【心霊・幽霊話】部屋にあげてくれない彼女【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

数年前の夏のこと。

「見ちゃだめぇ!」

その一言からはじまった。

彼女と連絡が2週間も取れなくなり、心配になった俺は彼女のマンションに様子を見に行くことに。

鍵は開いていたから勝手に入った。
だって呼びかけても返事がなかったから・・・。

「ん・・・なんか臭い・・・。」

彼女は俺が家に入ってきたのがなんとなくわかったのか、「見ちゃだめぇえ!こないで!」と、リビングのほうから叫んでいた。
「たしか、このドアを開けるとリビング・・・だっけ?」

ひとつのドアを隔てて叫ぶ彼女。
いったいなにがあったんだ?

しかし、あまりにもでかい声を出すのでその日はリビングの様子を見ず、「なにかあるんなら、電話しろよ。」と、言い残して俺はマンションを後にした。

5日後。
まだ連絡は無い。

心配になってまたマンションを訪れた。

「・・・・?鍵また開いてるぞ?」

少しドアを開けてみた。

「オェッ」

臭い。
とてつもなく臭い。

「おい。◯◯(名前)!いるのか?」

返事がない。構わず入っていく。
リビングのほうから臭う・・・。

「ま、まさか」

このまえ来たときは開けなかったリビングのドアを開ける。

「・・・!」

言葉がでなかった。
彼女はリビングで首を吊っていたのだ。

その後、警察が来た。

いろいろと警察に聞かれるがふと警察が変なことを言う。

俺「5日前来たときはちゃんと返事がしたんです。」

警察「え?おかしいですね・・・」

俺「?」

警察「一ヶ月も前なんですよ。検査報告書からして。」

俺「なにがですか?」

警察「亡くなったのが」

多分、彼女は見られたくなかったのだと思います。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+