【怨念・呪術話】呪いの方法【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

下らない話なんでスルーして結構。
父が再婚し、新しい母が出来たのだが、ドラマに出てくるようにムカつく女で、単純に言うと、父の前ではいい顔をし、私の前では罵声など当然・・・といった感じだった。

しかも超ドケチで、空のペットボトルを歯ブラシ立てに使い、父に「生活の知恵があっていいな」などと誉められて、喜んでいるバカ女だった。
その日、父とその女が旅行なので、友達を呼んで泊まらせることにした。
二人とも怖い話が大好きで、一緒にパソコンで怖いサイトを見まくっていたが、普通の『心霊体験談』では物足りなくなり、呪いの方法やら自殺サイトやら、危ない系のものを見始めた。
そこで見つけたのが、『嫌いな奴を不幸にする呪いの方法』。

(知ってる奴も多いと思う)その方法っていうのが、まず夜中に(時間は書いてなかったが)ペットボトルに10円玉を入れ、嫌いな奴の髪の毛を入れる。
「◯◯(嫌いな奴の名前)死ね死ね」と念じながら、ペットボトルの蓋を閉じる。
それを神社に埋めておけば自然と呪いは起き、呪われた奴は不幸のドン底・・・という内容だった。

なんか幼稚園児が考えそうな呪いの方法だったが、他の呪いは『ネコの血』だの『ねずみの死骸』だの、入手困難なものが必要だったため、とりあえずコレやってみよーよって話になって用意した。

調度歯ブラシ立てになってるペットボトルを使うことにし、髪の毛は当然あの女の。
(ベッドの枕に何本か長い毛がついているので、それを使った)友達は「本当に呪われたらどうすんの」とちょっと心配していたが、本当にあんな女死ねばいいと思っていたので、迷わず決行。
その時、部屋は明るかったのだが、空間が変な感じがした。

10円玉と女の髪の毛を入れる。
「どの神様でもいいのであの女を殺してください」と念じながら蓋を閉じる。
家の裏は神社なので、すぐに埋めに行った。

効いても効かなくてもザマーミロって感じで、家に帰った。
しばらくしても呪いの効果は出ず、その女は相変わらず私に意地悪し続けた。
たぶん、そっから1週間くらいたった日、あの女が包丁で指を切って血を流していた。
「何見てんのよ!あっち行ってなさいよ!」と怒鳴られたので、わざと「いい気味」っていうような笑いを見せて、部屋に戻った。

次の日、あの女は階段から落ちて捻挫した。
その3日後に、また階段から落ちて、鼻を強打し骨折。
なかなか呪いが効いてきたではないか、と思った。
一緒に呪いをやった友達に、「効果が出てきたよ~」と報告すると、友達は静かに口を開いた。
「ペットボトルに10円は入らないよ・・・」

その時は何言ってんのコイツと思ったが、まさかと思い、家でもう1度ペットボトルに10円を突っ込んでみると、10円がでかすぎて入らない。

友人は気づいてからずっと言おうと思ってたらしいのだが、怖くて言い出せなかったらしい。
なぜあの時はすんなりと入ったのだろう?なんか嫌な予感がするので、今から神社に行って掘り返してきます。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+