【心霊・幽霊話】変わらない信号・・・【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

中学まで高輪台で過ごし、父の会社がガタガタと崩れ、引越して小さな飲食店をしていました。
それでも借金は減らず、父はタクシーの免許を取り、朝から夜中まで走り回り、私と妹をなんとか高校卒業させてくれました。

プライドの高い人なので酔って暴れる事もありましたが、本当によく働いてくれました。

タクシー・・・。
その響きだけで私はぞっとしてしまことがあります。

父が『見た』のは真昼間でした。
品川を流していたら、黄色いジャージの上下にゴーグルの男が、歩道を走っている。
「随分、派手だな」そう思い、信号が青になりその男を抜き去り、品川方面から六本木へ。

「ん?」

前方を、黄色いジャージの上下にゴーグルの男がヘコヘコと走っている!

「さっき抜いたはず・・・」

じっくり見てよく覚え、抜き去り、銀座方面へ。

その間、客は捕まらず、
スムーズに走っていると「ん?!」またもや、前方に小さな黄色が・・・。

「ハハっ!まさかな!」

段々近寄る黄色。
ハッキリと解る黄色い。
ジャージにゴーグル。

抜き去り、汗だくで、客を拾い仕事を終え帰宅した朝、なんだかもの凄く疲れているようでした。
でも、「信じない」父はすぐ元気になり、仕事をこなしてました。

しかし、ある日、真っ青な顔で帰宅したので話を聞いたら、芝公園辺りから男を乗せたら千葉まで、と言うので高速ガンガン飛ばして千葉方面へ。

だんだん、民家が無くなり寂しい風景と共に、広い墓地が出現。
男はそこで降ろせと言う。

さすがの父もかなりびびったらしい。

でも男は、大金を払い墓地の上の暗闇に吸われるように消えた。
しかし、金はある。

「こんな墓地のど真ん中は嫌だから早く帰ろう」

そう思い、赤信号で止まってると、信号が青にならない。
5分・・・10分・・・。
周りは墓地。

黄色いジャージ野郎より怖かった・・・らしい。

空が薄明るくなり始めたら、一台の車が後ろへついた。
運転手のおじさんが降りて来て、タクシーの窓をコンコン!と叩くので、少し開けたら「ここいらの信号はボタン押さなきゃ青になんないよ~」と呑気に笑いかけ、ボタンを押すと青になった。

父は後続のおじさんに礼を言い、また高速ガンガン飛ばして会社へ帰ってきた。

「やっぱり、幽霊だなんだって、そんなもん怖くねぇ!ハハっ!」

車を降り、後部座席をふっと見ると座席が、鋭利な刃物でめちゃめちゃに切り裂かれていた。

その時ばかりは、父も愕然としたし、後から聞いて私も泣いた。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+