【心霊・幽霊話】向かいのマンションの女性【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

五年以上も前の話ですが、俺を含む三人で山本(仮名)のマンションへ遊びに行ったとき、そいつの部屋で無駄話とかしていた。
タバコの煙を外に逃がそうと、山本が窓をあけた。

山本はタバコは吸わないので、部屋にニオイがこもるって神経質になっていた。
そしたら、山本は開いた窓辺でじ~っと立って動かない。

「どうした?」ってきいたら、山本は「いや・・・ちょっとあれ」
山本は向かいのマンションの窓を指差した。

確か、おなじ階の窓だったと思う(一段下に見えたが)。
女の人が窓をあけて、カーテン越しにこっちを見ている。
別に不思議でもなんでもなかったが、山本はちょっと変だった。

急に、山本が叫んだ「おい!あれ!」俺たちはもう一度窓によってその女性を見た。

「あれがどうした?」
「でかすぎる!」

俺たちはやっと山本が感じていた違和感に気づいた。

「ええ~!」誰かが叫んだ。

窓の大きさは(アルミサッシ)人間が出入りできるぐらい大きい。
左右に開かれたカーテンからみても、その女性の大きさは以上。
頭は24インチのテレビぐらいあることになる。

とっさに窓をしめ、四人で震えていた。
一時間ぐらいして、そ~っと窓から覗くと、もう向こう側の窓も閉まっていて、見ることはできなかった。
目の錯覚にしても、リアルな感じがする、めちゃくちゃ怖い体験だった。

山本は今もそのマンションに住んでいます。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+