【心霊・幽霊話】追っかけてくる霊【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

小学生のころ、俺は結構人気者で生徒会の役員をやってたんだ。
で、週に1,2回は生徒会の同級生や後輩と生徒会室で夕方遊んでた。

ある日、後輩数人と俺で幽霊の話になった。
全く霊感のない俺は「そんなものいない!」と言い張ってたら一人の女の後輩(実は好意を寄せていた)が「絶対幽霊はいるよ!」と言い返してくる。
(生意気な!)そう思い「じゃあ、近くにいるのかよ!言ってみろよ!」と俺も挑発。
「じゃあ、言うけど、あそこの後ろのドアの横にさっきからずっと立ってるよ・・・」

そんなことを言われても幽霊否定派の俺も黙ってはいられない。
挑発半分、興味半分でその幽霊の詳細を聞いた。
その子は答える「顔が土色で・・、半透明。背はあまり大きくないけど、男の子だよ」

実はビビっていた。
なにせ、その子の友達も「見える」と言い出したのだ。
しかし、女の子の前で調子に乗っていたのか、俺は挑発を続けた。

「どこに立ってる?どんな感じ?どこ見てる?」と矢継ぎ早に聞き、あろうことか、その幽霊がいる場所に立ち、そのまま再現したのだ。
しかも顔の高さとか角度まで聞き、まるっきり同じようにしてやった。

そのとき「きゃああ!!」女の子が叫んだ。

「どうした?」って聞くと「今、笑った・・・、やばい気がする。もうこの話やめない?」って。

ここまで言われたらもうやめるしかないでしょ。
んで、全然違う話をし始めた。
そうしてればその幽霊もどっか行くだろうって言ってたから。
でも、どこにも行かなかったんだ。

女の子は話を突然さえぎって「ずっとこっち見てる。やばい。もう行こう」って言い出した。
ここまでは、まだドッキリとかもありえる。
この子は分が悪くなったから場所を変えるんだ、そう思ってた。

だけど例の女の子が急に全速力で何かから逃げ始めた。
その子は二つの建物に別れている校舎を何週も全速力で走っていた。

ときどき後ろを見ながら「まだ追ってくる!!」って言ってた。
そのとき、初めて「あ、こいつはウソをついてない。冗談であの全速力はない」って思った。

あとから聞いた話、結局その子は下駄箱まで逃げ切り、幽霊は学校の外まで来れなかったんだって。
荷物とか靴とかもあとで友達に持ってきてもらったそうだ。

で、それから俺たちはその部屋をだんだん使わなくなって、その女の子は転校してしまった。
だからその話を確認できる奴は誰もいない。
(転校した女の子以外のメンバーは忘れちゃった)

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+