブル&大泣き。
マイコはもちろん妹の名前です。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+