【怖い話】立ちションしに入った林で、木に打ち付けられていたのは…|夏のホラー、冬のホラー

この前、犬の散歩を21時頃にしたときの話。
たまたま涼しくて自転車にのって隣町まで犬を走らせていたら、急にオシッコしたくなって緑地公園に駆け込んだんだ。

犬を自転車の荷台に繋いで、ちょっとした林のようなところに駆け込み事をなす。
「はぁー」って、危機を脱出した俺はふと、目の前に何かあることに気づいた。
それは木に打ち付けられた人形で、それも見てるだけで怖い日本人形。

胸のところに五寸釘のような大きな釘が打ち込まれていて、首が手前に、ちょうどうつむいているような状態だった。
何となくしょんべんの軌道を見ていたため目線が木の根元にあった。
よく見るとその木の俺の目線から上へ上へと日本人形が釘づけにされていた。

正直、うわっ、嫌なもの見たなぁと思った。
で、見てると(逃げりゃよかったんだけど)こう、見上げていくとうつむいた顔が見えていくわけ。
一番下(目の前のやつ)から数えて三つ目の人形とちょうど目が合ったとき背筋に悪寒が走った。
暗すぎてあまり見えないんだけど木の上のほうで

「ガッ、ガッ、ガッ」

って音がする。
まるで何者かが次の人形を木に打ち付けているように。
俺自身、稲川淳二とか好んで聞いているタイプだから、予想がつくわけ。(目が慣れるまで上を見上げていてはいけない)

で、視線を、こう、どんどん下に下ろしていくと、人形が顎を持ち上げ、こちらを向いていた。(さっきは俯いていたはずなのに)
叫びそうになったけど、声が出ない。
お経もしらないし、神様に祈る余裕なんかもなかった。

涼しかったはずなのに汗が吹き出て、足も動かず・・・。
そのとき自転車に繋いでいた犬が、自転車を引きずるように、俺のほうに近寄ってきて大きな声で吼えた。
すると急に金縛りのような状態が解けて、足が動く。
もう、無我夢中で自転車を起こし、犬のリードを手に自転車をこいだ。
この話はここでおしまい。

作った話じゃないので、話として面白くなかったかもしれないけど、死ぬほど怖かった。
冷静に今考えると暗闇、目の錯覚、音も鳥か何かがいたのかも知れないけど、犬の吼え声は霊を追っ払う効果があると何かで聞いたような気がするけど。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+