【心霊・幽霊話】警備報告書【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは、ある小さな美術館常駐警備者からの報告。
季節はまさに今頃、ちょっと気になる警備報告書。

Aさんの報告書「異常なく業務終了」

Bさんの報告書「体調不良で早退。詳細は口頭で報告します」

信用問題にかかわる様な事があったのに管制に報告が無いのは大問題。
Bさんを会社に呼び詳細を問いつめてみた。
その時彼は防災センターで警備報告書を用意していたそうだ。
チラっと駐車場防犯カメラに何か写った気がした。
見るとカメラの1つに人影が写ってる。

車上泥棒?何にせよ敷地への不法侵入。
人影は停まっている職員の車そっちのけでカメラを気にしているように見えたそうだ。

すぐに無線で館外巡回中のAさんに無線で指示。
いまや人影は異常なまでにカメラに顔を近づける。
まるで防災センターを覗きこもうとするかのように目をカメラに押し付けている・・・。

そこにAさんからの無線がは入った。

「え~駐車場人影ありません。何番カメラでしょうか?どうぞ」

異常な映像が映し出されてるのは3番カメラ。
しかし、3番カメラが写る4番には困惑するAさんしか写っていない。
・・・BさんはAさんに体調不良を伝え、早退を決めたそうだ。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+