【怨念・呪術話】誰も信じるはずが無い【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

友人(A)が変死した。

Aは就職浪人中でコンビニでバイトしていたが深夜仕事中にそのコンビニの駐車場脇(周りから死角になっている)で死亡した
原因は心臓発作だったが、生前に心臓の病気も一切無かったため解剖したらしい。
その結果、殴られた等の外傷は一切無く脳に障害も無く死に至るような薬物等も検出されなかった。
過労や急激な温度変化も疑われたがそういう状況でもなかった、また自殺する理由も無い。
だけど俺は、俺だけはAが死亡した原因を知っている。

Aが死亡していた駐車場脇では半月ほど前の深夜に17歳の女子高生(B)が数人の少年にレイプされる事件があった。(Bと犯行グループの少年達は高校は別だが顔見知りだったらしい)
Bが暴行されている時にそのコンビニでレジを売っていたのがAだった。

AはBの悲鳴を聞いて駐車場に出たが「友達が酔っ払って悪酔いしちゃったんで介抱してるんです」という少年達の言い訳を信じてそのまま放置した。
事務所で休憩していたもう1人のバイトにも何も言わなかった。

Bは暴行された後警察に全てを話したらしく、Aは警察やB本人からその時の状況をしつこく聞かれ特にBには激しく罵られた。

Bは暴行を受ける直前にAのバイトしていたコンビニに逃げ込もうとしたが、中へ入る直前に少年達に引きずり戻され腹を数発殴られ声を出せない状況だったそうだ。

しかしAにしてみれば過去にBと少年達が一緒にいるところを数回見ていたので少年達の言い訳を鵜呑みにしても止むを得なかった。
Bはこの暴行を苦にして数日後に自殺してしまった。

俺はAが変死する数時間前(深夜1時頃)、そのコンビニでバイト中のAと携帯で会話していた。

A「今さ、店の入り口のドア越しに女が居るんだけど様子がおかしいんだよ」

俺「痴呆症の老人とかじゃないの?」

A「それがさ・・・Bにそっくりなんだよ」

俺「おいおいBは死んだんだぞ!」

A「それがおかしいんだよ、Bの声が直ぐ耳元で聞こえるんだ」

俺「ちょっと待てって、じゃあ幽霊が来たっていうのか?ノイローゼだよ、幻聴だよ」

A「それとさ、その女ドアの直ぐ近くに立ってるのにドアが開かないんだ、あそこに立ったらドアが開くはずなのに」

俺「ふうー、幻聴に幻覚かよ?この前のBの事件でノイローゼになってるんだよ、明日病院行ったほうが良いぞ」

A「幻覚でも幻聴でも無いって、もう1人のバイトが遅刻してて今俺1人なんだよ、飯奢るから今からここに来てくれないか?」

俺「今夜中の1時だぜ、勘弁してくれよ」

A「あっまたBの声が聞こえてきた、『何で助けてくれなかったの』って言ってる、絶対幻聴じゃない」

俺「じゃあ思い切ってドアの外に出て見てみろよ、絶対誰も居ないから」

A「判った、外出るから電話切らないくれ」

そして店の自動ドアの開く音とチャイムが鳴りその数秒後。

A「許してくれ、あの時は君が酔って暴れてたと思い込まされたんだよ、本当に・・・」

ここでAの声が途切れたが携帯は通話中のままだった。
俺はさすがに心配になってバイクでAのコンビニに向かったが俺が着いた時にはAは既に駐車場脇で死亡していた。

警察にはAとの会話の内容は世間話だったと誤魔化した。
もし真実を話しても誰も信じるはずが無いから。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+