【心霊・幽霊話】ついてきた女の話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

3~4年くらい昔の話になるが。
ある夜(夏の深夜1時くらいだったと思う)母親に明日の朝食のパンを買ってきて欲しいと頼まれた。
自分も小腹が減っていたためコンビニに行く事にした。
自宅前の線路沿いの小道をスクーターで走ってコンビニに行く。
途中踏み切りを渡るのだが行きの道中では何の異常もなかった。

一通り買い物を済ませて来た道を帰る。
すると踏み切りの手前に人影がある。
踏み切りの近くの街灯でかろうじて女の人だとわかった。
こんな時間に出歩いている人がいるとは珍しいなと思った。(田舎なので深夜になると車も走っていない。)
あまり霊の類は信じていなかったが一瞬幽霊ではないかとドキッとした。
その女性は踏み切りを渡ろうともせずに踏み切りの手前で立っているだけである。

気味が悪いがその踏切を通らないと結構な遠回りになる。
意を決してその女性の横を通り過ぎた。
通り過ぎる瞬間気が付いたのだが女性は俯きながら何かブツブツ呟いていた。
踏み切りを渡り左折のため一度止まった。

気になったのでもう1度女性の方を振り返ってみた。(消えてたらどうしよう?などオカルト的なことを考えて・・・)
女性はこちらを見たまま先ほどと同じ位置に立っていた。

「何だやっぱりちゃんとした人間だったか」と少し安心してそのまま自宅に帰った。
その日朝早く起きなければならなかったのですぐに床についた。

床についてから間もなく電車の物凄い急ブレーキの音で飛び起きた。
自分の部屋を出るとその音で起きたのか弟と父親が居間に入ってきた。

「凄い音だったな」などと少し話していたが朝早く起きなければならないと言う事もあって寝ることにした。

その日もいつも通り学校に行き、夕方には自宅に帰ってきた。
夕飯の時間になり新聞を広げていた父親が小さな記事を指差して言った。

「今朝のブレーキ音は飛込み自殺らしいぞ。女の人が貨物列車に飛び込んだらしい」

その時ドキッとした。
まさかあの女の人じゃないよな・・・嫌なイメージが脳裏をよぎった。

場所といいタイミングといいそう考えるのが普通だった。
あまり人の死というものを感じたことがなかったのでその時だけでも洒落にならないほど怖かった。
しかし、その後まさかこれ以上の恐怖が襲ってくるとは夢にも思っていなかった。

それから何年かしてそんな事件も記憶の片隅で忘れ去られていた。
ある日母親が少しオカルト系が好きなだったこともあり、隣の市に住む有名な霊能力者の自宅に行く機会があった。(霊能力者と言っても職業にしているわけではない。)
霊の類は信じていなかったが面白半分でついて行くことにした。

6~7畳くらいのマンションの狭い1室に6人ほどの人が集まっていた。
しばらくその霊能力者の体験談を聞いていた。
その後集まった6人の守護霊を見ようという事になった。
これは面白いことが始まったと内心浮かれていた。
10分ほどして自分の番が回ってきた。

その霊能力者がジッと私の両肩の上あたりと頭の上あたりを凝視した。
間もなく霊能力者が口を開いた。

「貴方には御三方の霊がついています。まず先祖とおぼしき男性が1名」
「先祖ではないのですが貴方の才能を伸ばしてくれている男性が1名」
「あと自殺で亡くなっている女性が1名見えます」
「男性2名は守護霊ですが女性の方はどこかで拾ってきたみたいですね」
「害はないのですが憑いていても良いことないので払っておきます」

!!!その言葉を聞いてあの事件を思い出し恐怖が一気にピークに達した。
その場で払ってもらったが何年間か一緒にいたかと思うと洒落にならなかった。
何で俺に憑いてるんだよ~~ただ死ぬ前に偶然会っただけじゃないかと半泣きだった。
そんなこんなで今に至るわけだがちゃんと離れていってくれたのか霊感に無縁な私は不安でしょうがない。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+