【怖い話】刑務所には被害者の霊が集まる|夏のホラー、冬のホラー

私の同級生の父親の話です。

同級生の父親は警察官なんですけど、警察とゆう仕事柄、様々な事件を取り調べますよね。
事件と言っても家族にはほとんど仕事については話した事なかったそうなんですけど、今から話す、動物の虐待の事件はお父さんから口にしたそうです。

ある街で約半年で異常な数の猫の死体が発見されました。
どれも無惨な姿だったそうです。

毒死や、耳を切られて死んだり。
首に、釘を刺されてたり。
他にも見てはいられない殺され方だったそうです。

その犯人(K容疑者)は捕まって現在は刑務所に入れられてるので安心なんですけど、刑務所に入ってからK被告の行動が日に日におかしくなっているそうなんです。
同級生の父親は、刑務所勤務じゃないので話を聞くだけなんですけど、話がリアルすぎるそうなんです。
K被告は入ったばかりの頃、就寝の時に「眠れない!うるさい!あっちいけ!殺さないでくれ!」と叫ぶんだそうです。

刑務官が、「◯◯番!静かにしろ!」と注意しても叫ぶんだそうです。

「俺を助けてくれ!!」と泣きながら。
あまりに酷い為、医者に見てもらうと解離性(転換性)障害と診断されたそうです。

でも刑務官の間では、あれは、病気じゃない。
本当に見えるんじゃないか。
と噂になりました。

今では、個室に入れられてるんですけど、毎晩、声が廊下まで響くそうです。
さすがに、刑務官も呆れて何も注意しなくなり、ただ毎晩K被告の声が響きます。

一人の勤務が終わった刑務官がロッカーの部屋にいた同僚に言いました。

青ざめた表情で「僕、霊感があって心霊的なものが昔から見えたり聞こえたりするんですけど・・・K被告は本当は病気じゃないですよ。僕、聞こえるんです。憎しみを込めたような鳴き声でウーウーウーウーギャーヲー(うまく言い現せない)って叫んでK被告の周りを飛び回ってる猫達が。
懸命に爪を立ててかかじろうとするんです。生きてる猫の顔じゃないです。怒り狂った恐ろしい顔で。嘘じゃないですよ・・・。正直僕も不気味なんです」と言うんです。

本当にあるんだそうです。
加害者に殺された者の呪いはもちろん動物の呪いも・・・。

刑務所には様々な霊達がくるそうです。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+