【心霊・幽霊話】震災後に借りた部屋の話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

某大震災の後、家の荷物を置くためにアパートを借りた。
震災で倒壊した家からは少し離れてはいた。

しかし、6畳が2つ、トイレ、キッチン付き、駅から徒歩5分で3万円という破格の値段だった。
地震後のボランティア価格で出される物件も多く、風呂も無く築30年以上たっていたのでその価格に納得していた。
仕事場が近いこともあって、俺だけがそこに一人暮らし。
初めてアパートに入ったときから「奇妙な気配」はあったのだが、その日はとくに強かった。
TVを見ながらもちかえった書類を片付けていると、玄関を開ける音がして足音が近づいてきた。
どうやら隣の部屋に入ったようなのだが・・・。

家族の誰かが荷物を取りにきたのだろうと無視していたが蛍光灯をつけた気配が無い。
そのまま何かを探すような音は続いている。

じわじわと恐怖が心の中を広がる。
焦りのためノドが渇いてきたのだが、その部屋の前を通らないとトイレにも台所にもいけない。
湧きあがる恐怖を打ち消して台所に向かった 。

音のする部屋にはだれも居なかった。
すぐにでもアパートを飛び出したかった。
が、こんな現象は初体験のオレは気のせいということにして。
そのままコンビニに酒を買いに行った。

アパートに帰ると点けていたはずの電灯やTVが全て消えていた。
蛍光灯のスイッチを入れても全くつかなかったのだ。
部屋の電気、TV・・・この2つしかつけていなかったのにブレーカーが落ちていた。

それからも怪現象を無視する日々がつづいたのだがある日、いつものように玄関を開けて足音が近づいてきた。
いつものように隣の部屋で止まるかと思っていたが足音はそのままオレの居る部屋のドアの前まで来たのだった。

キイィィドアのきしむ音がする。
部屋の外から蒸し暑い空気が流れ込むのがわかる。

TVはバラエティー番組をやっていてお笑い芸人のバカな笑いが響いていた。
が、オレの周りには張り詰めた空気が漂っていた。

意を決して振り返ると・・・。
ダダダダッと、走り去る足音が聞こえた。
ちびりそうなくらい怖かったが空き巣だったら危険だと思いなおして、玄関の鍵を確認に行った。
空き巣ではなかったようだ・・・。

部屋に戻って怖さのあまり酒を煽りながら仕事を続けた。
しかし、玄関を開ける音、近づく足音はずっとやむことは無かった。

いまはアパートを引き払って、建て直した家に住んでいる。
そのアパートを引き払うときに管理人さんが言った言葉が忘れられない。

「ココ最近ではアンタが一番長持ちしたね・・・荷物置きって言うから貸したんだけど、実際に住むとは思わなかったよ」

ふざけるな!と思った。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+