【心霊・幽霊話】危険な百物語【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

夜、友達と集まって怪談話やり合ってたんだよ。
まあ、百物語とかってやつ?
部屋暗くしてロウソクつけてさ。
なんか雰囲気だけでも出そうと思ってね。
それで8人集まってやってたんだけど、俺の番になったんだよね。
4番目くらいだったかな?で、舞台は無いけど前の方に行って、みんなの方見て話し始めたんだよ。

内容はどこかの怪談本からそのまま。
情けないけどネタが無かったんだよね。
そんで話が真ん中辺りまで来たんだけど。
みんな黙って静かに聞いてんのに、一つだけ壁に映った影が踊りを踊ってるんだよね。

ロウソクの火が揺れるから影だって揺れるだろうけど、他の影は静かに揺れてるだけなんだよ。
問題の一つだけが立ってて、踊るみたいに激しく手を振って動いてんの。
俺、ゾッとしちゃってさ、なんかどもり始めちゃったら他の一人も気が付いて、大騒ぎになっちゃったの。
みんなで外に逃げちゃってさ。
ファミレスで時間潰して戻ったら影はいなくなってたよ。

なんだったんだろうね。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+