【怖い話】あと少しで人間じゃなくなる所だった…|夏のホラー、冬のホラー

まだ、俺がさ中学生のころの話なんだけど、足に豆とか出来るとついつい剥がしてしまったりする癖があったわけよ。
でゲームしながら足の裏を見てみたら左足の親指の付け根に豆みたいなのが出来てるわけよ。
でもはがしたら痛そうだなーと思ってそのときは剥がさなかったわけ。

んでさ、まだガキだったから11時ごろにはもう寝たわけ。
夢の中でさ、なんかネズミよりはでかいんだけど小型犬とかそれよりは少し小さいくらいの生き物?がさオレの足の指の豆見たいなのを必死にベロベロと何か言いながら舐めてるわけ。

本当に小さな声でぶつぶつと言ってるから全然聞こえなくて、耳をそばだてて聞いてみても聞こえなかったわけ。

「・・・後・・・す・・・」ってとこがだけが聞こえて目が覚めた。

次の日に友達とかに相談してみても「うっそだー」とかしか言わなくて、全然信じなくて豆を見せてやったわけよ。
そしたら友達が「おまえ・・・これ痛くねーのか?」て言われてから初めて豆を見たわけ。

そしたらさ、真っ赤になってて最初の1・5倍近くでかくなってる訳よ。
気にしないで家に帰って夢で変な生き物が何言ってたのか聞き取るためにまた寝たわけよ。
そしたらさ、昨日はネズミよりでかいくらいだった生き物が中型犬くらいのでかさになってて、声もでかくなってたわけよ。

「後少しで・・・ふ・・・が解け・・・あと少しで封い・・・が解け・・・」って聞こえて、予想としては「後少しで封印が解ける」って言ってるんだなぁって夢の中で変に冷静になって考えてたわけ。
そこでまた目が覚めた。

そして気になって豆を見たわけよ。
そしたらさ真っ赤なのは相変わらず何だけど、中で本当に小さい何かが泳いでるように見えたんだよ。
さすがに「これはやばい」と思って夏休み中だったから親に言って神社やってる親戚のおっさん家に行くって言っておっさん家に行ったわけ。
それでそのおっさんにさ足の豆を見せたら急に険しい顔になって「いかんな・・・」って言ったと思ったら奥の部屋に引っ込んでって懐刀ふところがたな)と瓶に入った水を持ってきたわけ。

「何それ?」って聞いても答えてくれなくて、いきなり鞘(さや)から刀を取り出して足の豆に当てて「目を瞑れ何があっても目は開けるな」って言われたから大人しい子供だった俺は素直に言うこと聞いたわけ。

豆に冷たい感触があたった後に男みたいな、女みたいな、子供のようで老人のようでもあるような、
短い息を呑むような悲鳴があがった後に足にとんでもなく熱い熱湯がかかった様な感覚がして思わず飛び上がったわけ。

叔父さんに目を開けていいぞって言われて目を開けたら5~6cmくらいの魚みたいなのが瓶に入ってたわけ。
瓶の水が減ってたから熱湯みたいなのはあの水?って思ったわけでさ、その魚が赤みがかったとかそういうレベルじゃなくて・・・真っ赤だったわけ。
金魚とかも顔負けなくらい赤くて。

おじさんが言うにはオレはあと少しで人間じゃなくなる所だったそうだ。
あの魚はオレの事を畜生道(ちくしょう)に貶め(おとしめ)ようとした悪霊が入れた物だったそうだ。

本当かどうかは知らんがあの豆の後は今でも残ってる。
あの魚がどうなったかは知らないし。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+