【心霊・幽霊話】塾の先生の体験談【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

これは俺が中学の時に通っていた塾の先生の体験談。

先生は売れる前のTOMCAT(北斗の拳2の主題歌で有名)のメンバー。
その日はメンバーである友達にベースを渡す約束があり、車で向かっていた。
仕事明けで深夜十二時をとうに回っていた。

かなり田舎で、道が分からない。
すれ違う人はおろか、車も通らない。
ぽつりぽつりと民家が点在するが、街灯も無く、田んぼ道が続く。
とある十字路で、電話ボックスを発見。(当時、携帯なんて無かった)
友達に道順の確認をすることに。
今まで東に向かって車を走らせていた。
十字路を左折してすぐに停車。
車は北に向かう格好となる。
公衆電話は四方へ伸びる道のうち、北へ続く道に設置してあった。
その道は急な昇り坂になっている為、ヘッドライトに照らされた部分より上部は暗闇である。

先生は電話ボックスに入ると、何とは無しにヘッドライトに照らされた路面を見ながら電話をかけた。
電話に出た友達に、道を確認する。
ふと、ヘッドライトに照らされた路面と上部の暗闇の境に何かが見える。

「?」

工事現場の看板らしい。

『工事中、御迷惑をかけてすみません』とぺコリと頭を下げたオジサンが描いてあるアレだ。
そう思っていた。
会って話せばいいのに、公衆電話での会話が続く。
その時また『工事現場の看板』に目がいく。

「!!」

さっきよりも手前に来ている!
不信に思い、初めて目をこらす。

『工事現場の看板』では無かった。
5、6才くらいの女の子のように見えた。

「おい、どうした?」友達が聞いてくる。

「なんか女の子がいるんだよ。」

話してる内に『それ』はゆっくりと近付いている。

もう全身がヘッドライトに照らされていた。
赤いワンピースを着た、おかっぱ頭の女の子。
下を向いているので顔が見えない。
現在地の説明は済んでいた。
「おい!そんなとこに家なんか無いぞ。第一、今1時半だぜ・・・ヤバくないか?」
突然、えも言われぬ恐怖感が襲ってきた。

『ソレ』は10メートル位まで近付いていた。
まっすぐ電話ボックスに向かってきている。
電話を切り、電話ボックスから飛び出した途端、「ギャハハハハハハハハ!」『それ』が笑い声を上げて走ってきた!
心臓が締め付けられるような恐怖。
車に飛び込んだ。
同時くらいに『それ』がフロントガラスに覆い被さる。
「ギャハハハハハハハハハ!」凄まじい笑い顔をしていた。

黒目が上を向いている、口の中が真っ赤だ、歯が見えない。

「うわあぁぁぁぁ!!!」ギアをバックに入れ、急発進。
『それ』を振り切り友達の家まで辿り着いた。

===後日談===
上り坂の先には精神病棟があった。
そこから抜け出してきた患者さんかも知れない。
もう一つ・・・その際には暗くて見えなかったが、十字路の西側に公園があったんだそう。
そこで何年か前に、女の子のバラバラ殺人があった。
もちろん前者であると信じたい。
先生がコミュニケーション作りとしてした話かも知れない。
しかし今でも時々思い出して鳥肌がたってしまう。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+