【心霊・幽霊話】ドラム缶の中で死ぬ【#恐怖体験】【#怖い話】【#夏のホラー冬のホラー】

私は46歳のの男性です。
菓子工場で副工場長をしております。
これは私が体験した心霊体験です。

仕事柄、朝の5時には出社するので朝4時には起きます。
起きてまず、すぐにタバコを吸うんですが、家の中では禁煙なので外(にわ)に出て吸います。
吸っていると、新聞を配りに来る新聞配達の男性によく出くわします。

よくよく見ると若いので「中学生・・・か?」と尋ねると、「いいえ、高校生です。おハよーごザいマす!!!」と朝っぱらからすがすがしい挨拶をします!

実はここだけの話なんですけど、私も高校生時分新聞配達(朝刊)をしていたんです。
給料は25000円(今だと40000くらいかな)、うち7000円が学費、5000円家に入れ、あとは小遣い。
ですから、彼にはすごく好感が持てたんです。

仕事の関係上、余ったお菓子を黙って持って帰る癖があるので、それを少しだけその高校生に与えてあげてました。
その都度オウム返しのように「アリガトーゴザイマス!!!」といなせな返事をしていました。

ところが、クリスマスの日の事です。
いつものように外(にわ)でタバコを吸ってると新聞配達の高校生がやって来ました。
しかし、いつもと様子が違います。

ブスーッとした顔で挨拶もせず、乱暴に私の前に新聞を差し出すと、私が取るか取らないかという間に行ってしまいました。
私も初めは「なんだ、あの態度は。いつもお菓子あげてるのに」とムカつきましたが、そのうち、「ああ、クリスマスだというのに彼女にでも振られたから機嫌が悪いのかな」と勝手に納得してしまったんです。

それで家に入って新聞を読むと1面見出しに大きく「高校生惨殺」と言う言葉が載ってます。
「ふ~ん」と飛ばして、いつも見ているテレビ欄、スポーツ欄、おくやみ欄を見て仕事に行く準備を始めました。
そして時間になり出かけようとゲート(門)をくぐると変なデブ親父が「おはようございます」と新聞を差し出してきました。

「なんだ、あんた?うちはOO新聞しか取ってないんだぞ」と言うと「あ、はい、OO新聞ですが・・・」と言うんです。

「いや、もう配ってもらったけど」

「え?きょう担当の子は休んでいて、そんなはずはないんですが・・・」

「???」

しょうがないから、その親父が差し出す新聞受け取りました・・・。
確かにOO新聞でした。

新聞は折ってあるんですが1面見出しは見ることが出来ます。
政治のことでした。
さっきのと違う・・・。
考えてみれば、見出しに「高校生惨殺」なんて、まず載るはずがありません。

不安になり、さっきキッチンのテーブルに置いていた新聞を見に戻ったんですがありません。
すでに起きていた妻に聞くと「そんなのなかった」と言います。
「あり~?」とか思いながらも、遅刻しそうになったので大慌てで出かけました。
そして仕事に夢中になるうちに朝の出来事なんか忘れてしまいました。

そして次の日です。
外(ガーデン)でタバコ吸ってると高校生が来ました。
そして、また挨拶なしのブスーュとした顔で乱暴に私に新聞を差し出してきました。

「ぁんだ~こら~その態度は~もうお菓子やらんぞ~」と脅しをかけたんですが高校生は行ってしまいました。

チッ!とか思って新聞を見ると、また「高校生惨殺」の見出しが!?

「なんで・・・!!?」

昨日は飛ばして読んだんですが、今日は見ることにしました。
こんな事が書いてありました。

新聞配達途中の高校生が遺体で発見。

死後約一週間経過全身に十六ケ所の刺し傷。
右手小指左手中指を損傷いずれも生活反応あり。
表皮剥脱皮下出血多数生活反応あり。
直接の死因は数回に渡る頭部への打撲脳髄は三分の二を損失。
顔は原形をとどめず歯形より本人と確認。
遺体はXX県OO町の林道脇で発見。

「え!?」

OO町っていえばうちの近所じゃないか・・・。
しかもすぐ近くには林道があるし。

そういえば普段はうちに入れると角曲がっていくのに、昨日今日はまっすぐ行ったぞ!
その先には林道が!
もしや・・・。

時間になったので出かけようとすると、昨日のデブ親父がうちの家のポストに新聞を入れようとしています。

「今日も休みなの?」

「ええ・・・」

そしてぼやくように「無断欠勤、家にも帰ってないそうですよ」

さっきの新聞のこともあるし冗談めいて「どっかで死んでんじゃないの?」って言うと「ハハッ」と愛想笑いして行ってしまいました。

そして次の日、また来ました。
挨拶なしのブスーュ態度で・・・。
私は言いました。

「きみは死んでるんじゃないのか?」

しかし、私のそんな言葉を無視してまっすぐ林道へ行く道に行ってしまいました
見出しもまた「高校生惨殺」です。
記事も昨日と一緒。
もしかして本当に死んでいて私に発見されたいのかな?と思い、その日はズル休みして林道に行く事にしました。
年末で忙しいっていうのに。

工場に電話して、もう一回寝て、昼ごろ林道に行きました。
脇の茂みの中をくまなく探したんですが、結局見つかりませんでした。

そして次の日、寝坊してしまい着替えると顔も洗わずに出社しようとするとデブ親父がいます。そして「死んでましたよ。自宅の裏のドラム缶の中で。凍死だそうです。検死の結果イブの日だそうです。しかしなぜ死んでるってわかったんですか?ご主人、もしかして預言者かなんか?」

しかし、私はその日は寝坊してしまい、そんな話聞く暇なかったんで無視して行きました。

これが私が体験した心霊体験です。
なぜこのような事が起こるんでしょうか?

後日談も言いますと、高校生の家がうちの近所だという事がわかったんで勝手な事ではありますが、私が持って帰ってきたお菓子とその高校生は狐みたいな目をしていたので(俗に言うつり目)油揚げを買って(実費、おつとめ品ですけど)高校生の家の裏に投げ入れました。
もちろん嫌がらせではなく供養のためにです。

■関連サイト
夏のホラー、冬のホラー | オカルトまとめサイト
http://horror.3ml.tv

YouTube
【閲覧注意】恐怖/心霊/オカルト まとめサイト | 夏のホラー、冬のホラー

Twitter
https://twitter.com/horror_3mltv

Google+
夏のホラー、冬のホラー | Google+