【心霊・幽霊話】事故現場の親子【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私の家は二階建てのアパートで、大通りから少し離れた細い道に面しています。
その道は近所の小学生の通学路になっています。

車の通りは多くはないんですが、三ヶ月ほど前に事故がありました。
小学生が乗用車に引かれて死んでしまいました。
その現場というのが私の部屋の窓からちょうど覗ける位置なんです。
その事故から二週間ぐらい経ってからでしょうか。
その事故現場には、毎日新しい花束と、お菓子がおかれるようになったのに気付きました。
それから、しばらくしたころに夜そこを通ると、お弁当箱が置かれているのに気付きました。

注意して、その現場を気にしていると。
どうやら朝に花束とお弁当、小学生が帰ってくる頃にはお菓子、夜にお弁当、と置かれているようです。

どうやら、その亡くなった子のおかあさんか誰かが毎日その時間になると、置いていくようだと気付きました。
女性がそこにしゃがんで、ぼうっとしているのもなんどか目撃しました。
それに初めて気付いた時、本当に胸が苦しくなりました。
少し異常にも思えましたが、子供を亡くすとこうもなってしまうものなんだろうなと。

それから、しばらくたった夜。
今から一ヶ月くらい前でしょうか。
深夜に女性が毛布に包まってその現場にしゃがんでいるのを、窓から目にしました。
さすがに、このときは少しゾッとしました。

その日から、深夜に窓から覗くと、毎日その女性が毛布に包まり座り込んでいます。
その女性の気味の悪い行動は徐々にエスカレートしていきました。

はじめは座っているだけだったのが、話し声が聞こえるようになり、深夜の町に声が響くようになってきました。
話の内容まではわかりませんでしたが、だれかが警察を呼んだのでしょう。
警察に連れて行かれた事がありました。

その時の抵抗といったらすさまじいものでした。
すごい大きな声で「やーめーてー!はーなしなさーい!」
「ゆう君がこわがっているじゃない!」と言っていると思うと、今度は「殺してやる!」
「お前もだ!」

なんて恐ろしいことも言っていました。

それでも、なんとか警察は連れて行ったようで、声が聞こえなくなるとほっとしました。
それからしばらくは、その女性も来なくなったのですが。
二週間ほど前の夜です。

窓から覗くとまたいました。
いたというより、そこで亡くなっていました。
サイレンの音で気がつき、窓から覗いたんです。

そしたら、降ろそうとしている最中でした。
事故現場のすぐそばにある電柱から。

その女性と目が合いました。
そして、男の子をその現場で見ました。

警察や消防の人の人だかりから少し離れたところに。
深夜なのに、ランドセルを背負った男の子を。
この子が、幽霊かどうかはわかりませんが、明らかに異様な状況でした。

それ以来、窓は決して開けられなくなりました。
窓から顔を出して、その現場が目に入るのが怖いんです。
私は在宅での仕事をしており、深夜机に向かうことが多いのですが・・・。
机でうとうとすると、どうしても「お前もだ」という女性の声が聞こえてきてしまいます。

アパートの二階は3部屋あるのですが、私以外の二人はすでに引越ししてしまいました。
私も、はやく出て行きたい。
深夜に、仕事をしていると怖くなってきてしまう。

ここに書いて目にした人から、聞こえてくる声は気のせいだ。
霊なんて存在しないと、笑われることですこしは気がまぎれます。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+