【怨念・呪術話】クソ坊主への恨みはいまだ残ってる【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

朝、仕事に行くために車に乗ろうとしたら、フロントガラスがバキバキになって盛り上がってた。
庭に兄の車、親父の車、俺の車って3台置いてあるんだけど、なぜか俺の車だけそんな目に遭ってる。
しかも俺、前にも一回車上荒らしに遭っててその時にはカーナビとかごっそり持ってかれてた。

「うっげ!んだこれ!ざっけんな」

車上2回も食らうとかドンだけ不幸だよとか思いながらも、時間なかったので兄の車で取り合えず仕事に行く。
できれば警察には早めに行っておきたかったんだけど結局仕事終わるまで行けなかった。
仕事終わって彼女さんの勤める保険屋に連絡。

「どんな風になっちゃってる?何か盗まれてる?」って彼女さんに聞かれて初めて自分の車の状態を確認。
あら?今回はステレオとかナビとか全部無事だ・・・。
一通り見て回ったけどフロントガラス以外は異常なし。

「や、盗まれた物とかは無いみたい。ガラスが割られただけっぽい」

「んっと。それじゃ後で状態見に行くね」

取り合えずその間に警察に連絡。
で、彼女さん来て写真撮るってんで撮ってもらった。
多分これが悪かったのかなと、今は思う

結局保険でガラス直してどうせ犯人も見つかんねんだろなー、とか思いながら4、5日たった頃、彼女さんから連絡「どうしよう、ストーカーみたいなのがいるかもしれない・・・」と。

当然、彼女さんを守るべく俺は無駄にやる気ムンムン出してた。
警察にも一応相談したが相手が別段何かしてるという訳じゃないので結局何もできないとの事。

話し聞いてみると確かに何かされたって事じゃないらしい。
彼女さん毎朝ジョギングしてるんだが、その最中に同じ男がこっちを見てるってだけ・・・。

一日目は怖くて引き返したが、それが2日目、3日目も続いたらしい。
たまたま居ただけかも?とも思ったけど何かあってからじゃ遅いし、一緒にいた方が良いかと俺もジョギング付き合うことに。

当時は冬場で朝のジョギングっていっても5時位なのでまだ全然暗かった。
この状態で毎朝同じ奴に見つめられたら俺でも怖いわ、とか思いながらひたすら走る。
すると、途中の住宅が無い公園に来た。

「いつもね。そこの公園の木の陰にいるの・・・」

「うえ、それ本物かも知んないなー」とか話してたら・・・いた。

ホントに居た、木の陰から体半分出してこっち見てやがる。

怖ッ!!!!
いや、本気で怖いんですけど!とビビってたけど、彼女さんしがみついて来るし、退くに退けない状況。

とりあえず「オハヨウゴザイマス!」って声かけた、情けないことこの上ないが多分声は震えてたと思う。
でもそれ位怖かった。

しかも大声で喋ったら何か反応あると思って頑張ったのに音沙汰なし。
相変わらずこっち見てる。

「返事が無い・・・・」

「・・・・・・・」

必死に冗談で自分と彼女さんの精神の安定を図ってみるが彼女さんは怯えっぱなし。
これ、本気でヤバイし逃げた方が良いなと思った瞬間、そいつはくるっと振り返って何事もないように歩いてった。
でもさ、それも怖いんだ。
だってそいつの後ろ丁度森になってて道なんか無いし、そのすぐ先は崖になってんだから。

結局その後すぐに逃げ帰って来て、彼女さんが落ち着くのを待った。
もう仕事行ける気力も無かったし、しばらくして彼女さん急に鞄から書類取り出して「これ見て。○○さん(俺)の車の写真」

「???」

改めて言われなくても自分の車の写真なんてのはすぐ分かる。
でも分かんないのも一緒に写ってた。

「・・・・これ誰?」

車の横にバッチリ人が写ってる。
しかもどっかで見たような奴が。

「私も、今日ハッキリと見るまで分かんなかったけど、あの公園に居た人に似てない?」

だよね・・・想像したくないけど。
写真撮ったときに俺達以外誰も居なかったのは覚えてるし・・・第一こんな奴知らない。

「心霊写真なんて馬鹿にして友達と盛り上がってたのが悪かったのかな・・・」ってか、俺ひょっとして幽霊に車上荒らしされたの??とか脱線しつつ思考をまとめてみる。

よく考えれば、そもそも車の状態からしておかしかった。

フロントガラス内側から外側に向けて盛り上がってたし、鍵開けて車の中にわざわざ入ってからフロントガラスだけ割ってくとかありえないだろ・・・。
というか俺、あんな風になった車どっかで見たような・・・。

で、思い出した。
思い出したくも無かったけど。
ずいぶん前、夜中に事故車両引き取り(仕事で)連絡来て行った時、運転手シートベルトしてなくてフロントガラスに顔面突っ込んでたらしく、フロントガラスが顔の形に盛り上がってて血がべっとり付いてた。

運転手は救急車で運ばれていたので顔は見れなかったけど、もしかしてその時の運転手だったのかもしれないが、俺に憑いてくる理由がさっぱり分からない・・・。

「とりあえずお寺とか神社にこれ持ってってお払いしてもらおう」って訳ですぐ近くのお寺で供養と写真の焼却をしてもらった。

「この写真あまり良くないですよ」とか言われたけど、そんなのわかってるから来たんじゃ!何当たり前の事言ってるんだ!?と思った。

その後は2ヶ月位特に何も起こらなかったし、もう大丈夫だなって安心してた。

先月の半ば、夜中に友人から電話かかってきて「事故っちまった。悪いけど迎えに来てくんねぇかな」って言われたので慌てて様子見に行った。

ガードレールに車突っ込んでて結構酷い有様だったけど、友人は顔に切り傷ができてるくらいで意外と平気そうだった。
でも一番目に付いたのはフロントガラスが顔の形に盛り上がってる。

折角忘れかけてたのに、こいつのお陰で台無しだな・・・と思った。

「取り合えず家行くぞ。んで車は後で俺が持ってってやっから。明日病院行っとけよ」

「悪い。よろしく頼むわ」

なんて話しながら、車に乗り込みながらステレオいじってたら『ガチャ、バタン!!、ガチャ、バタン!!』って音がして後部座席にそいつが友達でも乗せてると思った。

「あれ?お前友達居たなら言えよ気まずいじゃねーかw」

「は?」

「いや。だって今後ろに誰か乗った音・・・・」

「事故った俺に怖い話するなよ・・・」

「いやいやいやいや。あれぇ?でも・・・・」

そこでやっと俺は友人の顔が引きつってるのに気が付いた。
俺もこれ以上自分に追い込みかける程の人間力はなかったので、そのままダッシュで友人を家まで送った。

そこまではよかったんだけど、友人が居なくなった途端すごく心細くなってきた。
経験ある人多いと思うけど、こんな時ってよせばいいのについついバックミラーとか見ちゃうんだよな・・・。
んで、案の定後悔した・・・。

なんか居る、知らない人が居る。

いや、ある意味顔見知り(?)だけど、思わず何度もミラー見てしまった。
んでミラー見た回数だけ後悔した。

怖すぎて車止めるのもできないし、とりあえず、ちゃんと供養しましたとか言ってたクソ坊主は、後で100ペン泣かすと硬く心に誓って猛ダッシュ。

車取りに行くときは兄貴起こして付いてきてもらった。
まぁ。
その後特にこれといった事件はないんだけど、何で憑かれたのかって疑問と供養しましたって嘘ついたクソ坊主への恨みはいまだ残ってる。

能力ないくせ供養したとか言ってるんじゃねーよ!

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+