【心霊・幽霊話】頭がない!【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

去年の夏頃のお話です。

その日は土曜日で学校も休みでした。
夕方になって眠くなり、いつのまにか寝てしまっていました。
その時、珍しく夢をみました。

夢の中で私はある通りに立っていた。
その通りはなんか変・・・何処までもブロック塀が続いていて、家もなく、電信柱もない。

道路は舗装もされていない・・・。
天気は曇っていて、雲の色は赤い・・・。

ずっと違和感を感じて辺りを見回していると、突然声が聞こえた・・・。

「ねぇ・・・」

私はびっくりして前を向く。

さっきまで誰もいなかったのに、私の前に丸刈りの小学生くらいの男の子が立っていた。

「◯◯君が学校に来ないんだ・・・」

そのコが繰り返し私に言う。

「◯◯君が学校に来ないんだ・・・」

男の子にそう言われ、なぜか私はもう一度通りを見回した。
そうしたら、さっきまで塀だったのに、家が一件だけあった・・・。

私は男の子に「あの家のコ?」と聞いてみる。
男の子は無言で頷いた。

その家に近づいてみると、家の前に一枚の紙が落ちていた・・・。
何の気なしにその紙を拾った瞬間、景色が変わる。

ある部屋の中が見えた。
男の人がブルーシートの上に何かを並べている・・・その後ろで女の人が泣いていた。
その時・・・頭の中に声が聞こえてきた。

「お父さんが僕を殺した・・・お父さんが僕をバラバラにしたんだ・・・頭も手も足も・・・お母さんはそれを黙ってみてたんだ・・・」

それと同時に男の子の顔が頭に浮かんだ・・・。
坊っちゃん刈りの可愛い男の子・・・なぜだかそのコが「◯◯君」だと思った。

急に男の人が叫ぶ。

「◯◯の頭がない!!!」

また声が聞こえてきた。

「お父さんが僕を殺して、バラバラにした・・・」

ここで目が覚めた。

手足の付け根と首が痛い・・・。
体が動かない・・・金縛りだった。
何とかして体を動かそうとしても動かない。

手足がまるで切り離されたかのように感覚が無い・・・。

ただ、痛みだけを感じていた。
ん?感覚がない??

ふいに手足の付け根と首に冷たい感覚が・・・。
どこからか風が吹いてきたのかと思った。
が、違った。

手だ。
冷たい小さな手が、私の手足と首に触れていた・・・。

そのまま気を失ってしまったようで、気付いたのはお昼過ぎでした。
夢だったのか・・・?

でもリアル過ぎて夢だとも思えませんでした。

この話を聞いて、この『男の子』のことに付いて何か心当たりがあったり、気になる事がある人がいれば情報ください。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+