【心霊・幽霊話】透明なケースに入った人型【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

今思い返せば、彼女の足首を見つめはじめたのは、ゴールデンウイークが明けてからのことだった。
彼女は、同じ美大の違う科の学生。

月曜の4限、いつも私の斜め前に座っていた。
名も知らない人だった。

特別、その人に気になる要素があるわけでなく、気が付いたらなんとなく彼女の足首に目がいってるのだ。
そんな自分の奇行の意味を知ったのは、大分後になってからだった。

梅雨も明けた6月の終わりの爽やかな月曜日。

「S!」

昼休みの大学のカフェテリアで、名前を呼ばれた。

形のいい綺麗な手がまず目について、顔に視線を上げる。
Hだった。

「あれ?珍しいね、弁当?」

そう言いながら、彼は、定食を乗せたトレーを器用に片手でテーブルに置く。
音一つたてないその動作に感心しながらも、私はため息をついた。
その理由は、他でもない彼の片腕に抱えられたものにあった。

「それ、なに?」

彼は、よくぞ聞いてくれたといわんばかりに、それをテーブルに置く。

透明なケースに入った人型だった。
ケースにピタリと張り付くようにして、こちらをじっと見ている。
目は空洞のようで、真っ暗な闇が広がっている。
子供だろうか。

色は、干からびたようなまだらな茶色をしている。
とても趣味のいいと言えるものではない。
まして、食卓の上に置いていていいものでもない。
私は、怪訝な顔をして箸を置いた。

「何それ。何で出来てんの?」

石膏でも粘土でもなさそうな独特の質感である。

「石鹸だよ。着色料を混ぜて作った石鹸を掘ったんだ」

ふぅん。

珍しいこともあるものだ。
Hが、授業外で何かを制作しているのを初めて見る。

いや、授業すらもまともに出てないのが本当だが・・・。
しかし、私が今まで見た数少ない彼の作品は、悔しいほど美しく、綿密で、情緒さえ感じさせるものだった。

「なんか、Hにしては、珍しい感じの作品だね・・・」

茶を濁すような口ぶりで、彼の反応をうかがい見た。
彼は、私とは対照的に愉快そうな笑みを浮かべながら答える。

「正直に言ってよ」

私は、もう一度その人型を見る。

一瞬目があった気がした。
真っ暗闇の目に捕われそうな、得体の知れない気持ち悪さがある。
それは、なんとなく知っているような感覚だった。

「気持ち悪い」

彼は、私の返答を聞き、少し目を伏せ、ニィーっと歯を見せて笑った。

「実は、これ。いわくつきなのね。」

「まあ、作った僕が言うのもおかしな話だけど。」

それから、彼は唄うように話し出した。
彼・・・Hは、ひょんなことから取り憑かれやすい体質になってしまった人だ。
そして、オカルト大好き人間になってしまったのである。

オカルトマニアが祟って、霊媒体質になるというのは聞いたことがあるが、霊媒体質になったからオカルトマニアになったという、変人だ。

そんな彼と一緒にいる私は、よく『そういった』話を聞かされる。
それだけならいいのだが、私を巻き込もうとすることがあるので、たまにうんざりするのだ。

今回も、そんな話だったら堪らない・・・と思いつつ、聞き入ってしまう私も、すっかり侵食されてしまったと思う。

Hの話はこうだった。

5月の終わり、同じ大学の女の子が、彼に話しかけてきたのが事の始まり。
なんでも、体が重いのだそう。

病院に行っても、異常は見当たらない。
しかし、日に日に体重も減るわ、夜はうなされるわ、奇妙な夢を見るわで、ただ事ではないと感じ始めたらしい。

そこで、もしかしたら、霊的なものかもしれないと考えはじめ、Hに相談したのだそうだ。
心当たりがあったらしい。(それについてはここでは触れられません)
Hは、顔見知りの霊媒師のAさんを紹介し、無事浄霊したとのこと。

「そんで、これだよ。」と、ツンツンと人型の入ったケースをつっつく。

「Aさんに、彼女に憑いていたものの特徴を聞いて、一緒に作った。」

私は、空いた口が塞がらない。
なんて、悪趣味なことをするのだろう!Hはともかく、Aさんまで・・・。

呆れながら、私は聞いた。

「そんなことしてどうすんの?」

H「どうするって・・・・・・。Sのためだよ。」

予想外のその答えに、私は空いた口を更にあんぐりさせてしまう。
Hが、更に言葉を被せようと口を開く。
その瞬間、予鈴がなった。

私は、半分も食べていない弁当をそそくさと片付けると、席をたった。
Hは、不満そうな顔で私を見送る。

冗談じゃないぜ!「つづき」なんて聞きたくもない。

カフェを出る間際に振り返ると、Hは行儀よく手をテーブルで組みながら、にやにやと気味悪く笑っていた。

3限の講義は、運悪くクソ面白くもない色彩の理論だった。
Hの話が気になってしょうがない。

講義に集中しようとしても、あまりの面白味のなさにそれも出来ない。
チラチラと、あの人型が頭によぎる。
あの目のない目で、私をじっと見ている。
そして、何かを掴もうともがくのだ。

