【怨念・呪術話】2度流産してる原因【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私は以前、不幸なことに2度流産しています。
初期でお医者様に「この子はそういう運命の子だった」と説明されましたが、2度も続くと流石に精神的に辛くなってしまい、鬱になってしまいました。
現在も通院中です。

不眠の症状が強くあり、睡眠薬を処方して頂いていますが、入眠に苦労することもしばしばです。
昨夜は2時半頃でしょうか、うまく入眠することができ、一時間ほど眠りました。
お気に入りのぬいぐるみを抱え、隣では主人が読書をしていました。

一時間ほどした頃だと思います。
夢の中で私は主人に抱きついて寝ていました。
そうしているとダブルベッドの足元のほうから誰かがベッドに入ってきました。
そして、私を挟んで主人の後ろに横になりました。

その時は何も危険を感じませんでしたので「久しぶりにきちゃったなー」ぐらいに軽く考えていました。
するとその人物はいきなり、私が主人の背中に回していた両手の手首をガッと掴みました。
凄い力で振りほどけません。
主人の肩越しに顔が見えました。
女です。

真っ白い顔、取り乱した長い黒髪、憎しみをはらんだ目。
一気に恐怖が襲いました。

「これはヤバイ」と判断した私は本気ではがしにかかります。(ちょっとコツがあって振りほどいて弾く事ぐらいならできます)
その時、間違いなくこういったのです。

「お前がまた妊娠したら子供を殺す」と・・・。

私はここで押されたら本当にまた妊娠しても子供が殺されると直感し、「そんなことをしたら、私はどんなことをしてもお前を殺してやる!!!」と訴えました。

するとそいつは、小虫の群れが散らばるように消えていきました。

そして、私は朦朧(もうろう)として目覚め、薬と恐怖と疲労で回らない口で、隣にいた主人に塩と水を準備させ、塩を一口舐め枕元に置きました。
これはやはり霊感体質の母に教わった方法です。

そして、何故、生霊だと感じたかというと、勘です。
たぶん、元カレの今の彼女でしょう。

そういうビジョンが腕をつかまれていた時、脳内に入り込んできていたので。
死霊なら「殺してやる」で引き下がるわけはないですし。

ただ怖いのは、生霊である以上、相手が生きている限りまた来る可能性があるということ。
その後、一睡も出来ず今に至ります。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+