【怨念・呪術話】呪いたかったらしい【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

高校時代の話。
友人Aが私を呪いたいらしかった。

「好きな人と両想いになれるんだよ!」って教えてきたおまじなは、ひとりかくれんぼ。

「これをやると幸福の神様を呼べる」って教えてきたのは、蠱毒。
「これをやるとお金持ちになれる」って教えてきたのは、たぶん洒落怖にあるリアルって話のヤツ。(うろ覚えだが、姿見の前に立ち、半歩足を動かしてくるりとまわってお辞儀~みたいな感じ)
生き人形遊び(?)だとか、お憑かれさまとか、他にも色々。
あと、ドアを開けて「お入りなさい、早くはいらないと~」とか言って、風が吹いたら閉めるみたいなやつとか。(あきらかにやばいもの呼び込みそうだけどどうなんでしょう?)

私に霊感は全くないけど、オカルト系の話が好きでここに入り浸ってるから、たいていの話は知ってるし、知らなくても「なんとなく呪いの儀式っぽくね?」と思う。

最初は、「それ怖い話に合ったやつだよ、たぶん呪いだよ」って教えてた。
そうすると彼女はきまって残念そうな顔をするから、ああ呪いたいのかな、って思った。
それ以降も「私もやったから!B(私)ちゃんも試してみて!」としつこい。
面倒くさいので「興味ないからやらん。道具準備できない」でスルーしてた。

そんなある日の昼休み、Aが唐突にキレた。
わけのわからないことをぎゃーすかと喚いていたんだけど、少しだけ何を言ってるか聞き取れた。

「なんでダイエットなんかしたの、お前なんか引き立て役でいればよかった」
「痩せてもブスはブス!調子に乗りやがって死ね!」
「15kg(痩せた分です)とかウソだろ死ね!」
「呪ったのになんで死なないんだゾンビ!」

呆気にとられる私に掴みかかろうとするAを友人が止めてくれて、誰かが呼んできた担任教師登場、Aは職員室へ連行された。
その翌日から学校に来なくなって、そのうち退学した。

呪い返しって、私にその意思がなくても起きちゃったりするのかな?
私がダイエットなんかしなきゃ、Aは狂わずに済んだかもしれないって時々後悔する。
だけど、体が重くて色々と面倒臭かったんだよ。

祖父母も、両親も親戚一同も私も霊感なし。
私以外はオカルトに縁どころか、興味すらないらしい。
力を持ったお坊さんとか霊能者とか、そっち方面のツテもゼロ。
だからAのことはどうにもできない。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+