ハッとする。

何故だ?何故、あの人型が「何かを掴もうとする」のだ?Hが見せたあの人型は、ケースにピタリと張り付いていたのに、私の中のあの人型は何かを掴もうとしている。

初めて見たはずのあの人型が、私の知らない動きをする。
いや、本当に「知らない」のだろうか?実は、Hにあの人型を見せられたとき、何か違和感を感じていたのだ。
あるべき姿とは違うような感じがしたのだ。

しかし、今、私の中で何かを掴もうするあの人型には、「しっくり」くるのだ。
まるで、いつも見知った何かを見るように。
チャイムが鳴る。

いつの間にか講義は終わっており、教室には人もまばらだった。
我に返った私は、額の嫌な汗に気付いて、苦笑いした。

Hの言葉を真に受けることはない。
気にしすぎて、自己暗示に陥った結果、変な考えに走ってしまった。
やれやれ、これではHの思うつぼではないか。
大丈夫。

あんなのは、ただの妄想に過ぎないだろう。

4限、見たくもない顔に隣の席を陣取られる。
聞く耳を持たないぞ!と構えていたが、Hは、なんでもなさそうな顔して鉛筆を削っている。

「僕、Bじゃないと文字うまく書けない・・・」とか、どうでもいい情報をぶつぶつ発しながら、カッターと格闘している。

「ふーん。ちなみに私は2B派だけど。」

「そお?」って、あれ・・・。

さっきの話の続きいいのかな?
呆気にとられたままHの手元を見ていると、講義が始まった。

ぼーっとしているうちに、時間は過ぎていく。

「ねえ。」ふと、Hが話しかけてきた。

「あの子、見て。」

Hが指差す先に、女の子がいる。

「あの子なんだよねえ、お祓いしたの。」

Hの横顔が囁く。

ああ・・・・・・。
さっきの話の子か。

話がまたお昼に戻りそうだったので、制止したかったが講義中だ。
強く、止めに入れない。

眉をひそめるが、Hは気付かないふりで続ける。

「実はね、さっきの話嘘が交じってて。あの子から、話しかけられて相談されたって言ったけど、逆なんだ。僕から、助けを買って出た。最近、なにか変ったことはない?って。」

それはおかしい。
Hはいくら憑かれやすくとも、いくらオカルトマニアでも、全く「見えない」人なのだから。
どうやって、彼女の異変に気付いたのだろう。

「月曜日の4限。この講義で、いつもあの子はあの席に座る。そして、僕たちは決まってこの席に座るよね。」

私は、頷く。

「そしたらいつもさ、Sは気付いたらいつもある一点を見つめてるんだ。」

私は、思い出した。
5月頃、講義中によく周囲の友人に注意されていたことを。

「あの子の足元を凝視してるんだもん、何かと思ったよ。」

ああ。
それがあの子だったのか。
足元ばかり見ていたせいで全体像を把握していなかった。

「最初は、足首フェチなのかあって思ってたんだけど、あまりにも見すぎだし、それを意識してやってる様子もなかった。これはなにかあるなあ、と。Sの無意識は怖いからね。」

そういうことか。
私はすべてを理解した。

「ねえ、やっぱりさっきの人型・・・・」

Hがこちらを覗くように顔を向ける。
私は、俯きながら答える。

「見覚え、あるよ。」

片手で腕をぎゅっと握りしめながら答えた。
意外にも素直に答えた私に、Hはびっくりしているのが雰囲気で分かる。
また、無意識のうちに見てしまっていたのか・・・。

Hは言った。

「Aさん言ってたよ。あいつをあの子の足元から引き剥がすの、大変だったって。」

脳裏で、あの人型が掴んでいる何かが、はっきりと見えてくる。
背筋が寒くなってくる。

「僕が、あの人形を作った理由分かったでしょう。」

とんでもないやつだ。
Hのせいで、私はあいつをはっきりと意識してしまったのだ。

「あれ?怒んないの?」と、つまらなそうに、言うH。

怒るどころか、私はHの方を向くことも出来ず、ひたすら俯く。

なんだかムカつく奴だけど、霊感だけはしっかりしてるから、Hの事を怒るに怒れない・・・。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+