【心霊・幽霊話】紫色の瞳【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

数年前のことですが、家に親戚の子が遊びに来ていたんだけど、今でも思い出したくも無いようなことがあった。

親戚の子は親と訪問。
俺は自分の親と親戚の親と3人で1階の客間で世間話をしていた。
親戚の子は2階で遊ばせとくことに。
しばらく他愛も無い話をして、2階に上がると親戚の子がトコトコと駆け寄って来て言った。

「黄色いモフモフ、歩いてたよ」

黄色いモフモフというのは俺がセブンイレブンのクジ引きで当てたカピバラさんの抱き枕?人形?だと思われる。
それが歩いてたとは・・・?

まあ、幼稚園の子が言うことだし風で動いたとかそんなんだろう。
そう思ってカピバラさんのいる部屋へ。
部屋の窓が開けっ放しだったことも思い出した。
そこの部屋のドアをガラリと開ける。

そこにいたのはカピバラさん・・・と、もう一人、知らない女の子だった。

背丈は1mちょっとくらい、明るい茶髪のゆるふわヘアーの赤いワンピースを着た西洋?系の顔立ちの子。
その子がカピバラさんを抱えて紫色の瞳でジッとこっちを見て佇んでいた。

「え?こんなとこに外国人?え?しかも知らない子?どこから入ってきたの?え?」

色々思っているうちにその子はカピバラさんをそっと置き、窓からヒョイっと飛び降りてどっかへ行ってしまった。

一体なんだったんだ・・・?

後で親戚の子に話を聞いたが、カピバラさんがひとりでに動いていたとのことなのであれが見えていたのは俺だけだった。
自分の家の地域で昔何か事件があったというのも特に聞いていないから、あの女の子の正体が未だに分からない。
ただ、今でもあの無機質な紫色の瞳を思い出すと背筋がゾワッとする。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+