【心霊・幽霊話】子供には寄ってきやすい【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

うちのばあちゃんが広島出身で戦争を体験してます。
原爆で兄弟や親を亡くしてるんだが、その亡くした後くらいから霊感めいたものが付いたらしい。

元々家がお寺だったらしく色々な不思議体験をしたが、はっきりと「これは霊だ!!」みたいなのはわからなかったようだが、霊感付いてからは凄かったらしい。

よく、家でくつろいでる俺に「そこ邪魔になるからもうちょっと端に座りなさい。」って言って、わけもわからず言われた通りにすると、体の横の方にひんやりした風が通るような感覚があってめちゃくちゃ恐いって記憶が何度もある。

そんなばあちゃんと俺が家で二人っきりでいた日。
うちは片親で母ちゃんしかいなく、ちょうど母ちゃんが旅行に友達と行ってた。
俺はばあちゃんと夕飯食ってテレビ見て・・・時間は9時半くらいだったと思う。

ばあちゃんは年寄りだから寝るのが早くて、もうさっさと布団に入って寝ちゃったわけ。
俺はまだ全然眠くなくて、当時大流行だったゲームボーイで遊んでたんだけど、いつもは1日1時間ってルールが母ちゃんいないからやり放題だった。

夜中の一時半くらいまでやってて、さすがに眠くなってばあちゃんの寝てるとこまで行こうとしたの。
そしたら旅行に行ってるはずの母ちゃんの部屋から何か音がしたような気がして、でもそれは音なのか気のせいなのかの微妙なくらいの感じだったから母ちゃんの部屋を見てみたの。
特に変化もなくうっすらカーテンから光が滲んで(にじんで)ぼんやり部屋を照らしてたけど、特に変わったとこもなかった。

その時はっきりと部屋の中に音がして、その音ってのは枯れた枝や葉っぱを踏んだ時みたいな音だった。
俺はびっくりして音のした方向こうとしたけど、どこからしたのかわからなかった。
部屋全体が鳴った感じ。

それで、あんまりにも恐いんでばあちゃんとこ行こうとしたらドアのとこに誰かいて、「ばあちゃんかな?」って思ったら体の横を冷たい風がスッスッスッて通って行くの。
なんか不思議なもんで、びびり過ぎて声も出せないのね。

で、ドアのとこから何か声がして明らかにその時は目が合った。

しっかり目はそこにあった。
目だけがこっち見てた。

そん時すごい吐き気がして、吐き気のおかげでちょっと怖いって気持ちが薄くなったのか、急いでばあちゃんとこまで行ったんだ。

ばあちゃん寝てたけど、俺一生懸命声出してばあちゃん起こしたら、ばあちゃん俺の背中越しを見てびっくりした声で「何てもん連れてきたの!!」って驚いてた。

ばあちゃんが「○○(俺の名前)は目をつぶって、私の順番はまだです、って言ってなさい」って俺に言った。

その後台所に行って酒と塩と花を持ってきて、お経唱えて最後は涙声で「この子はしてないからね、この子はしてないからね」って何度も呟いてた。

もういいよ、って言われた時は吐き気も治まったてたし部屋の中の違和感もなかった。

ばあちゃんに話を聞くと、おそらく近くでこっくりさんみたいな降霊術をしたか何かで普段いないような霊が来たんじゃないか、との事。
その通り道にたまたま俺がいて、やはり霊からすると子供って言うのはとても無防備なんで寄ってきたのかも、との見解。

あまり人が聞いたら怖くないかもしれんが、俺の人生の中ではぶっちぎり怖かった。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+