【怨念・呪術話】脱税調査での怖い話【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

俺が税務署の職員だった頃の話。

90年代の頃だが、田園調布のある家へ査察に入った。
すると、玄関で奥さんが数珠をじゃらじゃらさせつつ、「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散。」とひたすら呟いている。

この家がある神道系カルト新興宗教に帰依しているのは調査で知っていたが、さすがに面食らったし不愉快だった。

税務署員には珍しく短気な同僚Aが「ずいぶんと奥さんは不機嫌ですね。」と皮肉を言う。
家の主人もふんっと鼻で笑い、人を食った様な事を言う。

主人「家内が言うには、どうも本日来る客人が、災いを運ぶとの夢を見たらしくてね。」

家には宗教関係か、禍々しいデザインの神棚があるだけで、他は普通のセレブの家である。
調査を開始するが、脱税の証拠がどこを探しても見つからない。
家の主人は余裕しゃくしゃくで頭に来る。
と思った矢先、Aがあっと声を上げた。
そして、調査してない所が一つだけあると言った。

「神棚だ!」

Aが神棚に手をかけ様とした途端、ひたすら「悪霊退散」を叫んでいた奥さんの顔が青ざ「地獄へ落ちる地獄へ落ちる。」と騒ぎ始めた。
主人も打って変わって怒り出し、「やめろやめろ、呪われるぞ、死にたいのか」と叫び出す。

俺達は、この慌てようを見てビンゴだと興奮した。

Aが神棚を探ると、中から小さな箱が見つかった。
証拠があったと色めき立つ中、怒鳴る奥さんと主人をよそに箱を開けた。

「うおっ」っとAが叫んだ。

何と、中には女の髪の毛と爪、それから動物の干からびた目玉らしき物が大量に入っていたのだ。

調査員達も余りの事にしーんとする。

奥さんが目をおそろしく釣り上げた、憤怒の形相で呟いた。
「だから言ったのだ。お前達、もう命はないかもしれないぞ。」

Aはぶるぶる震へながら箱を閉めて、上棚へ戻した。

上司に調査が失敗だった事を電話で連絡すると、上司から怒鳴り声が返ってきた。

「馬鹿野郎、だからお前は詰めが甘いんだよ。まってろ、今から俺が行く。」

しばらくして上司が来きた。
上司は神棚にどすどすと直行して箱を平然と開け、箱に手を突っ込み探りだす。

よく手が突っ込めるなあ、と驚いていたら、上司がにやりと笑った。

「見ろ、箱は二重底だ。」

二重底の箱からは、脱税の証拠である裏帳簿が見つかった。
主人と奥さんの顔が見る見る真っ青になる。

上司は調査後に言った。

「真に怖いのは霊や呪いじゃない。人間の欲望と悪意だよ。人間は金のためなら嘘も付くし演技だって平然とする。今回の調査を見ろ。神棚に隠す狡さ、『呪い』に対する人間の恐怖を利用した巧妙な手口、真に怖いのは人間の欲望と悪意だ。」

それから、一年ぐらい経った頃、箱を触ったAが自殺し、上司が交通事故で死亡した。

二人が死んだのは偶然か?
本当に、真に怖いのは、人間の欲望と悪意だけなのだろうか・・・。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+