【怨念・呪術話】これこそ呪い【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

最近知り合いになったおっちゃん(山田さん)の話。
聞いてて嘘ちゃうかと思うけど実話て言い張る。

山田さんが中学2年の時転校生、松田君が神戸あたりから来た。
松田は見た目も柔和で人当たりもよく結構お金があったらしく博学で最初の内は人気があった。
山田さんもすぐに仲良くなって、色々話を聞いた。

彼は喘息(ぜんそく)持ちで小4の妹さんがいてその子が軽い精神的障害を持ってるとか。
またココに来たのは喘息の養生と両親の不仲でお婆さんの地元であるココに3人で暮らしてるとか。
中二にしてはえらい辛い事経験してるのに表に出さず笑顔で居られるのが凄いと思ったらしい。

そんな中クラスメイトに不良、吉原が居て、そいつが松田を虐める様になった。
理由は吉原の彼女が松田に話かけたけど、無視されたから吉原にけしかけたらしい。
山田さんは現場を見つけると止めに入ってた。

山田さんは柔道が得意で当時では大柄で、吉原も一目置いてたから山田さんが来ると一応は止めてた。
しかし蔭では陰湿な事をしていた。

主に虐めてたのは吉原と彼女、それと金魚のフンのようなに吉原に付いて回る中村。
吉原の親は県会議員で彼女の母親は教育関係のえらいさん、中村の親は地元では有名な建設業者。
山田さんが言うにはこいつら三者には文句言えなかったらしい。

先生も知らないか、知ってても親が怖いから何も言えなかったとか。
松田は毎日、虐められても何にも云わずお婆さんに心配かけまいとちゃんと登校してたみたいだ。
山田さんが先生にちくって問題にしようとしても無駄だった。

それである時何されても悲しい顔を見せなかった松田が烈火の如く怒ったらしい。
それは中村が妹さんに悪戯を仕掛けた事だった。
妹さんは外傷もなく無事だったが「僕になんかするのはいいが、関係ない妹に」とか大泣きしながら中村に掛かって行った。

中村はビビりながらも吉原の援護もらいながら跳ね返してた。
松田は逆に返り討ちあい、ボロボロになりながら帰った。

山田さんが慰めると、「あいつ等、あいつ等。。」と凄い形相で崩れ泣いてた。

それ以来虐めが酷くなり、松田も笑顔が消えてしまった。
山田さんは出来る限り相談乗ったりかばったけど、松田は岩みたいな感じになった。

そしてある日限界が来た。
松田が自殺をした・・・。

学校のトイレの個室で喉をナイフで掻き切って死んでしまった。
遺書もなく突発的だった。

山田さんは不在で後から聞いたところによると、突然吉原に向かってナイフを振り回して其のまま消えたと思ったら、トイレで死体で見つかったとの事。

事件性はなく、家庭の事情、進学問題病状とかが問題で自殺したと結論に・・・。
他の連中が「ありえん、虐めだろう」と言っても取り上げられなかったそうだ。

それから数日後、吉原に切りつけた現場を見たていた奴から事実を聞いた。
すると、吉原がまた妹さんにちょっかい掛けて愚弄したらしい。
たまらず松田が吉原に飛びかかりナイフ(肥後ノ守とかいう奴)で切ろうとしたが逆に取られて追い詰められた。

現場に居た奴はそこまでしか知らなかったらしい。

自殺じゃないと判ったが証拠もないし、奴らには逆らえない。
悔しいけどそこまでだった。

中学卒業前、金魚のフンの中村が事故で死んだ。
バイクの無免で山道でこけたらしい。
噂ではその前から中村はおかしくなってたらしい。

中村の連れによると笑ってるとか「吉原が悪い、俺じゃない」とか独り言が多かったとか。
よく話聞くと、中村が松田の最後の事言い始めたそうだ。
松田をトイレに追い込んでナイフを突き付けて吉原が「殺したろか?その方が楽やろ」、とかやって腹を蹴って笑ってたらしい。
泣く松田にナイフをほって吉原の彼女が、「死ねば?」とか笑って云った。
松田がナイフを取って立ち上がり自分の喉に突き立てて吉原たちに笑いかけたらしい。
大きい嗤い声を立てて壮絶な笑顔で。

そして中村の死に方も異常だった。

ゆるい下りのカーブで考えられないスピードでこけた。
ガードレールにぶち当たって見事に首が飛んだらしい。
検証で立ち会ってた第一発見者のツレの話によるとフルフェイスのバイザーから覗いた首は笑い顔だったとか。

そんな事があって吉原と彼女はあからさまに怯える様になった。
彼女は結構有名な私立女子高校に行ったがそこでいじめに遭ってるらしい。
自業自得だと山田さんは思った。

でも経緯を同じ学校に行ってる知り合いから聞くと、ゾッとしたそうだ。
授業中突然笑いだしたらしい。
クラス中が??ってなってる所に急にシャーペンで喉を突きそうになったとか・・・。

不思議ちゃん?とか思われるようになり、周りから浮き始め気味悪がられたそうだ。
ノイローゼでしょうとなって1年の夏休み明けから地元に帰ってきて入院してしまった。
吉原の方は相当参ってるみたいだが何とも無かった。

それから半年経ってまず中村の会社が倒産、彼女の母親が面倒疲れから精神いわしてしまって離婚、蒸発。
父親も見放すというか金だけ入れて居なくなった。

吉原の家は親父の不祥事、母親の離婚でガタガタ。
吉原も高校に出てこなくなり、噂によるとやくざと付き合うようになり、薬やってるとか。
山田さんは絶対松田の祟りだと思ったらしい。

吉原の兄が東京の方に就職してるがその兄の会社がつぶれ一家心中したとか、親父が身内に裏切られたらしく、次の選挙受からないと判り支持者が1人もいなくなった。

結構大きかった家がまるでボロ屋のように寂れて、吉原も目に見えてやつれ、すさんでいった。
そのうち彼女が病院から抜け出して行方不明と町で話題になった。

一応捜索はしたが見つからずじまい。
と、同時に吉原の姿も見なくなった。
ま、あいつはやくざの所行ったんだろうと話に。

しかし山田さんは違う、絶対この2つは関係してると思ってた。
それからボロ屋になった吉原の家に行ったそうだ。
すると家の奥に人の気配が。
恐る恐る覗きに行くと、吉原と彼女が笑いながら尖った木の欠片を持って喉を突き合おうとしてる姿があった。

「待てアホか止めい」って飛びかかろうとしたが足が動かなくなった。
高い嗤い声と異様な笑顔の二人が突き合った。
山田さんは喚こうとしたが声も出ずそのまま気を失った。

暫くして寒くなって気がついた。
急いで周りを見ると、黒い乾いた血がついてる木の欠片2個あっただけで二人の死体がなかった。
何?夢?幻?頭が混乱して時計を見ると30分ほどしかたってない。
怖くなって外に出て家に急いで帰った。

帰る途中、もしかしてこの一連の事は松田の仕業?呪いなのか?って考えながら歩いてると、首の後ろ辺りで「そうだよ。」と聞こえたらしい。

その後死体も見つからなかったし、二人とも失踪って事で終わったらしい。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+