【心霊】可哀そうな身の上の霊を供養してあげたのに…|夏のホラー、冬のホラー

うちの母親から聞いた話を書きます。
母は嘘をつく性格じゃないのでたぶん実話かと。

母が若い頃、神社で霊に突然とり憑かれたそうです。
その霊は母親の体を使ってしゃべり、母親も意識はそのままでその話を聞けたし、しゃべらせた後に自分でしゃべることも出来たそうです。
ようは身体をふたつの人間が共有してる状態でしょうか。

助けになれることがあれば、と母は霊に身の上話をさせました。
その霊は女性で彼氏にふられて海に飛び込んで自殺したそうです。
それが悔しくてたまらまないと霊が言うので、同情した母は「なら私が供養してあげる」と、わざわざ千葉県から神奈川まで供養するために出かけたそうです。(自殺した場所が神奈川だった)

自殺した場所で線香やお経を上げて供養したところ、霊は喜んだ様子で「神様っているんですね」と言ったそうです。

母親は神様って意味がわからなかったそうですが、オレにもわかりません。
ちょっと変な性格らしく、他にもお寺の人に母親を指して「この人はあっちにいったり、こっちにいったり心がふらふらしてるんですよ」と言ったりしていたそうです。

供養はしたけどまだその霊は母に憑いたままでした。
ある日、踏み切りで待っていたところ、電車が近づいてきた時になって勝手に足が進んでいったそうです。
慌てて踏みとどまって母が「あんた、私を殺そうとしてるでしょ?」と訊いたら、コクッと頷いたそうです。

ここまでしてあげたのになんて人なんだろう、と、恐怖と共にその身勝手で薄情な性格に呆れた母親は、お祓いに行き、追い出してもらったそうです。

そうそう、祓ったときは口から風のようなものが出て行った感じと言っていました。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+