【怨念・呪術話】信仰が強すぎる家系【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

俺が24才の頃の話。
俺の実家はちょっとした関係で、ボンサン(お坊様)の知り合いが多い。
出張途中のボンサンがウチに挨拶に立ち寄り、ウチは食事や酒、寝床を提供したりしてた。
ボンサンの多くはよく酒を飲み、話が上手で楽しく、声も渋くて耳に心地よい。
ウチでは母さんが一番信心深く、ボンサン達の来訪を歓迎していた。
俺もボンサンと飲む機会は多かった。

さて、俺の姉は昔から、純粋というか、感受性と思い込みの強い人だった。
その頃姉ちゃんは、お経に凝っていた。
自室で夜な夜なゴニョゴニョと詠んでいる。

何でお経詠んでんの?と聞いた。

姉「だって可哀想だから」

俺「何が」

姉「先月、猫の死骸を見たから。気持ち悪くて触れなかったから、ごめんって謝ってんの」

1ヶ月もかいっ。
呆れたが、放っておいた。
姉ちゃんの場合、趣味とか遊びではなく本気だ。
だから止めても続けるのは知っている。

家族皆で放っておいたら、翌月もやっている。
聞けば、可哀想の対象が増えていた。
ニャンニャンワンワン・・・。
そのうち、父さんも寝室でゴソゴソ始めた。
般若心経だそうな。

多感な父さんは本やらCDやら買い揃え、姉ちゃんよりマメに詠む日々。
でも、ウチは前からお経慣れしてるので、あまり気にならなかった。
お経を詠むのは良いことだ、と母さんスルー。
俺も、多少うるさいな、と思うだけでスルー。

そんなある夜、母さんに電話があった。

「あらー!お久しぶりです!」

和やかな挨拶の後、しばらく真剣に話し込んでいる。
と、母さんが姉ちゃんに電話を渡した。

姉ちゃんは少し話して子機に転送、自室に引っ込んだ。
浮かない顔の母さん。
どしたの?と聞く。

母「あんたも知ってるでしょ、ボンサンのAさん」

俺「あぁ、何度か飲んだ、優しそうな人。電話、Aさん?」

母「うん。それがね・・・」

聞けば、Aさんの用件は、Aさんの奥さんが至急、姉ちゃんと話したい、という。
えっ、と思った。

Aさん曰く、「僧の身でありながら未熟者にて恥ずかしい限りだが、私は家内を信頼しております。また家内をよく知る○○さん(ウチ)のご家族に健やかであってほしいと思う。悩んだが、家内の話を聞くだけ聞いて頂けないか。」と。

はっきり言って話が全然見えてこない・・・。

実はAさんの奥さんはかなり霊感が強い。
地方のボンサン数人、つまり身内で飲むと、たまにその話題が出る。
だがそれは暗黙の了解で、内緒の話。
Aさんも自ら言いふらすことはしない。
そりゃそうだ、ボンサンでも何でもないただの専業主婦が、霊を見る、聞く、あまつさえ鎮めることができ、極々たまに、やむを得ずそっち方面の相談を受けたりなど・・・なんてことは、世間的に僧たる夫の徳や業をけし粒にする可能性がある。
Aさんや奥さんの鎮魂は、やってることは同じだが社会はそう見ない。
だから奥さんは極力何もせず何も言わず、専業主婦に徹している。

その奥さんが突然、姉ちゃんに話があるという。

「ちょっと様子を聞くだけですから」と付け加えたAさんだが、母さんは既に深刻。

姉ちゃんは30分くらい話しただろうか。

居間に降りてくると、「お経やめなさいって」

あっけらかんと言って子機を母さんに渡した。
事情を聞くと・・・。

姉ちゃんのお経は既に幾つかの善くないものを集めており、まだまだ増えるという。

姉「それはダメなことなんですか?」

奥さん「いけません」

姉「では、どうすれば良いのですか?」

奥さん「お経をやめて、さようならって思うと良いですよ。姉子さんの優しい気持ちは、皆にもう十分伝わってるの」

姉「はい・・・」

奥さん「だから、今度は元気よくお別れしてあげるといいですよ。今、ちょっとやってみる?」で、しばらく2人でさようなら、元気でね、と口に出してお祈りしたそうな。

姉「もうお経やめるー」

良くも悪くも素直な姉ちゃん。

俺「えーと、その、集まっちゃったやつは?どうなるの?」

姉「電話してる間にみんな居なくなったって」

すげーなおい。
電話で除霊かい。
つかその前の霊視すげーな、距離関係なしでこっちの状況わかるんか。
つか俺の隣の部屋にそんなのワサワサ居たんかい。

お礼を言って電話を終えた母さんが、姉ちゃんに、良かったね、気を付けようね、Aさん夫婦に感謝しようね、と。

だが母さんちょっとションボリ。
信心深いだけに、お経もいろいろ、思うところもあろう。

俺「まぁ、何事もなくてよかったじゃない」

母「姉子はいいのよ」

俺「・・・・・・ぁ」

もう1人居るじゃん、般若心経!

俺「父さんは!?つか今2階でしょ、やってるよ今っ」

母「それは・・・、いいんだって」

電話を終える前、母さんが父さんについて聞くと、奥さんは言葉を濁しに濁したが、要するに。

父さんのお経は信心が極めて弱く(つまり無い)、善いも悪いも何も呼んでない。
だから放っておいてよし。

・・・父さん・・・。
でも奥さん曰く、それでも良いらしい。
信仰の自由。

父さんはしばらくしたら、お経をやめた。

父「姉子みたいになったら大変だからなぁw」

いやいや、あんた飽きただけでしょう、というのが3人の共通見解。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+