【心霊・幽霊話】悪い霊ではないが『来てしまうと』【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

僕の会社の先輩がタイに旅行に行った時の話です。

先輩はよくタイには遊びに行くらしく、ツアーでは物足りず観光客が誰も行かないような田舎町などに赴いては現地の人と仲良くなり、ますますタイの魅力に惹かれていったようでした。

タイを満喫して帰国後、早速撮り溜めた写真を現像。
アルバムに収めて友達や会社の同僚にタイのお土産話を聞かせるのももはや恒例となっていました。

そして、いつものようにタイから帰国して日焼けした先輩のお土産話を聞かされる僕。
正直飽きてました・・・。

すると「こんな人いたっけ?」と先輩。

どうしたのかと聞くと「この写真、俺一人で撮ったはずなんだけど」と。

見ると田んぼをバックに笑顔で写る先輩の写真。
その10メートルほど後ろに現地の人と思われる女性が写っていました。

「誰もいないとこで撮ったはずなんだけどな...」

その時は大して気にも止めずにそのアルバムは押し入れにしまったそうです。
それから半年後...ふと思い出したようにあの時のアルバムを開き、例の写真を見ました。

「あれ?こんな近かったっけ?」

後ろに写りこんでいた女性が先輩の5メートルくらい後ろに立っていたのです。
顔もうっすら確認できる位の距離に・・・。

さすがに気持ち悪がった先輩。
見なかったことにして、その写真はまた押し入れに閉まったそうです。

それからしばらくして、部屋の掃除をする時。
何も考えずにあのアルバムをめくってしまったそうで、その写真を見てしまったそうです・・・。
見る瞬間の咄嗟の一瞬に「あ、やばい!」と思い出したそうですが、その時にはもう遅く、目に入ってしまったようで、その女性は先輩のスグ後ろに写っていました。
顔もハッキリと確認。

「ヤバいヤバいヤバい!!これはヤバい!!」

先輩はすぐさまネットで霊媒師を探し、その写真を持って駆け込みました。
素性を話してその写真を霊媒師に見せると霊媒師は「近づいて来てるんですね・・・。なるほど・・・。」と。

霊媒師の話しでは旅行先で撮った写真の近くに彷徨う霊に気に入られてしまい、向こうから逢いに来ようとしてるんだとか・・・。

元々、悪い霊ではないが『来てしまうと』、執念深くちょっと厄介ということで・・・念のためお祓いしてもらい、写真も焼却してもらったそうです。

それからは旅行には行くけど、タイには絶対に行くことがなくなりました。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+