【心霊・幽霊話】夜勤でのトイレ【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

彼は病院で仕事してるんすけど夜夜勤で働いてたら、ドアがトントンとノックされたとのこと。

「はい?」

でも返事がない。

自分以外にもまだ誰か残ってるのかななんて思いながら無視してるとまたトントン。

「誰ですか?」

また返事がない。

おいおいなんかの冗談かよ・・・。
やめてくれよ・・。
ってな時またトントン。
恐くなって彼は扉までダッシュしてドアを開けました。
誰もいない。

ぞーーーっとなって彼は元の場所に戻ると帰り仕度を始めた。
するとまたトントン。

「....」

するとまたノック。

彼はめっちゃ恐くなったんだけどどーしようもないので「すいません・・・。誰かそこにいるんですか?」

返事なし。

「本当にいたらもう一回、ノックしてくれますか?」

トントン

「生きてる人ですか?もしそうだったらノック2回してください...じゃなかったら、1回してください」

トン・・・。

ぎゃーやめてくれーー!とはいってもここでもうやめるわけにもいかず「この病院で死んだ人ですか?もしそうならノック2回お願いします。違うなら1回お願いします」

トントン・・・。

「男の人ですか?なら2回してください。女の人ですか?だったら1回おねがいします」

.....

「あれ?返事がない・・・。もうかえりてぇええ」
「あなたはそこに一人ですか?だったら1回ノックしてください。二人でしたら2回ノックしてください」

すると

ドカドカドカドカドカドカドカ!!!!!!!!!

彼は気を失って朝、同僚に発見されたらしいっす。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+