【心霊・幽霊話】峠のギャラリーの正体【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私の田舎には走り屋が集まる峠道があり、私もよく行っていました。
ある夏の終わり、週末の夜に友達と一緒にその峠に出かけようということになりました。
行ってみると週末なのに殆ど人がいませんでした。
いつもならたくさんいる走り屋もギャラリーもいなくて、峠道はいつにも増して暗い感じでした。

何でだろうと思いながらどんどん走って、折り返し地点になる駐車場まで来てしまいました。
駐車場もいつもは沢山車が来てて、ギャラリーも集まってたりするんですが、その日は一台も来てませんでした。
がらんとした駐車場で、自動販売機の明かりだけが煌々としていました。
もうしばらく待ったら人が集まってくるかもしれないと思って、ジュースを飲みながら友達とだべっていました。

ふと気がつくと、駐車場の反対側に、5,6人の男女のグループがいました。
「やっぱり誰か来てるじゃないか」と思いました。そっちの方は暗いから良くは見えなかったんですが。

そのまましばらくだべってたんですが、友達が、「帰ろう、帰ろう」と言い出しました。
「別にいいじゃないか、もうしばらく待とう」と言ったのですが、友達があまりに真剣な様子なので、納得いかないまま帰ることにしました。

駐車場を出ながら、なぜそんなに帰りたがるのか聞いたら、「向こうにいた連中見たか?ずっと俺たちのこと睨みつけてたぞ」って言うんです。
正直、それがなんなの?って感じでした。

駐車場を下って最初のコーナー集中することにしました。
すると、コーナー脇の所にギャラリーが数人来てるのが見えました。
ちょっと彼らの視線を意識しながらコーナーを抜けました。

次のコーナーに近づくと、また何人かギャラリーがいました。
でも「何か変だな」と思いました。
コーナーが近づくにつれてその違和感の正体がわかりました。

そのコーナーにいた連中は、先ほどの駐車場にいた連中としか思えませんでした。
思い返すと最初のコーナーにいたのもそいつらだったような気もします。
あれ、まさか?と思って脇を通り過ぎながら連中に目線をやりました。
そいつらは私たちを睨みつけてました。黒目のない目で。

私は絶叫、気付いた友達も隣で絶叫です。総毛立つ思いでそこを通り過ぎました。
とにかく早くここから離れたい一心です。それなのに、次のコーナーのところに人影がみえます。
まさか、まさか・・・と思いましたが、やはりそれはそいつらでした。
そいつらは私達に背中を向けて立ってました。
でも首はこっちを向いていたんです。

そこからは地獄でした。
次のコーナー、その次のコーナーにもその連中が立っていて私たちを睨みつけているんですから。
自分たち以外はすれ違う車も後から来る車もないし、心細いことこの上ありませんでした。
ようやく町に出たときは心の底から助かった、と思いました。

友達を送った後で自分の家に帰りました。
週末なのにあまりに早く帰ってきたので母親がびっくりしていましたが、先ほどの事を話す気にはなれませんでした。
母親に風呂入れと言われ、そのときには大分落ち着いてきてたので、言われるまま風呂に入りました。
そして頭を洗っていると、何かが頭に「つんっ」て当たったんです。

一瞬何なんだ?と思いましたが、頭が泡だらけで目を開けられません。
気にしないでまたゴシゴシしだしたら、また頭に何かが当たるんです。
さすが気になってしょうがなかったけど、確認する勇気がありませんでした。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+