【心霊・幽霊話】いや死んでるがなっ【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

今年の春先に、生まれて初めて目の前で人身事故に遭遇したんだ。

自殺したのはスーツ着た若い男で、ホームから飛び降りる瞬間に携帯電話持ってたのと、鞄に銀色の『仮面ライダー?のキーホルダー』がついてたのを今でもはっきり覚えてる。

目の前で人がぐちゃぐちゃになって死んだのを見て、トラウマになるとか発狂しそうになるとかよく聞くけど、ぶっちゃけそういうことは一切なかった。

むしろ怒りの方が先に立ったというか・・・服に血飛沫(ちしぶき)が飛んで汚れた上に、電車止まって打ち合わせに遅刻するの確定だったから、同情する余地も無いし、関係ない人間の死で悲しむほど人間できてなかった。

んで、後ろで駅員とか女の子とかがわーわーしてる時に、血で汚れた自分の服見ながら「っざけんな死ねよ・・・」って呟いたんだわ。
したら、背中にチョップみたいなのをくらった感触があって、その直後、「いや死んでるがなっ」って男の声が耳元で聞こえた。

ビビって振り返ったんだが、後ろは三人の女子高生が涙目のぶっさいくな顔で泣いてるだけだった。

幽霊からツッコミされた?という妙な体験に半笑いになりながら、「いやマジで自殺とか迷惑なんだけどw」って親近感でつい死体に話しかけてしまった。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+