【怨念・呪術話】絵で呪い殺す【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

19世紀末、どこの国かは知らない。
路上で客に依頼された絵を描く、絵描きとして生計を立てている一人の男が居たそう。

同じく絵描きとして生計を立てている女は、その道で大成し男よりもお金を持っていました。
その女に顧客を取られていってしまうので、男はついに彼女を恨み始めました。

その国では、相手が死ぬ様子を絵にして描き、その絵を家に飾るとその相手に呪いがかかる・・・という呪いが流行っておりました。

男は便乗してその呪いの儀式を行いました。
相手のお好みの死に方を選べてしまうそうです。
但し、その絵は鮮明で綺麗な絵でなくてはいけないそうです。

絵描きとしての力量に自信があった男は、その女が国軍に強姦され焼き殺されるという、何とも酷い絵をスケッチブックに描いたそうです。
数日後、その女の元に国軍の兵隊がやって来て、自分の似顔絵を描くように依頼したそうです。

女が描き終えて兵隊に渡すと兵隊は気に入らなかったのでしょうか、「似ていない!」と紙を破り捨て彼女は男が導いた通りの死に方をしたのです。

翌日男の元に、国の警察がやって来ます。
「ちょっと本部まで来なさい」と言われるがままに男は本部にやって来ました。

そこで待っていたのは厳しい取調べと拷問。
男はまったくワケがわかりませんでしたが、聞いてみました。

「私が何をしたというんですか?」

取調べを承っていた男はこう切り返してきました。
それは衝撃的な言葉でした。

「あなたは絵描きさんの彼女(名、S)を強姦して焼き殺しただろう。何と酷い。お前はもう死刑が決まっているのだよ」

男は、自分ではないと必死に弁明しました。
実際は国軍の兵士が手にかけたから、らしいです。

しかし、動機もハッキリしていたので、男は翌日絞首刑に処せられました。
実はあの日、偶然にも絵描きの彼女が男の家に、ある用事があってやって来たのです。

その時、窓からたまたま彼の部屋の中を見てしまったのです。
というか見えてしまったのです。

半狂乱になって笑い声をあげながら自分(彼女)の死に行く姿を描いている、あの男を見つけてしまったのですから。

彼女は自分が呪われるのを悟り、家へ帰って男の死ぬ様子を絵に描いていたのです。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+