【心霊・幽霊話】廃墟になった住宅地【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

学校の帰り道、気が向いたので少し回り道をして裏山を通ってみる事にした。
猫じゃらしで遊んだり、花を摘んだりしながら歩いていくと、幾つかの建物が見えてきた。(それは廃墟になった住宅地で、そこ自体には何度か行ったことがあった)
ついでにここで遊んでいくか、と思いずんずん奥へ入っていった。

1棟、2棟、・・・と来て一番奥の3棟に上り、辺りの気色を見回していた時、うっそうと繁った雑木林の奥に、もう1つ建物があるのを見つけた。
あれーあんなところに建物あったかなー、と思い、とりあえずそこに行ってみることに。
近づいてみるとその建物は他の3棟よりも少し大きく、4階建てだった。
とりあえず1階に登ると、自動販売機があり、見た事も無いジュースが売っていた。
何も書いてない真っ赤なラベルのもの、旧字体がびっしり書いてあるもの、「血」と書いてあるもの、細かい文字で「ありがとう」とびっしり書いてあるもの・・・それを見て少し怖くなったが、とにかく2階に上ってみることにした。

2階に上ってバタバタドアを開けまくって遊んでいると1つだけ開かないドアがあった。
しょうがないのでドアの新聞受けから覗き込むと、誰かの顔が見えた。
まだ幼稚園くらいの幼い男の子の顔だった。

一瞬びびったたが、向こうからテレビのアソパソマソの歌が聞こえてきたので、「誰か住んでたのか」と思いほっとした。
幽霊が出るとき普通アソパソマソの歌なんか聞こえてこないよな。

安心した俺は、向こうの男の子を笑かしてやろうとバイキンマンの物真似をした。
男の子はキャキャと声をあげて笑った。
俺は調子に乗ってドキンちゃんの物まねもした。
男の子はまた笑った。
よし、次は木の枝でも突っ込んで脅かしてやろう。

俺は木の枝を探す為に一旦新聞受けから顔を離した。
木の枝を探す俺の視界に開いたドアが入る。
俺はふと違和感を感じた。
何かがおかしい・・・。

ドアの向こう側は、新聞受けのポストになっていたのだ。
幼稚園の男の子と言えども、顔なんて突っ込めるはずはない。
それに気づいた瞬間、ドアノブがすごい勢いでガチャガチャと回り始めた。
俺は2階から飛び降り、めちゃくちゃに走って家に着いた。
どこをどう走ったのか全く覚えていない。

それから何度もあの廃墟に行ったが、一度もあの4棟目の建物を見つけた事はない。
雑木林の中に友達を連れて行ってみた事もあったが、見つからなかった。
何よりも、雑木林の奥は、崖になっていたんだ。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+