【心霊・幽霊話】オカシイおじさん【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

仕事が終わり、男はいつもの帰り道を歩いていた。
ふと視線を感じ、ある家の二階を見上げた。

すると初老のおじさんが窓際に立って手を振っていた。
それも満面の笑みで・・・何か気味が悪かったので無視して家に帰った。
仕事が終わり、またいつもの道を通る。

そしてまた例の家の二階を見上げるとおじさんが満面の笑みで手を振っている。
気味が悪かったのでまた無視した。
これはアパートの管理人から聞いた話。
そのおじさんは稲葉さんといって精神病だか痴呆だかでオカシクなり、家族に相手にしてもらえず寂しくて毎日、二階から道行く人に手を振っているらしい。
ある日、男はおじさんが少し可哀相になり手を振り替えしてやった。

すると稲葉さんは激しく手を振り替えしてきた。

「おじさん喜んでるぅぅ」・・・。
その日から男はその道を通るたびに手を振り替えしてやった。

そんなある日男はいつもと同じようにおじさんに手を振り替えしてやった。
するとおじさんは満面の笑みを浮かべ手を激しく振り替えしてきた。

男もおじさんの様子を見て少し嬉しくなり「おーい!」と頭の上で大きく手を振り替えしてやった。
するとおじさんは窓を開け、満面の笑みで、こう言った・・・。
「いま行くぞぉー!!イェエーー!!!」

そう言うとおじさんは満面の笑みを浮かべ二階から男に向かって頭からダイブした。

・・・おじさんは塀の内側に落ちた、、、「ゴギッ」と鈍い音がした。
直ぐに家族の人が出てきて、男は恐くなりその場から逃げた。
その日、男はおじさんが、あの後どうなったのかが気になりあまり眠れなかった。

次の日。
男は会社の付き合いで帰路についたときには夜中の一時を回っていた。
男は少し気味悪く思い、いつもと別の道で帰ろうかとも思ったが。
やはりおじさんのことが気になり、いつもと同じ道で帰ることにした。
そしておじさんの家を見て、この日、通夜が行なわれたと知った。

男はその場で手を合わせ「おじさん逃げたりしてゴメンなさい」と心の中で謝った。
そして涙を浮かべながらおじさんがいつも手を振っていた部屋を見上げた・・・。

ん?誰かいる。
男は涙を拭き、もう一度見上げた。

その瞬間、背筋がゾー・・・っとした。
死んだはずのおじさんが手を振っていた、、それも満面の笑みを浮かべながら。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+