【心霊・幽霊話】幽霊を追い込む【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

田舎から上京して東京H市の大学に通っていたオレは当然というか、アパートで一人暮らし。
まあ、あんまり金もなかったので風呂トイレ付きで25000円の安アパートに入居した。
木造の築、20、30年たっていたように思う。
「H荘」て名前だった。

当時、苦学生で塾の講師のアルバイトなんかをしていたがバイト先が三鷹だったんで帰るのは23時すぎ。
いつも疲れてた。
アパートに帰ると一刻も早く寝たかった。
眠い・・・。

ところが、入居して3ヶ月過ぎた頃からヤツはやってくるようになった。
ヤツは眠っている俺の部屋に音もなく入ってくる。
俺が気づくのは隣で誰かの寝息が聞こえるからだ。

「すーっ・・・すーっ・・・。」

あきらかに自分とはちがうヒトの寝息が背中側から聞こえてくる。

「すーっ・・・すーっ・・・。」

ところがヒトは疲労が極度に達していると、なるだけわずらわしい事には関わりたくないと思うもので、「いつもこれは自分の寝息が反射して聞こえてるだけだ、幻聴、幻聴」と思うようにしていた。

ところが・・・そんなある日のこと。
いつものように部屋にきたヤツは今日に限ってはしつこかった。

「すうう・・・はあ・・・。」

またかよ。
しかし怖い・・・。
こういうときは自分の呼吸音をなんとか相手にあわせて錯覚をよそいおいたいのだが、もちろんヤツはあわせてなんかくれない。

「すうう・・・はあ・・・」

う・・・いやだなあ・・。
しかしこの日はホントに疲れていてはやく寝たかった。

「めんどうくせえ。ふとんかぶって寝ちまえ!!」と、オレは布団を頭からかぶり耳をふさいで寝ることとにした。

「・・・・。」しばしの静寂・・・。

あ、帰ったかな。
ホッとしたその瞬間、「すうううう・・・はあああああ・・・すううううう・・・はああああ!!」って、やつは布団の中にいて耳元に荒い息がかかった。

そのときオレは恐怖のあまり頭の変なスイッチが入った。
逆切れだ。

「ふざけんなぁボケえ!!てめえ死んだ人間の分際で生きているやつに迷惑かけるなんて100年はええんだよ!こらあ!」すると、なんとあきらかにヤツはびびっている。

オレは幽霊を追い込んでる?と思って「なんだあ、おまえ!だいたいなあ、俺みたいな忙しい苦労人のところにでるんじゃねえよ、ぼけがああ!!!もういっかい殺すぞコラ!」と、びびるヤツに悪態をつきまくる俺。

よし、もう一歩だと思った時、弱々しい声が聞こえた。

「ドコニイケバイイ?」

「隣だ!!隣の馬鹿学生のところでも行きやがれえ!!」

次の日からヤツはこなくなった。

あの時は本当に頭にきて逆ギレしてしまった・・・。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+